日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ラヴィット!』放送スタートの裏

『ラヴィット!』放送スタートの裏に透け見える大手芸能プロの胸算用

文=日刊サイゾー

『ラヴィット!』放送スタートの裏に透け見える大手芸能プロの胸算用の画像1
所属事務所ウェブサイトより

 落語家・立川志らくがメインMCを務めて打ち切りが話題となっていたTBSの朝の情報番組『グッとラック!』の後番組として、3月29日から新バラエティー番組『ラヴィット!』がスタートすることが発表された。

 同番組は、お笑いコンビ「麒麟」の川島明と父親に田村憲久厚生労働大臣を持つ同局のアナウンサーの田村真子アナがMCを担当。

 「お気に入り」を意味する英語の「Love it」をもじった番組タイトルからもわかるように、情報番組というよりは生活情報番組になるというが、同局の関係者はこう語る。

「『グッとラック!』も大惨敗したように、同番組の放送時間帯はNHKの『あさイチ』やテレ朝の『羽鳥慎一モーニングショー』、日テレの『スッキリ』、フジの『情報プレゼンター とくダネ!』など裏番組が強豪ぞろいで、ウチは長年苦戦を強いられています。『とくダネ!』を3月いっぱいで打ち切るフジは後番組にエースアナの永島優美アナを投入するなど闘志むき出しですが、正直ウチはそこまでの覇気はなく、裏番組とは毛色の異なる『はなまるマーケット』や『王様のブランチ』のような生活情報番組に舵を切ることで、あえて正面衝突を避けた格好です」

 同番組の闘争心のなさ(?)は制作現場にも表れているとか。

「メインMCの川島さんも、裏番組の羽鳥さんや『スッキリ』の加藤浩次さんに比べるとギャラはかなり安いですし、そもそも番組の制作費自体が『グッとラック!』の時よりもだいぶ抑えられています。番組スタッフの数もギリギリともっぱらです」(前出の同局関係者)

 もっとも、同番組のスタートをビッグチャンスと捉えている勢力もあるという。

「川島さんの所属事務所の吉本興業はかなり力が入っているようです。TBSの情報番組というと前番組の『グッとラック!』や恵俊彰さんがメインMCを務める『ひるおび!』など『ワタナベエンターテインメント』とのパイプが強い印象がありますが、『ラヴィット!』が成功すれば取って代わるチャンスですからね。それに、すでに裏番組の『あさイチ』は『博多華丸・大吉』が、同じく『スッキリ』はエージェント契約ながらも加藤さんがそれぞれメインMCを務めており、朝の情報番組をジャックすることもできますからね」(同局関係者)

 TBSサイドは放送開始前から白旗ムードの気配もある『ラヴィット!』だが、吉本のバックアップを受けて予想外の高視聴率をゲットできるか!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/23 19:53

『ラヴィット!』放送スタートの裏に透け見える大手芸能プロの胸算用のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の国葬に「れんほー!」

 今週のホットなニュース・トピックをピッ...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真