日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 平子、あの番組への出禁が解除か

アルコ&ピース・平子祐希、『テレビ千鳥』出演であの番組への出禁が本格解除か

文=日刊サイゾー

アルコ&ピース・平子祐希

 サラッと“痛い”ことを言うことを『平子る』というそうだが……。

 6月30日のバラエティ番組『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)にて、『アメトーーク!大反省会』という企画が放送され、アルコ&ピース・平子祐希のスベリっぷりが話題を呼んでいる。

「番組では、平子が過去に出演し大失敗した『アメトーーク!』(テレビ朝日系)をMCの千鳥と振り返りました。そこで平子は、『もっと売れたい芸人』出演時に後輩である宮下草薙・草薙航基と絡むも、思考が完全に停止していたそう。そのときのスベりすぎて本編では放送できなかったお蔵入りVTRを観た大悟は、『これエグいわ』と絶句。平子は『これ流すんだったら、将来偉くなってホント、テレ朝に何かするからね、俺!』と激高していました」(テレビ誌記者)

 そんな平子といえば、『アメトーーク!』などの人気番組を手掛けるテレビ朝日の加地倫三プロデューサーの逆鱗に触れ、4年間にわたり同番組を干されていた過去がよく知られている。

「平子が加地氏に干されたのは、『猫舌芸人』の回がきっかけ。そこで平子は、熱々のカニクリームコロッケを『地球のコア』というわかりづらいたとえで表現し、その後もスタジオがドン引きしているにもかかわらず、『コア』という謎のワードを連呼し続けたのです。これにブチギレた加地氏が収録後、平子を20分にわたって説教。それ以降、会議では彼らの名前は挙がらなくなっていましたが、最近になって加地氏がこの件をラジオ場番組でイジったことで、少しずつ“解禁ムード”となってきました」(テレビ関係者)

 平子が干される一方で、加地氏に気に入られた千鳥や草薙はとことんプッシュされている。『テレビ千鳥』も加地氏が総合演出を務めており、今回の出演は『アメトーーク!』にも繋がりそうだが、出演した際には、今度こそ「スベらない平子」が見たいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/07 10:00

アルコ&ピース・平子祐希、『テレビ千鳥』出演であの番組への出禁が本格解除かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

綱島「住みたい街160位」でも注目のワケ

今回は、2022年に新駅開業予定、東急東横線「綱...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真