日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 異色の警察小説大賞の著者に聞く
55歳の新人作家・佐野晶インタビュー

警察小説大賞『ゴースト アンド ポリス GAP』働かない警察官“ごんぞう”が活躍する異色小説

文=平田裕介(ひらた・ゆうすけ)

当初はいわゆるライトノベル的な代物だった

斬新な設定に思わずのめり込む!

――“ごんぞう”と呼ばれるお巡りさんもさることながら、お化け騒動などオカルト的な題材を取り入れているのも警察小説としては新鮮ですね。

佐野 実は最初期に書いていたものって、お化けがバンバン出てくる内容だったんです。というのも、交番のおまわりさんが事件に出会うことなんて滅多にない。調べれば調べるほど、そうなんですよ。どうやって事件と遭遇させようかと考えた結果、お化けを出しちゃおうと。おまわりさんに取り憑いたお化けがいろんなヒントを与えて、それを辿っていくうちに事件に出くわす――みたいな。

 いわゆるライトノベル的な代物だったんですけど、「だったら巡回連絡って手もあるじゃないか」ってハッとして。住民の家を訪問するうちに事件のヒントと出会う展開もアリだって。でも、せっかくだからお化け絡みの事件も残しました。

 まぁ、当初のアイデアで書かなくて正解でしたね。ホラーとかオカルトとか怖いのが苦手だし、これでシリーズ化になって次も出せって言われても書けませんからね。

――ちょっと早い話かもしれませんが、次回祭の構想をお聞かせください。

佐野 いま考えているのは毒にまつわるお話。なかなか詰めきれていないんですけど、毒で殺すのではなく、毒で事件を解決するような新しくてユニークで新しいものにしたいですね。

佐野晶(さの・あきら)
東京都出身。大学卒業後、会社勤務を経て、脚本家を目指す。ライターをしながら、映画を小説化するノベライズの仕事に入る。是枝裕和監督の『そして父になる』『三度目の殺人』(ともに宝島社文庫)のノベライズも手がけた。2019年、小学館の「第1回警察小説大賞」を受賞し、作家デビュー。

平田裕介(ひらた・ゆうすけ)

平田裕介(ひらた・ゆうすけ)

東京生まれ。編集プロダクションにて情報誌や映像系業界誌の編集に携わった後、フリーライターになる。「キネマ旬報」「東京ウォーカー」のほかで執筆中。

最終更新:2020/02/13 12:12
123

警察小説大賞『ゴースト アンド ポリス GAP』働かない警察官“ごんぞう”が活躍する異色小説のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真