日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 泥酔女性が下着姿でキャットファイト!

ドライバーの誘惑に失敗して諍いに⁉ 衆人環視の中、泥酔女性が下着姿でキャットファイト!

丸見えの下着を気にすることなくキャットファイトを繰り広げる2人

 街中で日常的にケンカを目にする中国では、女性同士が激しくやり合うのを見かけることも珍しくない。これまでにも当サイトではキャットファイトの模様を何度かお伝えしてきたが、先日は、酔った女性2人が衆人環視の中で互いの下着を大胆に見せ合う争いが起きた。

「三立新聞網」(8月3日付)などによると、江蘇省泰州市で7月29日夜、2人の女性がタクシーに乗車した。2人はだいぶ酔っていたようで、ピンク色のワンピースを着ていた女性が運転席に手を伸ばし、ドライバーの服を引っ張りだした。誘惑して、タダで乗せてもらうつもりだったのだろうか? ドライバーは周りからあらぬ誤解を受けるのを恐れ、すぐにクルマを止めて2人を降ろした。

 するとクルマから降りるや、2人は大声で騒ぎ始めた。ピンク色のワンピースの女性は携帯電話が見つからないと泣きわめき、もうひとりの白いTシャツにデニムのミニスカートをはいた女性は、ドライバーの腕をつかみ、乗車させない理由を問いただす。何も知らない人が見たら、ドライバーが女性を泣かせ、その友人に責められている構図に見えるだろう。騒ぎを聞きつけ、野次馬根性丸出しの聴衆が集まってくると、ドライバーは2人を振り切ってその場を離れた。

 感情をぶつける相手がいなくなってしまったからだろうか。なぜか今度は2人が取っ組み合いのケンカを始めた。大声を上げ、地面を転び回りながら互いの服を剥ぎにかかった。白Tシャツの女性がブラジャーをあらわにしたかと思えば、ピンクワンピースの女性はM字開脚でパンティを披露。いったいどれだけ飲めば、友達同士でここまでの大立ち回りができるのだろうか? 酒のせいというより、2人とも気性の激しい性格だったのかもしれない。

 2人には女子プロレス団体でも設立して、そのあふれる闘志を存分に発揮してもらいたいものだ。

(文=中山介石)

 

最終更新:2019/08/13 18:00
こんな記事も読まれています

ドライバーの誘惑に失敗して諍いに⁉ 衆人環視の中、泥酔女性が下着姿でキャットファイト!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...
写真