2016年11月アーカイブ

日刊サイゾーのバックナンバー一覧です。

「テレビ=老人向け」の証左? TBSが、みんもんたを重宝し続けるワケ

みのもんたが、古巣TBSに完全復活を果たしつつある。これまでに『学校へ行こう!』『どうぶつ奇想天外!』と、かつてのレギュラー番組がスペシャル版として復活し、来年1月からは、スペシ...
続きを読む

深キョンファン悲鳴! 1月期TBSドラマ『下剋上受験』に、まさかの“母親役”で出演

来年1月期にTBS系で放送される連続ドラマ『下剋上受験』(金曜午後10時~)に、深田恭子がヒロインとして出演することがわかった。役どころは、阿部サダヲの妻で、小学校5年生の娘を持...
続きを読む
【おたぽる】

【実写映画レビュー】シリーズ最高の美しいラストは「正しい政治的選択」の末に――『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。 満を持して公開された『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。2001年から通算8本が製作された「ハリー・ポッター」シリー...
続きを読む
【messy】

「怪しい人しかいなかった…」マッチングアプリ経験者たちのリアルな声

近年、大量にリリースされ続けているマッチングアプリ。実際、読者の皆さまにはどのくらい普及しているのか探るべく、先週より募集していたmessy調査。今回もたくさんの回答、誠にありが...
続きを読む
【サイゾーウーマン】

欅坂46、『紅白』初出場者会見で「盛り上がりナシ」のお寒~い舞台裏

11月24日、毎年恒例の『NHK紅白歌合戦』の初出場者の会見が開催された。欅坂46、PUFFY、市川由紀乃、KinKi Kids、桐谷健太、RADIO FISHの6組が出席したが...
続きを読む

吉井玲の夫・山崎樹範“ブサイク面白キャラ”をムロツヨシに奪われ窮地に?

「ここのところ以前に比べて仕事が減ってきたようで、結婚することで自分を追い込んで奮い立たせようということのようです」(芸能事務所関係者) 今月11日、女優の吉井怜と結婚したことを...
続きを読む

ついにAIの反乱始まる!? 「おデブちゃんロボット」に男性が襲われ、2針を縫うケガ

ドイツが推進する製造業の革新「インダストリー4.0」に対抗すべく、中国政府が掲げている「中国製造2025」では、医療やロボットなど、高付加価値産業の育成を志しているが、それは必ず...
続きを読む

看護師に嫌われても【石原さとみ】のことは嫌いにならないでください!

最初からカワイイな、素敵だなとは思っていた。でも、ただそれだけ。ちょっと気になるクラスメイト、そんな感じ。でも、いつの頃からだろう、彼女の存在は、僕の心の大半を占めるようになって...
続きを読む

『SMAP×SMAP』最終回は6時間特番か、ANRI初イベントの中身、Zeebra嫁が愚痴爆発……週末芸能ニュース雑話

デスクT 日刊スポーツが24日に、3カ月前の有吉弘行と夏目三久の交際・結婚・妊娠報道を「事実と異なるところがありました」っておわびしたね。でもさあ、「夏目さんには深刻かつ多大なご...
続きを読む

劣化が止まらない……『めちゃイケ』の“暴露番組”化は、打ち切り直前の断末魔か

11月19日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)において、重盛さと美が、武田真治が過去に行った“美女お持ち帰り”を暴露した。ぶっちゃけネタは、ここ最近の同番組の定番と...
続きを読む

昨年までの鉄板歌手が続々落選へ! NHK『紅白歌合戦』が、ついに“浄化”をスタート

大みそかの『第67回NHK紅白歌合戦』に出場する歌手の発表記者会見が24日、東京・渋谷の同局で行われ、紅白初出場アーティストとして発表された10組のうち、市川由紀乃、欅坂46、P...
続きを読む
【おたぽる】

【インタビュー】「ファンの人には幸せになってもらいたい」姫乃たまが語る、ニューアルバムと将来像

姫乃たまは不思議な人だ。 多才であることは言うまでもない。地下アイドルとして多くのライブをこなし、ライターとしてもバリバリ活躍している。DJや司会、トークイベントでも独特の存在感...
続きを読む
【messy】

タワマンパーティで出会った2人とご飯をしてみて、二度と行かないと誓った話

みなさんこんにちは、みほたんです。タワマンパーティで知り合った人とお食事に行ってきました。しかも土曜にひとり、日曜にまたひとりという2daysのスケジュールで。出会いを求めている...
続きを読む
【サイゾーウーマン】

