日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 精液アレルギーで瀕死の状態に

彼氏の”アレ”をゴックンした女性がアレルギー発症→瀕死状態に

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

イメージ画像

 スペイン南東部の地中海に面したリゾート地のアリカンテで、31歳の女性が彼氏に口淫してその精液を飲み込んだところ、しばらくして嘔吐と呼吸困難を起こし、病院へ運び込まれるという珍事件が起こった。

 医師の診断は、アナフィラキシーによる急性アレルギー反応。このアナフィラキシーとはアレルギー反応の一種で、アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を摂取したり、接触したりして引き起こされる。呼吸困難や嘔吐、じんましんなどの症状があり、重篤な場合にはショックにより死に至ることもあるという。

 女性の命に別状はなく、1週間ほどの入院で退院できたが、ペニシリンに対してアレルギーがあるものの、セックスの前に薬を服用したり、変な食べ物を食べたりはしていないという。

 では、何が原因だったのか?

 医師が相手の男性についても調べたところ、耳の感染症の治療のために、アモキシシリン・クラブラン酸という、ペニシリン系の抗生物質をセックスの4時間ほど前に服用していたことがわかった。

 アレルギー反応を引き起こす原因としては初めて記録されたケースと見られ、精液内にわずかでもアレルゲンが含まれていると、アナフィラキシーを起こす可能性があるため、薬に対してアレルギーがある人はセックスの際にコンドームを使うべきだという。

 若年層の間では性行為による精液や膣分泌液を介した性感染症が広がっており、セックスパートナーを限定することが予防法として勧められているが、自分になんらかのアレルギーがある場合、これからは相手がどんな薬を服用しているかまで気をつける必要が出てきそうである。

最終更新:2019/03/18 18:00
関連キーワード

彼氏の”アレ”をゴックンした女性がアレルギー発症→瀕死状態にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

真空ジェシカ、尖り芸人じゃない?

 ニューヨーク、空気階段、やさしいズ……。TBSラジオのネタ番組『マイナビラフターナ...
写真