日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 元芸人語るトーク番組のトラウマ級の難しさ

くりぃむ上田『トーク検定』ほか新トーク番組続々! 元芸人語るトラウマ級難しさ

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

くりぃむ上田『トーク検定』ほか新トーク番組続々! 元芸人語るトラウマ級難しさの画像1
上田晋也(写真/GettyImagesより)

 今回は少し毛色の違った軽掘りを。僕のコラムを楽しみにしてくれている読者の方はもちろん、売れることを目標に邁進している若手芸人にも読んでいただきたい。

 芸人が売れるために必要なスキルは2つある。

 ひとつは発掘してもらうために必要な”ネタ”というスキル。もうひとつは発掘してもらった後、入れ替わりの激しい芸能界で生き残るために欠かせないスキルである”トーク”だ。

 お笑い芸人が活躍する番組において、ネタを披露する番組を除くとほぼトーク番組といっても過言ではない。10年以上前から放送されている『アメトーーク!』(テレビ朝日系)や『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ)はもちろん、ほかにもトークをメインとした番組が増えつつある。

 最近でいうとくりぃむしちゅーの上田さんと売れっ子の若手芸人達のトーク番組『上田晋也VS人気芸人トーク検定』(フジテレビ)や複数の女性タレントを集め、ゲストの男性タレントをトークで丸裸にしていく『トークィーンズ』」 (フジテレビ)など。

 今回はこの”トーク”について元芸人目線で掘り下げようと思っているのだが、間違いなくマニアックなコラムになるはずなので、あえて軽掘りジャンルでお届けしようと思う。

“トーク”とひとくくりにしても、実はいくつものジャンルにわかれている。若手芸人がまず最初に必要とされるのは「エピソードトーク」だ。

 先述した『上田晋也VS人気芸人』や、トーク番組の金字塔と言われている『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ)でよく見かけるトークだが、何かのエピソードが紹介され、そのエピソードをお題にしたトークを展開するというパターンだ。このパターンは基本的に事前にエピソードに関するアンケートを渡され、そのお題に対して「こういうトークが出来ます」という話をいくつか用意し、当日までに番組のディレクターと何を話すか検討し、選ばれたエピソードを本番で話す。

 これは比較的、楽なトークパターンで、ある程度話の筋も決まっているし、オチも考えられるので笑いになりやすい。落ち着いて考えた通りの話ができるのであればそこまで苦にならないが、MCが大物の場合、要注意である。

 目の前に明石家さんまさんや、くりぃむしちゅーの上田さんがいると想定してほしい。舞い上がってしまいパニックに陥る可能性があるのだ。一度パニックに入るとそこからは手が付けられない状態になる。

 思ったところでウケない→笑いをとろうとしてトークに関係ないボケをする→それについてMCに「どういうこと?」と聞かれうまくこたえられない→目が泳ぎ汗が噴き出て周りの出演者も助けられなくなる→自分の順番が終わる。という、マイナスの連鎖が発生する。突発的に売れてしまうとこの現象が多発するが、結局そこを乗り越えて徐々に慣れていくという方法しか解決策は無い。

12

くりぃむ上田『トーク検定』ほか新トーク番組続々! 元芸人語るトラウマ級難しさのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

NHK紅白の時代遅れ感が露呈?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

釈由美子、初めての海外映画『ロックダウン・ホテル』出演で怪演を魅せつける!

 コロナを予見したと話題のパンデミックホラー映画『ロックダウン・ホテル 死・霊・感・...
写真