日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > さんまがYouTuberに冷たいワケ

明石家さんまが人気YouTuberの“勇み足”を笑いに変えようとしなかったワケ

文=日刊サイゾー

明石家さんま

 明石家さんまには最初からフォローする気はなかった?

 6月2日に放送された『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)に、若者から絶大な人気を誇る男女YouTuberコンビ・ヴァンゆんが初出演。放送前からツイッター上では、「ヴァンゆんとさんまさんの絡み、早く見たい!」と、番組を楽しみにしているファンからの投稿が相次いだ。

 しかし、番組冒頭からゆんが無理やり会話に入っていってしまったため、「リモートから声かけないで」「まだ、口出さないで!」と、さんまから何度も注意される結果となってしまった。

 その後、番組を見た視聴者からは、「さんま御殿に出てたゆんってでしゃばりすぎ」「YouTuberはテレビに出るな」と、批判するコメントがネット上に書き込まれたほか、「さんまがゆんちゃんに当たり強すぎる…」「ゆんちゃんに冷たい、見ててハラハラした」と、ファンからは擁護するコメントも見られた。

 YouTuber事情に詳しい芸能ライターが言う。

「芸歴45年以上のさんまさんなら、ゲストがどれだけスベったとしても笑いに変えることができたはず。しかし、今回あえてそうしなかったのは、今年2月に放送された『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)の中で、『俺らテレビ出る人間、敵はYouTube』『YouTube見てたらあかんで』などと発言しており、彼自身がYouTubeを敵対視しているところにあるのでしょう。そういえば以前、トップYouTuberであるヒカキンが同番組に出演し、トークの段取りを間違えてしまった際にも『いいなぁ。YouTubeは自由で』と、皮肉ともとれる発言をしていたこともありましたね」

 しかし、放送直後「ヴァンゆん」というキーワードがツイッターのトレンド入りに。さんまの攻撃は、逆に彼らの名前をさらに広める結果となったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/08 06:10

明石家さんまが人気YouTuberの“勇み足”を笑いに変えようとしなかったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真