日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 短小ほど稼ぐことが英調査で判明!

短小諸氏に朗報! ペニスが小さいほど稼ぎが多いことが英調査で判明 ! 8センチと20センチで収入格差は400万円以上

文=ケニー草間

短小諸氏に朗報! ペニスが小さいほど稼ぎが多いことが英調査で判明 ! 8センチと20センチで収入格差は400万円以上の画像1

 巨根であることが必ずしも裕福になれるというわけではないことが判明した。新たな調査結果によると、高額所得者の中には小さなペニスの持ち主が少なくないということがわかったのだ。

 これを報じたイギリスのタブロイド紙「ザ・サン」の記事によると、イギリスのショッピングサイト「OnBuy.com」が997人の男性に行なったアンケートで、職業、給料、そしてペニスの大きさを質問し、ペニスの大きさと給料の高低との関係を調べたのだという。

 その結果、ペニスの長さが3インチ(約7.6センチ)の男性の平均年収は5万8000ポンド(約812万円)と高収入である一方、7インチ(約17.8センチ)、8インチ(約20.3センチ)の男性は、それぞれ3万8000ポンド(約532万円)、2万7000ポンド(約378万円)と、3インチの男性に比べて年収がかなり低いことがわかった。

 また、仕事において最近5年間で昇進した回数を見ると、4インチ(約10.2センチ)の人が平均2.9回で最も多く、3インチの人が2.1回でそれに続いている。ちなみに8インチ以上の人の平均は0.5回である。

 職業別で見ると、6インチ(約15.2センチ)、7インチの人の中では肉体労働者が最も多い割合を占め(それぞれ59%、16%)た。一方、8インチ以上の職業で最多だったのは芸術関係。6インチ、7インチでも肉体労働者に次いで2位の割合を占めていた。

 その一方、医療関係者のペニスサイズは平均的で、金融関係は小さめの人が多く、3インチの人の中では最も多い割合を占めていた。また3インチの人の割合では法律関係の人がそれに続いている。

 つまり、小さいペニスの持ち主のほうが昇進する回数が多く、一般的に高給取りとされる職業に就いている人のほうが、小さいペニスの人の割合を多く占めているというわけである。

「大きいことはいいことだ」はベッドの上だけの話で、給料に関しては「スモール・イズ・ビューティフル」のようである。短小に悩む男性も、これを根拠に自信を持って女性を口説いてみてはいかがだろうか。

ケニー草間

最終更新:2020/12/27 12:00
関連キーワード

短小諸氏に朗報! ペニスが小さいほど稼ぎが多いことが英調査で判明 ! 8センチと20センチで収入格差は400万円以上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

田中雄士、遅咲きヒーローのヒップホップという表現方法

──キックボクシングで世界を制覇し、実業家としても成功を収める男が次に着手したビジネスは...
写真