日刊サイゾー トップ > 神戸山口組

神戸山口組の記事一覧 (7件)

山口組分裂問題の今後―いつ決着する? ヤクザ社会への影響は? あの噂の真相は?

六代目山口組と神戸山口組の対立はすでに雌雄を決しているといわれる中、山口組分裂問題は、この夏で6年が経とうとしている。ゴールデンウィークが明ければ、問題終焉に向けて大きく...
【現代ヤクザの基礎知識】

山口組はどうして分裂したのか? 不景気と厳罰化が生み出した「前代未聞の離脱劇」

 今さらながらではあるが、そもそも「山口組が分裂した理由」を理解している人は多くないのではないだろうか。一般的には、弘道会主導の六代目山口組運営体制に不満が募った勢力が201...
年末特別コラム【六代目山口組vs神戸山口組 2020】

山口組分裂騒動のキーマンとターニングポイント…誰がこの問題に終止符を打てるのか?

6年目に突入した山口組分裂騒動では、かつては同組織に属していた人物同士が時に対峙し、その後、手を握るような離合集散が起きてきた。そうした人の動きこそが、分裂騒動のターニングポ...
年末特別コラム【六代目山口組vs神戸山口組 2020】

六代目山口組分裂騒動の戦況を一変させた「髙山清司若頭の存在感」

六代目山口組と、2015年にそこから割って出た神戸山口組の対立は、今年大きな動きを見せ、六代目山口組の優位が確定的となったといえる。この状況に導いたキーマンといわれるのが、六...
年末特別コラム【六代目山口組vs神戸山口組 2020】

なぜ、六代目山口組は神戸山口組を圧倒したのか? あまりに強固だったヤクザの秩序と盃の重み

2015年に前代未聞の分裂という事態に見舞われた山口組。それから5年が経過した今年、状況は大きく変わった。六代目山口組と神戸山口組という対峙する勢力の優劣が決定的になったのだ...

六代目山口組と神戸山口組の分裂問題に年内決着はあるのか? 尼崎での銃撃事件が持つ意味

 山口組分裂問題は、昨年10月に六代目山口組の髙山清司若頭が出所して以降、同組の優勢がさらに強まり、いよいよ佳境へと突入したかと思われていた。事実、業界関係者の間では、年...

六代目山口組・髙山若頭の出所から1年…なぜ分裂問題は大きく動き出したのか

 10月18日に拙著『相剋 山口組分裂 激動の365日』(サイゾー刊)が出版される。  今から1年前、私は品川駅でテレビ局のカメラマンやリポーターと共に、ある人物が現れるのを...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

神戸山口組記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『青天を衝け』慶喜と栄一の再会シーンにおける虚実

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

石戸諭が語るメディアの問題点

 毎日新聞、バズフィードジャパン、そして現在は雑誌でテレビでとメディアを横断して活動す...
写真