日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 15歳の少女、なぜか顔が老婆に

15歳なのに顔は老婆!? 慈善団体が引きこもりの少女に救いの手

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

メディアの取材に応じる15歳の少女(網易新聞より)

 実年齢と見た目がかけ離れている人は少なくないが、中国遼寧省錦州市の農村に住む少女の例は、少し極端だ。

「網易新聞」(12月8日付)によると、異変が始まったのは彼女が1歳頃。全身の皮膚がたるみ、シワも増えていったという。地元の病院で診察を受けたところ、「皮膚弛緩症」という遺伝性の疾患であると診断された。

 しかし、経済的な理由から継続的に治療を受けることができなかった少女の症状は、年齢を重ねるごとに悪化していった。

 そして15歳になる頃には、まるで老婆のような容姿になってしまったのだ。好奇の目にさらされた少女は、中学を卒業後、高校には進学せず、自宅にひきこもる日々を送っていたという。

 そんな中、ネットで偶然、とある慈善団体の活動が目に留まった。この団体は少女のような恵まれない子どもの生活を支援しており、少女はいちるの願いを込め、この団体に手紙を送ったのだった 。すると、団体側はすぐに治療の支援を行うことを表明し、12月に地元の病院で形成手術が行われることとなった。

 団体の関係者は、手術によって少女の顔から、たるみやシワがほぼ除去できるであろうとメディアに語っている。また、今後も数回の手術が行われる予定だという。メディアの取材に答えた少女は、「手術が終わったら医師になれるように勉強を頑張って、多くの人を救いたい」と語っている。

 慈善団体の支援により、15歳らしい夢を抱くことができるようになった少女。手術が無事成功することを祈りたい。 
(文=廣瀬大介)

最終更新:2020/01/05 14:00
関連キーワード

15歳なのに顔は老婆!? 慈善団体が引きこもりの少女に救いの手のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真