日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > オールナイトニッポンに懸念点

オールナイトニッポンが新ブランド! フワちゃん、ぺこぱらを起用するも、ニッポン放送の「使い捨て」に懸念

文=日刊サイゾー

オールナイトニッポンが新ブランド! フワちゃん、ぺこぱらを起用するも、ニッポン放送の「使い捨て」に懸念の画像1
公式ツイッター:フワちゃんのオールナイトニッポンX(@radionofuwachan

 ニッポン放送は、4月からの深夜番組『オールナイトニッポン』の新ラインナップを発表した。金曜日は1部の三四郎が金曜2部に降格、同じ金曜2部『オールナイトニッポン0(ZERO)』の霜降り明星が1部に昇格。木曜日の2部だった水溜りボンドは、土曜日の月イチレギュラーとなり、木曜2部にはマヂカルラブリーが新レギュラーとして加わる。

 さらに、月曜~金曜深夜0時には『オールナイトニッポンX(クロス)』という新ブランドがスタート。月曜はK-POPアイドルのENHYPEN、火曜はYOASOBI、水曜はフワちゃん、木曜はぺこぱ、金曜は週替りで担当する。

「マヂカルラブリーについては、過去に単発で『オールナイトニッポン0(ZERO)』を担当していますが、そのときの評判がすこぶる良く、レギュラー就任を期待する声も多かった。かつて、マヂカルラブリーの2人と“地下ライブ”でよく共演していたアルコ&ピースも『オールナイトニッポン』でレギュラーを務め“ラジオスター”と称されたこともありましたが、マヂカルラブリーもスターになるかもしれません」(お笑い関係者)

 一方『オールナイトニッポンX』には、いまをときめく旬なメンバーが出揃っている。しかし、不安材料も少なくないようだ。

「人気のあるメンツなので、“数字”の面では期待できると思います。でも、ニッポン放送というと、人気者を無駄遣いする傾向があるのも事実。たとえば、四千頭身などは2018年から2019年にかけて1年間『オールナイトニッポン0(ZERO)』のレギュラーを務めていたんですが、なぜか長続きしなかった。彼らの人気や将来性を考えれば、ずっと続いていてもおかしくないのにです。

 また、現在バラエティ番組でブレイク中のニューヨークも2016年から2017年の1年間、『0(ZERO)』のレギュラーを務めています。しかし、あまりにもあっさりとした番組終了で、正直もったいなさすぎる。ニッポン放送は、後に彼らがブレイクすることを見抜けていなかったとしか思えません」(同)

 ニューヨークは『オールナイトニッポン0(ZERO)』終了後、2019年1月にYouTubeチャンネルを立ち上げ、そこで『ニューヨークのニューラジオ』というラジオ形式の番組をスタートさせた。この番組は業界内視聴率が高く、現在のブレイクにつながったとも言われている。

「ニューヨークのYouTubeの構成をしているのは『オールナイトニッポン0(ZERO)』時代のスタッフです。ニッポン放送は完全においしいコンテツを手放してしまったという形。このあたりの“感度の低さ”はニッポン放送の悪しき伝統となっていますね。『オールナイトニッポンX』もそうならなければいいのですが……」(同)

 せっかく人気者を揃えた『オールナイトニッポンX』なのだから、彼らを使い捨てにするような展開がないことを願うばかりだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/23 09:00

オールナイトニッポンが新ブランド! フワちゃん、ぺこぱらを起用するも、ニッポン放送の「使い捨て」に懸念のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

押井守“原案”の映画『ビューティフルドリーマー』 公開!

 押井守監督らが参加する映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第1...
写真