日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 『君は永遠にそいつらより若い』モラトリアムに潜む悲劇

佐久間由衣と奈緒がモラトリアムの悲劇に遭遇する映画『君は永遠にそいつらより若い』

文=ヒナタカ

佐久間由衣と奈緒がモラトリアム期間の悲劇に遭遇する映画『君は永遠にそいつらより若い』の画像1
(C)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

 映画『君は永遠にそいつらより若い』が2021年9月17日より公開される。本作は、以下の吉野竜平監督の言葉に、伝えたいことが集約されていると言っていい。

 「欠落感を抱えたまま、他者や社会とどう関わって生きていくのか──。『ありのままでいいんだよ』みたいな無責任な言葉ではない、自分なりのメッセージを主人公の姿に託しました」

 その「(悲劇的な出来事による)欠落感」や「他者や社会との関わり」は、確かにこの世で生きていくためには避けては通れないだろう。その誰にでも通じる事柄を、変わり者の22歳の女性の姿を通じてシビアに、だが優しいまなざしで綴った作品だったのだ。さらなる魅力を記していこう。

ぐだぐだな日常の裏に潜む悲劇を描く物語

佐久間由衣と奈緒がモラトリアム期間の悲劇に遭遇する映画『君は永遠にそいつらより若い』の画像2
(C)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

 本作のあらすじを一行で記せば「同じ大学に通う1つ年下の女の子と知り合って、独特な関係を築いていく」というもの。主人公は大学卒業を間近に控え就職も決まっているため、バイトをしながらもヒマを持て余すぐだぐだな生活を送っていたのだが、女の子と出会いにより心境が変化していくのである。

 その女子大生2人のゲームをしたり部屋で寝泊まりする日常はどこかコミカルで、それだけで楽しく観られるのだが、違う物語の軸もある。それは、期せずして身近な人の死や、痛ましい過去を知るといった、日常の裏に潜む悲劇だ。

 人生最後のモラトリアム期間の真っ只中にいる主人公が、そうした「自分にはどうすることもできない悲劇」に遭遇してしまうことが相対的に切実に感じられる。不思議な女の子との掛け合いもとぼけたギャグがたっぷりで楽しいのだが、だからこそ、その痛ましい過去とのギャップが辛く思えるだろう。

 これは、全ての生活や人生にも当てはまることなのではないだろうか。日常を楽しく平和に過ごしているようでも、どこかに悲劇が隠れていて、いきなり現出してくることはある。そんな時に、どのように悲劇に立ち向かえばいいのか、どのように生きていけばいいのか。そのヒントを押し付けがましくなく提示してくれるのが、この『君は永遠にそいつらより若い』だったのだ。

12

佐久間由衣と奈緒がモラトリアムの悲劇に遭遇する映画『君は永遠にそいつらより若い』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧...
写真