日刊サイゾー トップ > オダギリジョー

オダギリジョーの記事一覧 (25件)

オダギリジョーが生み出した怪ドラマ『オリバーな犬』が話題沸騰  続編・映画化を求める声が続出するワケ
 オダギリジョーが出演・演出・脚本・編集を手掛けたNHKドラマ『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』が話題沸騰となっている。NHKらしからぬぶっ飛んだ内容でコアな視聴...
「弟の任四郎でもいいから!」令和版『古畑任三郎』報道にファンが“別物”を要求
 名作が汚されなければいいのだが……。  6月10日付の「東スポweb」が、人気ドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)の復活プロジェクトが進行中だと報じた。 「1994年から0...
オダギリジョー、復活『時効警察』主演もあの”視聴率爆死”女優が不安要素に
 あの“汚名”を返上することができるだろうか?  オダギリジョーの主演ドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)が10月から“金曜ナイトドラマ”枠でオンエアされる。  オ...
長谷川博己に完全ブレークの兆し……西島秀俊、オダギリジョーを抜き去り、木村拓哉に並ぶ日
 現在、NHKの朝の連続テレビ小説『まんぷく』で、ヒロイン・安藤サクラの夫役を演じている長谷川博己。今年から来年にかけては、彼を中心に芸能界が回りそうだ。 「朝ドラの撮影が終...
描いた夢はひとつじゃない――納得の結末を迎えたドラマ『チア☆ダン』最終話
(前回までのレビューはこちらから)  今年の夏は、一段と暑い夏だった。梅雨があっという間に終わってしまったり、大きな台風が相次いで上陸したり。“平成最後”という特別感もあ...
自分の気持ちに正直になった時、人は心から笑うことができる――ドラマ『チア☆ダン』第9話
(前回までのレビューはこちらから) 「一人はみんなのために、みんなは一人のために」 昔からよく言われる言葉だ。スポーツやドラマなど、さまざまなシーンで使われているようだが...
人生の岐路に立って少女たちの心は揺れ動く――ドラマ『チア☆ダン』第8話
(前回までのレビューはこちらから)  誰でも子供の頃には、「◯◯ちゃんみたいになりたい」「あんな仕事に就きたい」という夢を見たことだろう。その夢を持ったまま大人になり、実...
恋は禁止されるほどに燃え上がるもの――ドラマ『チア☆ダン』第7話
(前回までのレビューはこちらから)  最近は、アイドルの出演する恋愛映画がブームだ。それも、兄に愛されすぎて困っていたり、女子高生が警察官と恋に落ちたりと、少々トリッキー...
父を思う気持ちと娘を思う気持ち――ドラマ『チア☆ダン』第6話
(前回までのレビューはこちらから)  私は一人っ子で、兄弟はいない。親との関係は、とりたてて良くもなく悪くもなく、いたって普通であったと思う。そのため、反抗期などで親との...
夢を追うために誰かを傷つけてしまうことだってある――ドラマ『チア☆ダン』第5話レビュー
(前回までのレビューはこちらから)  いわゆる青春モノのドラマには、エピソードとして欠かせないイベントがいくつかある。クリスマスやバレンタインデーが定番だが、「文化祭」という...
仲間になったり裏切ったり 女の子の世界は難しい――ドラマ『チア☆ダン』第4話
(前回までのレビューはこちらから)  ブルーハーツの曲を初めて聴いたのは、まだ10代の頃だった。 「ドブネズミみたいに美しくなりたい」  ラジオから流れてきた「リンダ リンダ...
夢は言葉にすることで現実に近づいていく――ドラマ『チア☆ダン』第3話
(前回までのレビューはこちらから)  学生時代は吹奏楽部に入っていた。全国大会へと続くコンクールが夏休みの間にあったが大して強いチームではなかったし、私自身も音楽の才能は全く...
悪役は敵のように見えて、一番の味方になったりする――ドラマ『チア☆ダン』第2話レビュー
(前回までのレビューはこちらから)  テレビドラマに限ったことではないが、人気作の物語には、必ずといっていいほど“悪役”が登場する。  主人公をいじめる上司、ライバルの同僚、...
全ての始まりは「出会う」こと――土屋太鳳主演ドラマ『チア☆ダン』第1話
 アイドルもののドラマや映画には、いくつかのフォーマットがある。幼馴染の男の子との恋、ひょんなことから同居することになった男女のドタバタ劇、目立たなかった女の子が、夢中になる...
“演技派若手女優”黒木華がTBS『重版出来!』で連ドラ初主演! 豪華キャストも“低視聴率”のにおいがプンプン……
ようやくというべきか……。“演技派”として、高い評価を受けている若手女優の黒木華が、4月期のTBS系ドラマ『重版出来!』(火曜午後10時~)で、待望の連ドラ初主演を果たす。 原作...
かつての“低視聴率男”オダギリジョー 深夜ドラマで“惨敗”もマイペースで……
まさに、「ひっそりと」と言うべきか、TBSが10月期より『テッペン!水ドラ!!』(水曜午後11時53分~深夜0時23分)を新設した。 TBSでは視聴率低迷のため、3月いっぱいで月...
AKBぱるるにPerfume、本田翼!? “格”なさすぎ『東京国際映画祭』の薄汚れた裏側……
『第28回東京国際映画祭』が22日開幕し、メイン会場の東京・六本木ヒルズで、オープニングイベントが行われた。 だが、この『東京国際映画祭』に注目している一般人が果たしてどれだけい...
上野樹里&オダギリジョーの演技に賛辞も……『アリスの棘』が突然、視聴率1ケタになったワケ
9日に放送された上野樹里主演ドラマ『アリスの棘』(TBS系)の第5話が、平均視聴率9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、過去最低を記録したことが分かった。「落ち込ん...
働き者“Mr.大コケ”オダギリジョーがさらにペースアップ! 次クールは「金曜をジャックする!?」
役者・オダギリジョーのドラマ出演が、ハイペースだ。 現在、『S-最後の警官-』(TBS系)に国際テロリスト役で出演しているオダギリだが、昨年のNHK大河ドラマ『八重の桜』以降、休...
“個性派な俺”のこだわり
珍しく仕事熱心なオダギリジョーがスタッフを困らせる、奇抜な“オダギリ節”って!?
放送中の向井理と綾野剛主演のドラマ『S-最後の警官-』(TBS系)26日放送分から、オダギリジョーが国際テロリスト役で出演している。
「史上最低視聴率『家族のうた』の呪縛解けず!?」オダギリジョーに、大河ドラマ登場シーン“大幅カット”報道
主演の綾瀬はるかが、“幕末のジャンヌ・ダルク”こと新島八重を凛々しく演じている大河ドラマ『八重の桜』(NHK)。世間の話題は同局の朝ドラ『あまちゃん』に掻っさらわれている印象だが...
テレビ辛口研究所
あの『レガッタ』より低い……『家族のうた』史上最低視聴率ドラマへ一直線!?
4月22日放送の第2話の視聴率が3.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)という驚きの超低視聴率を記録した、オダギリジョー主演のドラマ『家族のうた』(フジテレビ系)。 29...
視聴率3.4%ショック! オダジョー主演の“日9ドラマ”『家族のうた』が5月で終わる!?
4月スタートのオダギリジョー主演のフジテレビ系連ドラ『家族のうた』(日曜・午後9時~)が、大変なことになっている。 同作はオダジョー演じる落ち目のロックミュージシャンが、突然現れ...
オダジョー主演『家族のうた』はなぜコケた? 春ドラマ徹底検証(後編)
4月2日に放送開始した『梅ちゃん先生』(NHK総合)から、4月26日スタートの『Wの悲劇』まで、約30作品が出揃った春の連続ドラマ。 初回レビュー前編で触れた通り、今クールの特徴...
フジテレビ新ドラマ『家族のうた』盗作騒動に主演オダギリジョーもピリピリ
オファー段階で気付かなかったの? これはフジテレビが盗作を認めた形と言っていいだろう。 4月スタートのオダギリジョー主演ドラマ『家族のうた』(フジテレビ、毎週日曜9時)に対し、脚...
ページ上部へ戻る

オダギリジョー記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

マルチ商法の本職からスカウト

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

『満州アヘンスクワッド』インタビュー

関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇(ひがた...…
写真