日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 「女遊びをしすぎは3位」

「女遊びをしすぎは3位」辞めた方がいいお笑い芸人のタイプワースト5

こんな人は芸人をやめたほうがいい!第1位は…

2位 相方に厳しい

 コンビで活動するとどっちかが立場が上の場合がよくあります。例えばネタを作っているほうが偉いと思い込み、その作っているほうが、作っていないほうを一方的に怒る。トークで怒り、MCで怒り、オーディションで怒り、ネタをやっても当然怒る。これの何が一番ダメな部分かというと、相手の教育をしているようにみせて、怒っている当人の成長がないことなんです。

 こういう場合、先に怒ったもん勝ちみたいになっていて、怒ったほうが怒られたほうからはなかなか注意されません。それなので一方的に”出来ているという体”という状態のまま、時間が過ぎてしまうのです。そうなると、周りの芸人たちとは圧倒的な差がつき、相方も自分より腕が上がってしまい、最終的には見捨てられてしまうなんてこともままあります。

 ときどきライブで「こいつ何もできないんですよ」と相方に言っている芸人さんは、実は危険信号なんです。何もできないのならば、そもそも組まなければいいだけの話。「組んでいるという事は、あなたも同じレベルなんだよ」ということを自覚しなければなりません。

1位 会話が出来ない

 これも驚くかもしれませんが、芸人さんの中にはそもそも、会話が成立してない人がけっこういるんです。自分の言いたい事だけを相手に叩きつけ、相手からの質問は無視して次の自分のセリフに進むみたいなことですね。

 そしてこの”一方的に話しをする人”に多いのですが、沢山話している状況で自分は「トークスキルがある」と勘違いし続けてしまいます。そうゆう人は周りに人が集まってこないので、自分が実は会話が出来ていない(成立していない)事に気がつかず、時間だけがすぎていってしまうんです。

 たしかにライブでは、”一方的に話してる”という表現で受けてしまうこともあります。そうするとさらに、会話が成立していないことに気づけないのです。

 いっとき、僕にもそうゆうことがありました。今後気を付けながら活動したいと思います。

 逆に、人と交流を持たなさ過ぎて生きる最低限の会話しかできない人もいます。それはもはや会話ではなく、生存手段です。

 お笑い芸人ならば、一般人の気づけない部分を言葉にして瞬時に言えないといけないという職業でもあるかと思います。トーク以外がたけていたら、それはそれでお笑い芸人としてうまくやっていける場合もありますけどれとも。

サンミュージック所属のお笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」 のツッコミ。コンビのネタ作りを担当するほか、お笑いに対するプロ目線の考察に定評があり、「M-1」などの大会はみずから大会を観覧して分析。自身のYouTubeやライブなどで披露する。中でも「女性芸人」研究家として、東京スポーツで連載を持っている。 YouTubeチャンネル【馬鹿よ貴方は、新道竜巳のごみラジオ】

Twitter:@kPXfF3Xm1jvbLMS

【サンミュージック公式】馬鹿よ貴方はプロフィール

ばかよあなたはしんどうたつみ

最終更新:2022/03/31 20:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed