日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ニューヨーク屋敷の“DM被害”

『キングオブコント』でニューヨーク屋敷も被害に? SNSのDMで繰り広げられる、表に出ない“誹謗中傷”騒動

文=手山足実(てやま・あしみ)

『キングオブコント』でニューヨーク屋敷も被害に? SNSのDMで繰り広げられる、表に出ない誹謗中傷騒動の画像1
ニューヨーク屋敷Instagram(@nyyashiki)より

 10月2日に放送された『キングオブコント2021』(TBS系)で、決勝進出10組中10位という悔しい結果となってしまったお笑いコンビ・ニューヨーク。10月10日に公式YouTubeチャンネルで配信された『ニューヨークのニューラジオ』では、ツッコミ担当の屋敷裕政が審査員の松本人志に噛み付いたことに対して、ネットユーザーから苦情が入ったことを明かした。

 トップバッターの蛙亭から高得点が続いた今年のキングオブコントで、松本はニューヨークのネタ前に「もうウケんなと思ってしまう」と審査の難しさを吐露。その後、点数が振るわなかったニューヨークの屋敷は、松本に対して「松本さんが『みんな笑うな』と言ったからや」「あれは不正行為です」と噛み付いた。それに松本が「漫才でもできるネタだった」と評すると、「あのネタをM-1でやったら点数入れてくれのか」と、さらに吠えたのだ。

 屋敷は『ニューラジオ』で、キングオブコント後に200~300件ものDMがきたと報告。そのなかで4件ほど「お前の態度は、なんだあれは?」と怒りの内容のものがあったという。

 さらに屋敷は、その怒りDMの送り主が「2児の母ですとか、子供とバリバリバーベキューしてる写真めっちゃ上げてるお父さんとか」だったことを明かした。これまでは、「非リア充すぎる」ネットユーザーが、「芸能人とかコイツら浮気しやがって腹立つな。悪口書いてやれ」とネットで誹謗中傷をしているイメージだったという屋敷だが、実際には“リア充”なネットユーザーからの怒りのDMがあったことを受けて、一種の“正義感”から批判的な意見が送られていたことを実感したという。

 有名人が炎上する場合、SNSやYahoo!ニュースのコメント欄に匿名のネットユーザーから誹謗中傷が投稿されることが多いのは事実。しかし最近は、屋敷が体験したように、インスタグラムなどのDMに直接批判的な意見が寄せられるケースも多いという。大手ニュースサイトに関わるメディア関係者はこう話す。

「ネット炎上が社会問題化しているということもあり、『炎上はよくない』という考えが定着しつつあります。その一方で、それこそ“正義感”から生まれた怒りをDMなどで有名人に直接ぶつける事案も増えているんです。批判的な意見を送るネットユーザーとしては、DMなので表に出る意見ではないし、自分のメインアカウントを使ってある程度は身元も明かしているということで、『これは誹謗中傷ではない、正当な意見だ』という感覚が強い。その結果、誹謗中傷とほとんど変わらないような悪辣な意見が、有名人に送られることも少なくないのです」

 2020年4月には、東野幸治がYouTubeのラジオ番組『東野幸治の幻ラジオ』で、インスタグラムでDMを送ってきた、あるクレーマーとのやり取りを明かしたこともある。

「屋敷さんも東野さんも、芸人だったということもあり、自分で“ネタ”にすることができたわけですが、声優や女性アイドルの場合、批判的なDMを“ネタ”にすることはなかなか難しい。そういったDMで病んでしまうアイドルも少なくないんですよね。たとえば今年9月には、ハロー!プロジェクトのつばきファクトリーのメンバーに対して、一部のファンから心ないDMが届いているということで、事務所サイドが配慮をお願いするという事態もありました」(同)

 しかし、そういう批判的なDMを抑えるのは、簡単なことではないという。とあるアイドルグループ関係者はこう話す。

「意見を送っているファンの人は、純粋な“正義感”や“優しさ”から行動していることが多く、『送るな』といってもなかなか理解してもらえない。それこそ『メンバーのための意見だ』『アドバイスだ』という感覚があるようで、応援コメントも批判コメントも同等に考えているんですよね。あと、特典会やライブ会場など、アイドルと直接顔を合わせる場面では本当に紳士的なのに、DMでいきなり高圧的な意見を送ってくるという人もいます。ネット上であれば、厳しい意見を言ってもいいと思っているのかもしれないですね」

 また、DMで厳しい意見を送ってくるファンは、圧倒的に中高年が多いとも言われている。

「ネットリテラシーの問題なのかもしれません。幼い頃からネットやSNSが身近にあった若い世代は、現実とネットが地続きになっていて、そこをあまり区別しないで行動できる傾向にあります。だから、現実世界で面と向かって言えないような内容をDMで送ることには当然、抵抗感がある。一方、大人になってからSNSに触れるようになった中高年の一部には、現実とネットを区別していて、『現実ではNGな行為も、ネットではOK』という偏った考えをしている人も多い。そういった人々に理解してもらうのは、本当に大変なことでしょう」(前出・メディア関係者)

 見えないところでも起きている有名人の炎上騒動。この問題を解決するには、若い世代ではなくむしろ中高年のネットリテラシー教育こそが必要なのかもしれない。

手山足実(てやま・あしみ)

手山足実(てやま・あしみ)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2021/10/13 21:00

『キングオブコント』でニューヨーク屋敷も被害に? SNSのDMで繰り広げられる、表に出ない“誹謗中傷”騒動のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真