日刊サイゾー トップ > 海外  > 金属製ストローで60歳女性が死亡

脱プラスチック製ストローの落とし穴……金属製ストローが目に突き刺さり、60歳女性が死亡

イメージ画像(Photo By Personal Creations from Flickr)

 海の生態系に大きな悪影響を与えているということで、このところ大きく取り上げられている海洋プラスチック問題。世界的なコーヒーチェーンやファストフードチェーンでも、将来的にプラスチック製ストローの提供を廃止するなど、脱プラスチックの方向に進んでいる。

 それに伴い、紙製のストローが提供されるようになったり、金属製やガラス製のストローも販売されるようになっているが、そういった風潮に警鐘を鳴らす事件が起きていたことがわかった。

 イギリス南西部のドーセット州で昨年11月、60歳の女性が金属製ストローで負傷し、死亡したというのだ。

 現地メディア「INDEPENDENT」によると、この女性は21歳の時の落馬事故が原因で歩行がやや不自由になり、簡単に転倒してしまうこともあったという。

 さらに、亡くなる数カ月前からアルコール依存症を発症しており、毎日500ccほどのウォッカをオレンジジュースと混ぜて飲んでいたという。その際、メイソンジャーと呼ばれるフタ付きのガラス製広口瓶に酒を入れ、誕生日プレゼントでもらった金属製ストローをそこに挿していたのだが、これが思わぬ凶器となる。

 事故当日、女性はこのメイソンジャーを持ってキッチンに入ろうとしたところ、何かのはずみで転倒、金属製ストローが目に突き刺さってしまったのだ。

 その後、床に倒れたままの状態でいるところを家族に発見され、すぐさま病院に運ばれたが、診察の結果、ストローの先が脳にまで達していることがわかった。

 医師は助かる見込みがないと判断。家族の了解を得て生命維持装置を外し、女性は翌日に亡くなった。

 病院側によると、このような事故は初めてだといい、担当した検視官は「金属製ストローをフタに固定した形で使用するべきではない」と警鐘を鳴らしている。

 これと同じようなことが子どもにも起こる可能性は否定できない。そう考えると、いくら環境に優しくても、金属製ストローを使うのはためらわれる。柔らかい紙製ならまだ安全かもしれないが、自然資源を大量に使っては廃棄するという点では、環境に大きな負担を与えることに変わりはない。

 こうなったらもう、ストローは使わないようにするのが一番かもしれない!?

最終更新:2019/07/25 21:00
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真