日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 異色の警察小説大賞の著者に聞く
55歳の新人作家・佐野晶インタビュー

警察小説大賞『ゴースト アンド ポリス GAP』働かない警察官“ごんぞう”が活躍する異色小説

文=平田裕介(ひらた・ゆうすけ)

警察小説が好きではなかったし、刑事ドラマも観ない

あの是枝監督作品のノベライズもてがける

ーーもともと警察小説はお好きだったのですか?

佐野 実は、鬼刑事が出てくるようなスリリングな話が苦手なんですよ。そもそもそれほど警察小説が好きではなかったし、刑事ドラマも観ない。唯一きちんと観ていたのは、倉本聰さんが脚本を書いていた『大都会 闘いの日々』(日本テレビ系)くらいですから。それでも、なぜか小説を書くなら警察ものだって思ったんです。

 ただし書くからには変化球でいこうと考えて、交番のお巡りさんを主人公にすることにしたんです。交番のおまわりさんだったら自分にとっても読む側にとっても身近な存在だし、実際に娘が財布を盗まれてお世話になったこともあった。その時に「報告書を訂正しなきゃいけない」「訂正印をもらわないといけない」と、何度も家に来てくれて「交番勤務も大変な仕事だな」と強く思ったんです。それと担当してくれたお巡りさんが、丁寧語とタメ口がブレンドされた話し方で、なんともユニークでえらく印象に残ったんですよ。

 そこで、いろいろと調べたら“ごんぞう”と呼ばれる働かないおまわりさんがいるなんて話も聞いて。そんな連中が積極的に捜査に参加するのではなく、歩いていたら偶然に事件とは呼べないような出来事に出くわすうちに、最優的に大きな事件に対峙するようにしたら面白いなとピンときて、わりと一気に書いちゃいましたね。

 ただ、書き上げたものの、自信もなかったし、編集者に売り込むこともできなかった。時々思い出しては読み返して、「ここはこうしたほうがといいな」と手を入れたり、警察の情報を足したりしていましたが、いつのまにかほとんど書いていたことを忘れていました。そうしたら一昨年、毎日新聞の夕刊の一面半分に『警察小説大賞』の記事が載っていて「これ、俺が書いているのにバッチリじゃん!」って応募したわけです。

123

警察小説大賞『ゴースト アンド ポリス GAP』働かない警察官“ごんぞう”が活躍する異色小説のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

9太郎が提唱! アイドル炎上回避ガイド

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真