「生きるべき? 死ぬべき?」インスタで質問の16歳JKが自殺……教唆した者は死刑の可能性も

2019/06/04 18:00

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
まだ幼さが残る普通の16歳だ(デビアさんのインスタより)

 マレーシアのボルネオ島にある都市クチンで5月13日、3階建ての建物から16歳の女子高生が飛び降り自殺した。

 彼女の名前はデビア・エメリアさん。彼女の遺体が発見された夜8時からさかのぼること5時間前、同日午後3時に、デビアさんは自身のインスタグラム上で、こんなコメントとともに、フォロワーたちの投票を募った。

「すっごく重要! DとL、どちらがいいか選ぶのを手伝って」

 DとLはDieとLiveを意味しており、つまりは自分が自殺すべきか否かをフォロワーたちに問いかけたのだ。

 すると、投票した人たちの69%が「D」、つまり「死ぬべきだ」と投票していた。そして、それから数時間後、デビアさんは自らの命を断つことを選んだものと思われる。警察の調べによると、デビアさんにはかつてうつ病にかかっていた時期があり、インスタに投稿する前にはFacebook上で「WANNA QUIT F****** LIFE I’M TIRED」(このくそったれな人生を終わりにしたい。もう疲れた)と投稿していたことも判明した。

 事件後、デビアさんのいとこが自身のSNSでこの話をシェアするとともに、警察官に囲まれているデビアさんの遺体を撮った写真をアップ。「たった今、あんたたちはDに投票して、その結果これが起こった。ハッピーかい?」とコメントした。

 近所の人の話によると、デビアさんは勉強熱心で、いつも片手に本を持っているような子だったという。一方、彼女のうつ病は、シンガポールで働く義父が再婚し、会える頻度が減ったことが原因で始まったようだ。

 その後(投票からすでに24時間以上がたっていた時点で)、インスタグラムのアジア太平洋地域の担当者がデビアさんのアカウントを調べたところ、「L」に投票していた人が88%だったという。ただこれは、彼女の自殺が知れ渡った後、大きく変化した可能性もあるとしている。

 マレーシアの法律では、未成年者に自殺を教唆した者には死刑、または20年以下の懲役と罰金が科されるという、

 同国の国会でもこの件は重大な事件として受け止められており、ある議員は「Dに投票した人たちは自殺教唆で有罪になるかもしれない」と述べている。

 昨今のネット上では、匿名をいいことに、揚げ足取りや罵詈雑言が飛び交い、SNSを故意に炎上させたりするようなことが頻繁に行われている。そんな中で起こった今回の自殺事件。SNS上の匿名発言などにどこまで責任を負わせられるかが、これからのネット社会において議論されていく重要なテーマとなることだろう。

最終更新:2019/06/04 18:00

人気記事ランキング

続きを読む