2016年11月アーカイブ

日刊サイゾーのバックナンバー一覧です。

松本人志が“高みの見物”系バラエティのパイオニアに!? 映像作品『ドキュメンタル』ってなんだ?

ダウンタウンの松本人志が手掛ける映像作品『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』が、30日よりAmazonプライム・ビデオで独占配信されることが2...
続きを読む

土田晃之がJリーグ・横浜F・マリノスを痛烈批判! 超正論なのに、なぜか非難轟々で……

20日に放送されたラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送)でのお笑いタレント・土田晃之(44)の発言に注目が集まっている。かねてからサッカー好きで知られる土田は、横浜F...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

死亡事故を起こす確率は64歳以下の3.75倍! 増え続ける「80歳ドライバー」の恐怖

今週も、トランプについての記事以外に、見るべきものはあまりない。2位以下は順不同である。 現代のカラーグラビアの巻頭に「『肉通』編集者が愛した店」というのがある。先日亡くなった講...
続きを読む

桐谷健太の「ギギギ顔」は素敵だけど……フジテレビ月9『カインとアベル』視聴率上昇の怪現象

今週も隆一(桐谷健太)の「ギギギ顔」が冴えに冴えたフジテレビ月9『カインとアベル』第6話。視聴率は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、前回の7.6%から急伸しまし...
続きを読む

川谷絵音の夢みるアドレセンス楽曲提供に、凛として時雨・ピエール中野も嫌悪感「絶対に嫌だわ」

ベッキーとの不倫騒動や、ほのかりんとの交際騒動で注目を浴びたゲスの極み乙女。の川谷絵音が、5人組アイドルグループ・夢みるアドレセンス(以下、夢アド)の新曲「大人やらせてよ」の作詞...
続きを読む
オワリカラ・タカハシヒョウリの「サイケデリックな偏愛文化探訪記!」

僕らが『この世界の片隅に』を「名作」と呼ぶわけ

公開前日まで映画の存在も知らなかった、原作も読んだことがなかった人間による、ネタバレなしの長文です。 そうです、まず正直に言うと、僕はこの映画の存在を公開前日まで知らなかった。『...
続きを読む

【求人】グラフィックデザイナーを募集中

ただいまサイゾーでは、「月刊サイゾー」を始めとするサイゾー運営の各メディアの制作・保守・更新・デザインなどを担当するグラフィックデザイナーを募集しています。ご興味のある方は、下記...
続きを読む

10年ぶり連ドラ主演の瀬戸朝香、夫・イノッチが「キスシーンを許した」条件とは

女優の瀬戸朝香主演で、1966年に公開された成瀬巳喜男監督の傑作、映画『女の中にいる他人』が現代ドラマとしてリメークされる。「瀬戸さんは2006年に放送された『となりの芝生』(T...
続きを読む

テレビ復帰狙う酒井法子の“マンモス邪魔者”高相祐一「舞台で元妻との馴れ初めをペラペラと……」

2010年に離婚した元夫・高相祐一容疑者の逮捕で、歌手・酒井法子の“地上波テレビ復帰”が、また遠ざかりそうだ。 高相は18日午前、東京渋谷区のマンションの一室で、覚せい剤と似た作...
続きを読む

ゴミ屋敷から8トンのゴミを搬出! 家主はうつ病、高齢の母親は「強迫的溜め込み障害」で……

「このものすごい量のゴミをどのように集めたのか、またこんなゴミ屋敷でどうやって生活してきたのか、不思議で仕方ない――」(作業に参加したメンバー) 16日午前9時、韓国・釜山市東区...
続きを読む

これぞチャイニーズドリーム!? “中国一の資産家”アリババ創業者が、自身と激似の極貧少年に経済支援

11月11日の「独身の日」、中国最大のECサイトを運営するアリババグループは昨年に続き大セールを行い、日本円でなんと1兆9,000億円という売上額を記録した。グループの会長、ジャ...
続きを読む
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

ディナーショーだけはキャンセルできない華原朋美、精神状態は依然不安定だが……

歌手の華原朋美が“急性ストレス反応”と診断され、11月の初めに約1カ月間の休養を発表。現在、12月のディナーショー復帰に向けて治療を続けているが、いまだ精神状態が不安定だという。...
続きを読む

『Chef』大コケで……松嶋菜々子に続いて、天海祐希もフジテレビと絶縁へ!?

木曜夜10時放送のフジテレビ系ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』(フジテレビ系)の低空飛行に、主演の天海祐希までフジテレビと絶縁しそうだ。 ドラマは高すぎるプライドが災いして、銀...
続きを読む

三代目JSBは“想定外”の落選も……混乱の中で決まった「レコ大」各賞をめぐる水面下の駆け引き

12月30日に開催される「第58回日本レコード大賞」(日本作曲家協会主催)の各賞が発表され、大賞候補の10曲の優秀作品賞、最優秀新人賞候補の4組の新人賞が決定した。 レコ大といえ...
続きを読む
【おたぽる】

ノリスケがカツオにお金(300円)を借りて大問題に? 『サザエさん』カツオへの仕打ちに同情が集まる!

『サザエさん』公式サイトより。 11月20日に放送されたTVアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)。今回もネットではツッコミの声が多く上がってしまっていたので、そんな声とともに内容...
続きを読む
【messy】

あなたが持っている“お得ポイント”を国にお知らせするお手紙 「年末調整」の仕組みを平たく解説!

こんにちは。ファイナンシャルおねえさんこと、ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。秋が深まる11月。職場ではそろそろ、あの横長で表だらけの「年末調整」の紙が配...
続きを読む

“砂かけ婆”役の松嶋菜々子が大活躍!? 菅野美穂『砂の塔』ご都合主義展開でも2ケタキープ

菅野美穂主演『砂の塔~知りすぎた隣人~』(TBS系)第6話は、平均視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、前回に続き2度目の2ケタ。第4話まで、タワマン最上階に...
続きを読む

東野幸治も「共演NG」突きつけた福田彩乃、“芸人”なのにバラエティ全滅へ?

「主演の3人が大竹しのぶさん、渡辺えりさん、キムラ緑子さんと、芸能界でもトップクラスの演技派ですからね。しかも大竹さんと渡辺さんは若手に対しても容赦ないですからね。彼女もイジメら...
続きを読む
ホントにうまいのか? 珍級グルメハンター第65回

「おばちゃん、ルゥ忘れてるよ!」って言いそうな黒いお盆と黒い皿に載った見えない『ブラックカレーライス』

日本で“ブラック”というと「ブラック起業」や「ブラックリスト」など、ネガティブなイメージが多い。が、中には「ブラックカード」なんてプレミアムな意味で使われるモノもあり、新しく「ブ...
続きを読む

織田裕二のヘンテコリン芝居がトーンダウンしてきたTBS『IQ246』は、どう楽しむべきなのか

回を追うごとに、織田裕二のヘンテコリン芝居がトーンダウンしてきて残念な日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)。第6話の視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地...
続きを読む

極楽とんぼ・山本圭壱の吉本興業復帰に「軍団山本」号泣! 世間との温度差に漂う“内輪の気持ち悪さ”

2006年7月に淫行騒動を起こしたお笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱が、10年前に契約解除された吉本興業に再び所属することが20日、発表された。 明かされたのは、15年ぶりに行わ...
続きを読む

試験当日に寝坊した受験生が警察にSOS! パトカーが自宅に駆けつけ、試験会場まで送り届ける

日本ではじわじわと受験シーズンが近づいているが、お隣・韓国では11月17日、一足先に大学修学能力試験(日本のセンター試験に相当)が実施され、全国85の地区、1,183の試験会場で...
続きを読む

日本にも徴兵制が……? トランプ次期大統領“米軍撤退”実行後のシナリオとは

沖縄県の翁長雄志知事は、アメリカ大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏について、祝電を送るほど大歓迎の姿勢を見せている。トランプ氏が日本に対して駐留米軍の経費負担増額を求め、応じ...
続きを読む

“別居”認めた秋元優里アナ「やましいことはない」 フジテレビPとの不倫否定も、信用できない理由

フジテレビの秋元優里アナウンサー(33)が、2012年に結婚した同局・生田竜聖アナウンサー(28)との別居報道を一部認めた。 番組冒頭、共演者から報道の真偽を問われた秋元は、「別...
続きを読む

中国地方役人が“賄賂ロンダリング”!? オークションに出品された、総額1,200万円超の高級品に疑惑の目

中国拍売行業協会(中国オークション業協会)の発表によると、2015年の国内のオークション落札額の合計は256億6,000万元(約4,105億6,000万円)に達するという。中国経...
続きを読む

鳥越俊太郎氏の“排除”で今年の「流行語大賞」は、あのワードで決まり!?

