日刊サイゾー トップ > インタビュー  > マユリカとうとうブレイクの気配!

マユリカとうとうブレイクの気配! 怠惰で不運な幼馴染コンビのぼんやりした“目標”

「お金がない」「単価が低い」M-1準決勝進出ではまだ足りない

マユリカとうとうブレイクの気配! 怠惰で不運な幼馴染コンビのぼんやりした目標の画像4
写真/持田薫

――風が吹いている一方、「お金がない」という話をよくしていますよね。

阪本 これはぜひ書いていただきたい。
中谷 僕ら、劇場入りたての後輩とギャラそんなに変わらないですから。
阪本 ワンステージが✕円なんです。

――おお。そんなもんなんですね。
中谷 単価が低いので、めっちゃ働いてなんとかしないといけないんですよ。
阪本 だからいろんなところを走り回ってます。

――『M-1』準決勝に残ったら、芸人の格は上がりますよね? ギャラに反映しないんですか?
阪本 関西の賞レースで優勝すると問答無用で上がるんですけど、『M-1』準決勝だと、プラスアルファで何かが要るみたいな話ですね。たとえば、単独でNGKを満員にしました、みたいな。
中谷 柔道でいったら『M-1』決勝は一本。準決勝は有効ぐらいです。
阪本 有効なんていう難易度じゃないんですけどね……。

――でも写真集はお金になったのでは?
阪本 あれはラジオの制作費に充てる予定だったんで、ギャラ安いのは仕方ないです。
中谷 もともともらえるとは思ってませんでしたから。
阪本 でも、若い女の子だったら泣いているぐらいの金額でしたよ。「ビキニになってこの値段?」って(笑)。

先輩芸人から「才能だけのコンビ」と称される所以

――ニッポンの社長・辻さんが、雑誌の連載コラムでマユリカさんについて「才能だけのコンビ」「こいつらが努力したらきっと天下取っちゃう」と書いてたんです。つまり、努力しないコンビなんですか?
阪本 自発的に動くのは両方ヘタかもしれないです。呼んでもらってばっかりで。
中谷 みんなよりも単独の頻度が少なかったり、主催のライブをあまり打ってないところはありますね。

――YouTubeもやってませんね。
阪本 それもずっと「やろうな」と言ってて、何もしてないです。
中谷 自粛中に編集ソフトを4万円ぐらい出して買ったんですよ。でも、2クリックぐらいしかしてません。
阪本 両方なまくらで、腰重いんですよ。
中谷 基本的に2人ともしんどい思いは避けたいタイプの人間ではあるので。だらしないですねえ。
阪本 ただ、僕は冗談半分で「森ノ宮(よしもと漫才劇場)行くの面倒くさい」と言うんですよ。でも、こいつは表に出さず心底思ってますから。
中谷 ちゃうちゃう、そんなことない! こいつもほんまに嫌がってますよ。ありがたいことに一日稼働して、最後に大汗かきながら超若手をさばく仕事があったんです。「おつかれさまでしたー!」とスタッフに挨拶してエレベーター閉まった瞬間、「罰ゲームみたいな仕事ばっかりやな」と吐き捨ててましたから!
阪本 冗談ですそれは。
中谷 「ええ~!? こわいこと言うた~」ってびっくりしました。

――関西のテレビ番組、若手芸人はロケの拘束時間が長いという話も聞きます。
中谷 はい。3日間部屋にカンヅメにされて、できたVが数十分という仕事もありましたね。

――そういう仕事は大丈夫なんですか。
中谷 しんどかったです。スタジオで「しんどかった」と言ったらツイッターで炎上しました。「2度とテレビに出てほしくない」って。
阪本 大変ですよ……。

12345
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed