ドラッグの記事一覧 (61件)

清原和博容疑者とシャブ仲間!? 大物歌手・長渕剛の名前が堂々報じられたワケとは――

「サラリと書いていますが、業界騒然ですよ」 そう語るのは、スポーツ紙記者だ。 覚せい剤取締法違反で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者だが、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が以...

清原和博の覚せい剤逮捕にメリー喜多川が大歓喜!?「神様、仏様、キヨハラ様……」

あるスポーツ紙の芸能担当記者によると、元プロ野球の清原和博容疑者が覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕されたことで、前月から大きく注目を集めていたSMAP騒動から世間の関心が離れ、ジ...

「俺を捨てないでくれ……」清原和博容疑者、覚せい剤だけでなく女性にも依存していた

麻薬に溺れた著名人たちが、一方で交際相手にも依存を強めていた話が相次ぐ。覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者もそのひとりだといい、交際相手の女性に対しても週...

清原和博容疑者、プロレス参戦オファーを“ドタキャン”していた!「親しいヤクザが激怒」?

覚せい剤所持容疑で警視庁に逮捕された、元プロ野球選手・清原和博容疑者が昨年、プロレス興行への出場話を“ドタキャン”していたことがわかった。 以前からプロレスや格闘技好きで知られて...

清原和博容疑者、なぜ再び覚せい剤を?「ドラッグ歴で脅され、異常におびえてクスリに逃げた」証言も

先日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された清原和博容疑者が、銀座でホステスとして働くM子さんと真剣交際していることが明らかになっていたが、逮捕された当日、M子さんは...

清原和博容疑者、暴力団との“黒い関係”は20年前から?「美人局に引っかかって……」

覚せい罪取締法違反(所持)で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者に、暴力団関係者との交際が取り沙汰されるが、清原容疑者を知る出版関係者からは、“黒い交際”のきっかけが1997...

「しゃべったら、どうなるかわからんで!」清原容疑者を脅した元ボクサーって?

出るわ出るわ……。覚せい剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕された清原和博容疑者の“シャブ入手ルート”が、大きな注目を集めている。 足掛け2年。警視庁組織対策犯罪5課の特命チームは清...

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士がスポーツマン化して清原に喝!? 自身のシャブ前科も激白し……

元スポーツマンの清原和博(48)がアウトロー色を強める中、それとはまったく対照的に、“元アウトローのカリスマ”こと瓜田純士(36)のスポーツマン化が止まらない。妻とお揃いのトレー...

覚せい剤逮捕の清原和博が銀座で大暴れしていた! 激怒の理由は「高橋由伸と阿部慎之助」

覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された元プロ野球選手、清原和博容疑者に、暴力団関係者との付き合いが取り沙汰されている。 清原容疑者がよく出入りしていた銀座のクラブ「M...

ライブ復帰の「LIV」押尾学、その音楽的評価は「ジャンキーが勘違いした程度」

元俳優で歌手の押尾学が、自身のバンド「LIV」のボーカルとして1月23日、東京・渋谷グラッドで行われたライブイベントに出演したことが話題となっている。 一部報道によると、会場には...

覚せい剤逮捕の清原和博“ヤクザ雑誌”で連載予定あった! 幻の「番長の遠吠え」企画とは

覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で警視庁に逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者に、月刊誌の連載コラムのプランがあったことがわかった。この月刊誌が、なんと暴力団の動きを中心に取...

覚せい剤逮捕の清原和博は「覚悟して待っていた?」 暴力団が“架空の供述シナリオ”用意か

覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで2月2日の夜に警視庁に現行犯逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者に、「逮捕を覚悟して待っていた」説が浮上している。 清原容疑者の逮捕は昨年か...

昨年10月から迫っていたXデー……“堕ちた偶像”清原和博、覚せい剤所持で逮捕の「衝撃度」

ついに、その日が来てしまった。 元プロ野球選手・清原和博が2日、警視庁に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。2014年に週刊誌で薬物疑惑を報じられ、その後、ことあるごと...

有名熟年女優や二世タレントの名前も!? 麻薬特例法適用で戦々恐々とする芸能人

大ヒット曲「Choo Choo TRAIN」で知られるダンスボーカルユニット「ZOO」の元メンバー・坂井俊浩容疑者が7日、覚せい剤を譲り受けたとして、警視庁組織犯罪対策5課に逮捕...

「HIROの名前はやめて!」元ZOOメンバー逮捕に、エイベックスが異例のお願い

大ヒット曲「Choo Choo TRAIN」(フォーライフレコード)で知られるダンスボーカルユニットZOOの元メンバー・坂井俊浩容疑者が7日、覚せい剤を譲り受けたとして、警視庁組...

「EXILE・HIROとも親交続いていた」覚せい剤逮捕の元ZOOメンバー、周囲から落胆の声が続々

ZOOの元メンバー、CAPこと坂井俊浩容疑者(46)が7日、麻薬特例法違反(譲り受け)で逮捕された。警視庁によると坂井容疑者は昨年12月、新宿区歌舞伎町のホテルの一室で、覚せい剤...