今年も残るところあとひと月余り。今月17日には恒例の「2016 ユーキャン新語・流行語」大賞の候補30語が公式サイトで発表された。 そんな中、例年、選考委員を務めてきたジャーナリ...
続きを読む

「仕事ください!」双極性障害から復帰の“爆弾女”泰葉がモーレツ営業中!

芸能活動を再開したシンガーソングライターの泰葉が、“営業攻勢”仕掛けているという。 泰葉は2007年に春風亭小朝と離婚。その際にはホテルを貸し切り、金屏風バックに前代未聞の離婚会...
続きを読む

「最も扱いづらいメンバー」AKB48“ぱるる”島崎遥香のハイテンション卒業ソングに異議アリ!?

“ぱるる”こと島崎遥香の卒業ソング「ハイテンション」(キングレコード)が話題となっている。 AKB48の46枚目のシングルで、センターは年内でグループを卒業する島崎。“塩対応”で...
続きを読む
【おたぽる】

新海誠監督、入野自由のことは忘れず『聲の形』も褒めた! そして次回作は3年以内に……!?

「TREND EXPO TOKYO 2016」公式サイトより 日本のみならず世界でも注目を浴びるほどの大ヒットを飛ばしている劇場アニメーション『君の名は。』。もちろん新海誠監督の...
続きを読む
【messy】

寝起き3時間以内の「朝セックス」は夜中の数倍気持ちいい!

今月から生理用品を月経カップに変えました。抜き差しには慣れが必要ですがオススメです。こんにちは、大根 蘭です。早寝早起きして運動や読書など、出勤前の時間を有効活用する「朝活」が流...
続きを読む

“美尻グラドル”鈴木咲、目指すは“ラッキースケベ”!?「次作があれば……」

自称“手のひらサイズ”Aカップ美尻グラドル鈴木咲が、『日常に或る幸福』(スパイスビジュアル)を発売し、東京・秋葉原で記念のイベントを行った。 8月に都内で撮影したという本作。日常...
続きを読む

使用済みストッキングへの性的興奮が抑えれず……「ストッキング墨テロ男」のトンデモ手口

先日、若い女性の足を長時間なめたとして、京都市の会社員の男が強制わいせつの疑いで逮捕されたが、韓国ではここ数年、ソウル・江南(カンナム)駅一帯で「ストッキング墨テロ男」が出没して...
続きを読む

「山谷でしか出会えない“顔”があった」青空写真館が収めた“最後の山谷”の男たち

「山谷」という街の意味は、2000年代以降、大きく変わった。 かつては、日雇い労働者の街であり、暴動も発生するような危険な街であった山谷。しかし、00年代以降、労働者の勢いはすっ...
続きを読む

事務所は“優香の後釜”用意も……ドラマ初出演中の小島瑠璃子は「女優より政治家向き?」

「深夜なので、最初から視聴率は期待していないそうです。それよりも、“女優”としての素質があるかないかを見極めることのほうがメインだそうですよ」(芸能事務所関係者) 若手演技派俳優...
続きを読む

嵐・相葉雅紀『紅白』司会決定で“ポスト中居正広”路線くっきり! 一方SMAPは、出場絶望で……

『NHK紅白歌合戦』の司会者が、白組は嵐の相葉雅紀、紅組は女優の有村架純に決まった。これまでタモリ、古舘伊知郎、V6井ノ原快彦など多くの候補者がウワサされながらも、意外性のある若...
続きを読む
【おたぽる】

「いい話だなー」率の高い注目脚本家を直撃!『ちびまる子ちゃん』脚本・高橋幹子インタビュー!! 知ってそうで意外と知らない『まるちゃん』制作現場とは!?

(C)S.P/N.A 日曜日夕方を彩るアニメとしてすっかり定着、『サザエさん』(フジテレビ系)や『アンパンマン』(日本テレビ系)、『ドラえもん』(テレビ朝日系)などと並んで、“国...
続きを読む
【messy】

星野源の魅力は「どう考えてもニュータイプ」、童貞風ルックスと有能ぶりのギャップ

10月から放送開始されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で一躍大ブレイクを果たした俳優・シンガーソングライターの星野源。今や日本中の女子が最も熱狂している芸能人の一人...
続きを読む
映画業界深掘りインタビュー

「小さな映画館だって、社会にバズを起こせる」アップリンク社長が目指す新しいミニシアター像

人通りが絶えることのない渋谷駅前スクランブル交差点から、歩いておよそ10分。「アップリンク渋谷」は小さいながらも3スクリーン(58席、44席、40席)を擁し、1日10〜15本の多...
続きを読む

【映画監督・堤幸彦インタビュー】「共犯意識を持ちたい」“多作の人”の自己分析

堤幸彦といえば、押しも押されもせぬ日本の超有名映画監督・演出家だ。『ケイゾク』『TRICK』『SPEC』『20世紀少年』『BECK』……手がけた作品を挙げればきりがない。その堤幸...
続きを読む
ベテラン海外ドラマライター・幕田千宏の「すごドラ!」

“暴言王”トランプ氏もやっかいになること必至! 実在の政界フィクサーをモデルにした『スキャンダル』

次期大統領が決定して1週間が過ぎても、いまだ騒がしいアメリカ。トランプ氏もクリントン氏も、選挙中に女性蔑視発言やら私用メール問題やらのスキャンダルが飛び出していたが、そんなトラブ...
続きを読む
珍バカライター・北村ヂンの【突撃取材野郎!】vol.24

ハロプロ愛が爆発しすぎてヲタに嫌われちゃった“紙芝居おじさん”は、やっぱりヤバかった

アイドル好きで、紙芝居屋で、画伯でホームレスという謎の男・おに山田が、ゴールデン街で「現代エロ画展」なるアヤシイ展覧会を開催しているという。 情報量がいろいろと多すぎてワケがわか...
続きを読む

元SMAP・森且行『スマスマ』出演の鍵を握る亜紀夫人、May J.が「あの人は今」状態に……週末芸能ニュース雑話

デスクT ねえねえ、今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞、どれに選ばれると思う? 俺は、「してないしてない、してないっす」か、「A brand new reborn」だと思...
続きを読む

高島礼子も“完全絶縁”……高知東生にチラつく暴力団の影と「再犯の不安」

9月に覚せい剤取締法違反で懲役2年・執行猶予4年の有罪判決となった元俳優の高知東生が、女性誌の直撃を受けて、元妻で女優・高島礼子の名前を口にしたという。しかし、当の高島側は、これ...
続きを読む

激似!と話題の「前田日明のモノマネ達人」が本人と歴史的初対面へ

今、格闘技好きの間でにわかに話題になっている“モノマネの達人”がいる。なんと、あの“格闘王”前田日明のモノマネをするというツワモノだ。百聞は一見にしかず、ではないが、まずは一聞に...
続きを読む

恋人・ぺことの結婚を引き延ばすりゅうちぇるに、仰天プランが!「髪を黒くして……」

沖縄出身の読者モデル・りゅうちぇるが、最近テレビに引っ張りだこだ。 恋人のぺことともにバラエティ番組に出演すると、明石家さんまにその才能を見いだされて一気にブレーク。現在、ぺこと...
続きを読む
【おたぽる】

『シン・ゴジラ』庵野秀明総監督ロングインタビューが「週刊新潮」に! 「経営のことも考えちゃうんです」と経営者の顔を見せる!?

左:「週刊新潮」11月24日号、右:『ゴジラ』シリーズ公式Twitter(@godzilla_jp)より 観客動員約551万人、興行収入は80億円を突破!(11月16日付) 公開...
続きを読む
【messy】

劣化騒動の嘘!「激太り」を揶揄される河村隆一、実は頬がこけるほど痩せている

11月9日に行われたゴルフトーナメント『三井住友VISA太平洋マスターズ』に出場した橋本マナミが、一緒に参加した河村隆一(LUNA SEA/Tourbillonの名義ではRYUI...
続きを読む

「あのクサレ外道!」船越英一郎、ついに死す!? 日テレ『黒い十人の女』3%台をキープ!

日本テレビ系『黒い十人の女』17日放送の第8話の視聴率は、3.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。深夜帯で3%台をキープというのは、視聴者の獲得に成功していると言っていいかもし...
続きを読む

在米華人が大激怒! 全米最大規模のデパートが、南京大虐殺をモチーフにしたTシャツを販売

全米で最大規模の高級大型チェーンデパートとして知られる「ノードストローム」 で販売されたTシャツが原因で、現地の華人だけでなく中国本土の中国人も怒り心頭となっているという。「人民...
続きを読む

“トランプショック”は芸能界にも!? 政治家モノマネ芸人たちの悲哀

アメリカ次期大統領選は、大方の事前の予想を覆して共和党のドナルド・トランプ氏が当選した。 まさかの大番狂わせに、株価の乱高下をはじめ、各所に“トランプショック”が吹き荒れた。そん...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...…
写真