差別の記事一覧 (18件)

Saku Yanagawa×Moment Joon対談

「わかる人にだけわかる」日本のお笑いは差別を助長するのか―アメリカで奮闘するスタンダップコメディアンと移民ラッパーの邂逅

 スタンダップコメディとラップ――。ともにマイクひとつでパフォーマンスするカルチャーを、体ひとつで異国を舞台に奮闘するふたりの対談が実現した。  ひとりは、スタンダップの本場...

『報ステ』ウェブCM炎上で取り下げも 謝罪はなし? 19年にもセクハラ問題、差別意識が残る現れか…

 平日夜のニュースといえば『報道ステーション』(テレビ朝日系)を見ている人もまだ、多いだろう。  3月22日に同番組がYouTubeなどで公開したウェブCMが、世間から非難の...

渡辺直美、差別問題にブチギレていた! カズレーザーが的外れで謝罪、小倉は新たな勘違いコメント

 23日放送のフジテレビ『とくダネ!』にメイプル超合金のカズレーザーが生出演。オリンピック侮辱演出問題について渡辺直美に謝罪した。  この日は東京オリンピック・パラリンピック...

渡辺直美“侮辱問題”で蒸し返された浜田雅功の「安室奈美恵はサル」発言

 今回の騒動で、あの人は過去の発言を反省しただろうか。  3月19日、渡辺直美が自身のYouTubeチャンネルの生配信を行い、東京オリンピックの開閉会式を巡り、企画、演出の統...

黒人に植えつけた憎しみが白人社会に牙をむく──白人の前で黒人は話し方を調整! 人種差別とBLMの現実を撃つ本

 コロナ禍のアメリカで、白人警官が黒人男性を殺害した事件をきっかけに大きなうねりとなった抗議運動「BLM(ブラック・ライブズ・マター)」。全米各地で暴動や略奪行為も起き、さら...

高橋真麻、杉田水脈ら続出する差別議員を痛烈批判するも「老害」「メンヘラ」と過剰すぎてブーメラン炎上

 4日放送のフジテレビフジテレビ『バイキングMORE』(月~金曜11:55)でのフリーアナウンサー高橋真麻(38)の発言が批判を浴びている。  この日の放送では、足立区議会で...

『バイキングMORE』すでに迷走? ルッキズムを強調するひどい内容に、坂上忍さえも呆れ顔

 29日放送のフジテレビ『バイキングMORE』(月~金曜11:55)でリニューアル後の新コーナー「2時プロジェクト」の2回目が放送。テーマ選びに疑問が残る。  1時間拡大した...

「ALSは業病」で大炎上の石原慎太郎!「IQが低い」「ババア」「更年期」ほか、過去の暴言リスト

「それ、本気で言ってるの?」──そう言いたくなるような発言が、東京の元・首長によって発せられ、物議を醸している。  先週、多くの人に重い問いを投げかけたのが、難病のALSを患...
シンポジウム「AIと差別」成原慧さん基調講演

AIはなぜ“差別”するのか? AI時代の“人間”の生き方~シンポジウム「AIと差別」成原慧さん基調講演

 AI(人工知能)は業務の効率化・家電・結婚相談所など、わたしたちのさまざまな生活の場面で活躍しており、生活に切り離せないものになっています。わたしたちの生活を便利で良質なも...

SUGIZOの「ビジュアル系は差別用語」発言で思い出される「NHKポップジャム事件」

 LUNA SEA、X JAPANなどのギタリストとして活躍しているSUGIZOの発言が話題を呼んでいる。  先日のYahoo!ニュースのインタビューで、SUGIZOは「ビジ...
韓国芸能人の自殺報道の裏側

パク・チョンヒ政権の利権誘導で対立が悪化! いまだに根強い「 韓国国内の地域差別」

――学歴信仰や男尊女卑など、さまざまな差別意識がはびこっている韓国だが、地域差別もかなり深刻な問題だという。  保守派が多いとされる「日刊ベストストア(イルベ)」ではたびたび...

どんどん悪化する“日韓関係”、韓国人気YouTuberの差別禁止発言が関係修復の第一歩に?

 韓国の文喜相国会議長が今月14日、慰安婦問題に絡んで今年2月に当時の天皇陛下(現上皇陛下)に謝罪を求めた自身の発言について謝罪したが、徴用工問題をはじめとして、現在日韓関係...

「同性愛は異常」「障害者減らす」軽率発言の市議・教育委員が子ども以下! “老人”全体のイメージ悪化に

こういう人たちが「最近の若者は……」と発言するのだろうかと、思った人も多いかも。 茨城県教育委員の長谷川智恵子氏(71)が18日、県総合教育会議で「妊娠初期にもっと(障害の有無が...

部落出身作家の受賞後第一作 日本のマイノリティを描いた『異形の日本人』

『異形の日本人』(新潮社) 昔、京都旅行をしていて、何の気なしに"その"地域に足を踏み入れたとき、異様な感覚に襲われた。造りは普通の団地であるが、薄暗く、壁面は古びて茶々けていて...

アダルトメディアは女性差別か? 思想を押しつける横浜市の男女共同参画事業

横浜市公式ページより 「市民の半数がアダルトビデオに怒りを覚える街づくり」が横浜市で進んでいる。 事の発端は、横浜市が発表した「第3次横浜市男女共同参画行動計画(素案)」だ。これ...
人種タブー、差別表現タブーの今を追う!

『ちびくろサンボ』を殺したのは抗議事件か、メディア自身か

05年刊行の瑞雲社版『ちびくろサンボ』 長い間マスメディアの中に存在してきた、差別的ともとれる表現をめぐるタブー。しかし、メディア側の過剰ともいえる自主規制の結果か、近年では大き...
『笑撃!これが小人プロレスだ』著者インタビュー

「誰が小人を殺したか?」小人プロレスから見るこの国のかたち(後編)

一時は女子プロレス以上の人気を誇った小人プロレスの一幕。 前編はこちらから。  その体格を生かした究極のエンターテインメントとして、多くの観客を沸かせてきた小人プロレス。しかし、...
『笑撃!これが小人プロレスだ』著者インタビュー

「誰が小人を殺したか?」小人プロレスから見るこの国のかたち(前編)

そのスピードとテクニック、そして"笑い"に観客は酔いしれた。 今から7年前の2002年、東京の片隅で1人のレスラーが誰にも看取られることなく息を引き取った。リトル・フランキー、身...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

差別記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

U-NEXTが独占契約したHBOの危険な作品

 アメリカの大手テレビネットワークのHBOと...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真