逮捕のトヨタ女性役員が持っていた“田舎のヘロイン”「オキシコドン」の激ヤバ度

豊田章男社長が部下を信じていようがいまいが、そんなことに世間は関心がない。トヨタ自動車の常務、ジュリー・ハンプ容疑者が6月18日に麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件は、「田舎のヘ...

取り締まりもイタチごっこ……脱法ドラッグによる事故多発で、大麻解禁への動きが活発化!?

脱法ドラッグを原因とする自動車事故が全国で相次いでいる。6月、池袋で8人が死傷した事故を皮切りに、7月8日には仙台市と豊橋市で、12日には大阪府で2件、さらに同15日には新宿区で...

AKB48大組閣“脱法ハーブ報道”の元総支配人・戸賀崎智信氏は苦情係に さっそく苦情が殺到中

24日、AKB48グループのメンバーをシャッフルする「大組閣祭り」が行われ、4グループ総勢260人以上が参加した。 この組閣に先がけて、AKBグループはスタッフの組閣も発表。総監...
これが「日本政府公認アイドルグループ」の正体!?

AKB48総支配人・戸賀崎智信氏“脱法ハーブ”報道で政府は? 省庁は?

AKB48総支配人・戸賀崎智信氏が、脱法ハーブ中毒者であり、複数の女子大生と不倫関係にあると報じられた。 このニュースが公になったのは、19日18時頃。「週刊文春」(文藝春秋)の...

芸能人クスリ年表付き!法社会学者が見た芸能スキャンダルの裏に潜む”学術的”現代ニッポン犯罪事情

朝青龍問題は、なぜ闇に葬り去られずに事件化したのか? なぜ、最近また日本の犯罪件数が減少傾向にあるのか? そのウラにある、共通した日本警察&検察に特有の問題点を、気鋭の法社会学者...
その時“ITの素”が生成された! デジタル・フロンティア・スピリット第3回

「IT開発者はラリってた!?」PC開発とドラッグの深い関係

第1回で取り上げたダグラス・エンゲルバートというエンジニアは、幻覚剤のLSDを試したこともあった。それは、60年代のカウンター・カルチャーを象徴するドラッグがコンピュータ開発の場...

「覚せい剤でも、大麻でも、MDMAでもない」NHK職員を狂わせた「ゴメオ」とは?

自宅で違法薬物を隠し持っていたとして麻薬取締法違反(所持)容疑で逮捕状が出ていたNHK放送センター編成局ソフト開発センターのディレクター・迫間崇容疑者が25日、警視庁渋谷署に逮捕...

「大麻は有益」俳優・窪塚洋介の”師”が大麻所持で逮捕 事務所は無関係を強調も……

『地球維新―エンライトメント・ストーリー』(明窓出版)は中山容疑者と窪塚の共著である かつて大麻礼賛騒ぎを起こした俳優、窪塚洋介の"師"ともいえる人物が大麻取締法違反の疑いで現行...

「昨年から再犯の噂も」小向美奈子に逮捕状 業界からは”やはり……”の声

違法薬物を譲り受けたとしてタレントの小向美奈子に逮捕状が出たことが判明した。覚醒剤取締法違反の罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けるも、現在はストリップやグラビ...
「ダメ。ゼッタイ」を問い直す、ドラッグの歴史と現状【1】

批判ばかりの思考停止状態を治癒「ドラッグ語り」のフロンティア本

──押尾学と酒井法子の事件で最高潮に達した今年の薬物報道。しかし、メディアを通じて一方的にドラッグ批判の言説が覆った世間は、ある種の思考停止状態にあったのではないだろうか。そんな...
タブー破りのアート特集【5】

LSDが染み込んだ紙の芸術!? ブロッター・アートの妖しき世界

(上より)不思議の国のアリスをモチーフにした『Alice Through the Looking Glass』(1993年)とミハイル・ゴルバチョフをモチーフにした『Gorby』...
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」Vol.35

動き出した捜査一課 押尾学被告を保護責任者遺棄致死罪で再逮捕へ

謝っても許されません。芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 保釈された俳優の押尾学が、銀座ホステスの...
北芝健の「いわんや悪人においてをや」vol.9

日本はドラッグ無法地帯!? ドラッグの世界潮流と日本ドラッグ事情

『週刊現代』8月9日号(講談社)「犯罪者である彼あるいは彼女にも我々同様に人生があり、そして罪を犯した理由が必ずある。その理由を解明することはまた、被害者のためにもなるのでは?」...
北芝健の「いわんや悪人においてをや」vol.07

止まらない芸能界のドラッグ汚染──”薬”を手放せない悲しき業界

芸能界大麻汚染は韓国にも飛び火?(「フライデー」5月22日号より)「犯罪者である彼あるいは彼女にも我々同様に人生があり、そして罪を犯した理由が必ずある。その理由を解明することはま...
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

ドラッグ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

「サラリと書いていますが、業界騒然ですよ」 そう語るのは、スポーツ紙記者だ。 覚せい剤取...
写真