“消えたグラドル”は今……来栖あつこ「LINEスタンプ発売」、堀越のり「ホリプロ退社」

タレントの入れ替わりが激しい芸能界の中でも、特に激戦区といえる“グラビアアイドル界”。数年前まで、雑誌やテレビなどに引っ張りだこだったにもかかわらず、いつの間にか“消えた”グラド...
続きを読む

終盤戦で視聴率爆上げ! 殺害に成功した10人の女たちを脅かすのは……!?日テレ系『黒い十人の女』

終盤に差し掛かった日テレ系『黒い十人の女』。25日放送の9話の視聴率は、4.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。深夜帯では、堂々の数字。最終回での爆上げも期待できそうです。 テ...
続きを読む

「まったく理解不能!」密室で行われた日韓軍事情報包括保護協定締結に、記者団がカメラを捨てて猛抗議!

日本と韓国政府は11月23日、「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」を締結、即日発効した。 北朝鮮の核やミサイル情報をはじめ2級以下の軍事機密を、米国を経由せずに共有するための...
続きを読む

ジミー・ペイジ“チケット返金”問題に予兆あった?「こんなところで演奏するわけない……」

元レッド・ツェッペリンの人気ギタリスト、ジミー・ペイジが出演した11月11日の来日イベントで演奏せず、プレゼンターとして2分間登壇しただけだったためチケット代の返金となった問題で...
続きを読む

『紅白』AKB48選抜企画に批判殺到「公共放送主導で未成年に順位をつけるなんて……」

2020年に東京五輪・パラリンピックが開催されることから、「夢を歌おう」をテーマに掲げる今年の『第67回NHK紅白歌合戦』。同番組の目玉企画「AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選...
続きを読む

自動車コンパニオンのおっぱいデータが流出! 高級車メーカーでは「CカップかDカップ」が不文律?

中国3大モーターショーのひとつ、「広州モーターショー」が11月18日から開催されているが、そこに出演するコンパニオンのおっぱいの大きさを記したデータが流出し、話題となっている。 ...
続きを読む

電通以上の“ブラック企業”! 疲弊するテレビ番組製作現場「レインボーブリッジから飛び降りた……」

違法な長時間労働を社員に強いていた疑いで厚生労働省東京労働局の強制捜査を受けた大手広告代理店の電通が、社員手帳にも載せている社訓「鬼十則」を来年の手帳より掲載しない方向だというが...
続きを読む

櫻井翔VS有吉弘行TBS『ゼウス』に、またまたヤラセ疑惑……ジャニーズ勝たせるため“得点操作”か

24日に放送された3時間のバラエティ特番『櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍 究極バトル“ゼウス”』(TBS系)に、ヤラセを指摘する声が相次いでいる。 3回目の放送となる同...
続きを読む
熱血!スポーツ野郎

気配りの人、中居正広が語った「野球と自分とSMAPと」

SMAP・中居正広にとって激動の1年が、間もなく終わろうとしている。振り返れば今年、彼は自分の境遇が騒がれているはずなのに、周りを慮ってばかりだった。 SMAP解散騒動に揺れる中...
続きを読む

『半沢直樹』続編実現に向け、菅野美穂主演『砂の塔』を“成功”で終わらせたいTBS

放送開始から低調だった菅野美穂主演の『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系/金曜午後10時~)が、回復の兆しを見せている。 同ドラマは、初回9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/...
続きを読む

きゃりーが番組でつけていた「ヴィヴィアンの指輪」は、あの2人への絶縁サイン?

未練? それとも吹っ切れた? 11月19日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが出演。彼女の手に光る指輪に、視聴者が食いついたようだ。 この日、き...
続きを読む

4年ぶりの主演映画が大コケ! 織田裕二の“オワコン”ぶりが露呈してしまった……

今月5日、織田裕二の4年ぶりとなる主演映画『ボクの妻と結婚してください。』が公開された。 初日の公開館数は、大ヒット中のアニメ映画『君の名は。』の296館を上回る313館だったが...
続きを読む

庵野秀明、カラー10周年に感慨、『シン・ゴジラ』『ヱヴァンゲリヲン』の製作秘話など明かす

「株式会社カラー10周年記念展」に出席した庵野秀明『ヱヴァンゲリヲン』シリーズの生みの親である映像作家の庵野秀明が22日、代表を務める映像製作会社「株式会社カラー」の創立10周年...
続きを読む
【messy】

キスは良いけど性行為は無理、な臆病メガネに絶句/『逃げ恥』第7話レビュー

前回、視聴者全員の願い通り、平匡さん(星野源)がみくり(新垣結衣)の手を握り、予想を遥かに越えたキスをかましたことによって、大フィーバーを巻き起こした『逃げるは恥だが役に立つ』(...
続きを読む

絵本作家は特にエロい!? 菅田将暉演じる“曖昧男”にイライラ……石原さとみ『地味にスゴイ』

好調ながら、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に視聴率で押され気味の『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)。23日放送の第8話の平均視聴率は12.7%(ビデオ...
続きを読む

崔順実ゲートは無関係? 韓国フィギュア界の女王キム・ヨナが“あの疑惑”を完全否定!

韓国フィギュア界の女王キム・ヨナが、韓国社会で物議を醸している“疑惑”について、公式に否定した。 キム・ヨナは昨年8月、独立を祝う「光復節」のイベントに参加。当日の様子を撮影した...
続きを読む
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.402

映画監督の願望と性癖が露呈する新作ロマンポルノ『ジムノペディに乱れる』&『風に濡れた女』

昭和世代には懐かしく、平成生まれには新鮮に感じられる日活ロマンポルノ。1971年~88年に量産された成人向けプログラムピクチャーのブランド名であり、セックス抜きでは語ることができ...
続きを読む

「SMAP不在で目玉なし!」『NHK紅白』“和田切り・伍代切り”成功も……歴代最低視聴率確実か

大みそか恒例の『第67回NHK紅白歌合戦』の出場歌手46組が24日、発表された。初出場は、紅組が市川由紀乃、宇多田ヒカル、大竹しのぶ、欅坂46、PUFFY、白組が桐谷健太、Kin...
続きを読む

月550時間労働で月給わずか3万2,000円……ブラックすぎる中国・児童労働の実態

電通の過労死問題や政府の働き方改革に関する取り組みなど、最近、日本では労働環境をめぐってさまざまな議論が巻き起こっている。しかし、日本のブラック企業や残業など、まだまだマシなのか...
続きを読む

ダイヤモンドの「ヤクザと共生」記事は暴力団礼賛? 地元・神戸や専門家の声は……

ダイヤモンドオンラインが掲載した「ヤクザと共生する街、神戸市民の意外な『山口組観』」という記事に「暴力団礼賛ではないか」と批判が集まっている。 記事は、10月末に閑静な住宅地で知...
続きを読む

華原朋美がテレ東特番出演も「まるで別人」……冒頭から号泣、「小室さんの時と同じ目」指摘相次ぐ

“急性ストレス反応”で活動休止中の歌手・華原朋美が、23日放送の特番『THEカラオケ★バトル U-18歌うま大甲子園 2016王座決定戦 4時間SP』(テレビ東京系)に出演。歌う...
続きを読む
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

見た目も性格もブスなのに、気になって仕方ない!『トモちゃんはすごいブス』

「ジャケ買い」という言葉があります。予備知識なしで、CDのジャケットや本の表紙を見ただけで買ってしまうというアレですが、今回は思わず「タイトル買い」してしまいたくなる作品をご紹介...
続きを読む

「WEBライティング技能検定講座」で、働けない主婦の生活が変わる!

仲介会社などを通し、不特定多数の人に業務を発注できるクラウドソーシングの世界で、今、最もニーズの高い業務がWEBライティングの仕事だという。作業内容はクラウドソーシング会社から依...
続きを読む

『SMAP×SMAP』後番組が悲惨なことに……“月9”ドラマもろとも沈没の可能性も

SMAP解散に伴い、年内で打ち切りとなるフジテレビ系『SMAP×SMAP(スマスマ)』(月曜午後10時~)の後番組が、『世間のイメージとズレてるのは誰だ!? ズレ→オチ』に決まっ...
続きを読む

上田まりえの胸はEカップ? それとも胸板が厚いだけ? 視聴者から疑惑が……

11月17日、『5時に夢中!』(TOKYO MX)でアシスタントを務めるフリーアナウンサーの上田まりえのバストに対して、視聴者から“ある疑惑”が持ち上がった。 ちまたでは推定Eカ...
続きを読む

謎の聖女・璃子の半自伝的セックス『好きでもないくせに』

2015年5月、週刊誌をめくっていた男性たちの前に「聖女」が現れた。 長く美しい髪が醸し出す大人びた魅力、微かに微笑みながらも、媚びることなくまっすぐにこちらを見つめる瞳。透き通...
続きを読む

「赤フンの下にブリーフ」フミヤの息子・フジ藤井弘輝アナの仕事は“中途半端”か?

歌手・藤井フミヤの長男で、今年4月にフジテレビに入社した藤井弘輝アナがスポニチのインタビューを受け、悩める胸中を語った。 10月から朝の看板番組『めざましテレビ』に大抜擢。金曜に...
続きを読む
【おたぽる】

「何でそんな誰も得しないこと言うんだ」炎上マンガ家となり果てた江川達也、今度は『ONE PIECE』を痛烈批判!

『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』公式サイトより。『東京大学物語』(小学館)や『まじかる☆タルるートくん』(集英社)といった人気マンガで、かつては一時代を...
続きを読む
【messy】

“下心”で恋に落ちる・紗倉まなだからこそ「セックスは恋愛/結婚の安心要素にはならないと思う」

10月17日に発売された『AERA』(朝日新聞出版)セックス特集号に、こんな考察が掲載されていました。“今の二十代女子は、『早くいい男をゲットして結婚ができるように、セックスをそ...
続きを読む

JFAでいったい何が――? 霜田技術委員の退任はハリル解任への布石か

「勝利」が続投条件、「引き分け」以下で解任の可能性があった、FIFAワールドカップ2018ロシア大会アジア最終予選第5戦のサウジアラビア代表戦。日本代表は、ヴァヒド・ハリルホジッ...
続きを読む

上海市の“選挙“で珍現象 トランプ氏が圧勝、蒼井そらが次点で……

ドナルド・トランプ氏が劇的な勝利を収めた米大統領選挙の興奮冷めやらぬ中、時期を同じくして中国では地方都市の下部組織・単位における人民代表選挙が各地で行われた。中国ではいわゆる国政...
続きを読む
『俺たち文化系プロレスDDT』公開記念・マッスル坂井×松江哲明対談

「この年で愚直に生きるのはマジでツラい!」……けど、俺たちが文化系にこだわる理由

「プロレスブーム再燃」といわれて久しい。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、中邑真輔、飯伏幸太など、人気・実力ともに兼ね備えたレスラーが続々と登場し、古参のプロレスファンはもちろん、若い...
続きを読む
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

絶好調『ドクターX』の功労者・西田敏行、歩行困難でもヒール役こなす“役者魂”

米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ第4弾『ドクターX~外科医・大門未知子~』が、20%以上の高視聴率を維持。視聴率レースを独走しているが、その“陰の功労者”といわれている西田敏行の...
続きを読む
〈ゲオトナ〉&〈ゲオチャンネル〉プレステージ激オシ企画

千葉はヤ○マンばっかり!? 人気AV女優・あやみ旬果のナンパ3P体験とは……

あやみ旬果ちゃんとともに、プレステージのエッチでカゲキな作品を鑑賞する連載も、今回が3回目。先週の記事では、素人時代に「ナンパで3Pをした」という衝撃の告白をした旬果ちゃん。今回...
続きを読む

古舘伊知郎『フルタチさん』大爆死で、フジテレビ“お通夜”状態「古舘だけヤル気満々」

「正直、最低でも2ケタはいくとみんな思っていたのか、初回の視聴率が出たあとは、お通夜みたいになっていましたよ。古舘さん本人も自信があっただけに、かなりショックを受けていたようです...
続きを読む
【おたぽる】

「将棋」が今アツい? 『3月のライオン』アニメ化、ネットでの将棋人気など追い風が吹く

「将棋電王戦」公式サイトより 古代インドにルーツを持つと言われ、日本の伝統的ボードゲームとして親しまれている「将棋」。いまさら説明をするまでもない歴史と知名度を誇るゲームだが、娯...
続きを読む
【messy】

「やっぱり女は夫を立てないと」? 蓮舫の『金スマ』恐妻家アピールをどう捉えるか

民進党の蓮舫代表(48)が、18日放送の『金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に出演、自宅にテレビカメラを招き入れ、家族を公開した。蓮舫は元タレントであり、スタジオには1980年...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...…
写真