日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 元芸人語るトーク番組のトラウマ級の難しさ

くりぃむ上田『トーク検定』ほか新トーク番組続々! 元芸人語るトラウマ級難しさ

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

若手にはさらなる恐怖のアドリブトーク

 パニックに陥るという点で、一番多いのはアドリブのトークだ。

 22日に放送された『上田晋也VS人気芸人』ではそのアドリブ力がかなり試されていた。

 エピソードトークが一通り終わると、上田さんが「〇〇はそんな話ないの?」と問いかけるシーンがいくつか見られたが、番組後半はほとんどがアドリブであった。さすが“トーク検定”という名前の番組だけあり、ウケないところもそのまま放送している。

 ただ勘違いしないで欲しいのは、番組中人気女性芸人・ぼる塾のきりやはるかさんが滑っているという見せ方をされていたが、彼女はキャラクターもあり、滑ろうがウケようが関係ない。むしろ何を考えているかわからないのが良しとされるキャラなので、訳が分からず滑っているほうが彼女としては正解だ。

 MCの上田さんも彼女が滑るとわかっていても話を聞くし、つっこむ。これが本当に滑ってしまい場の空気を壊すようなキャラであれば、あそこまで話を振ることはしない。ウケないところもそのまま放送しているというのは、トーク終わりでこれといったフォローもなく、笑いも少ないメンバーのことだ。さらにやばい芸人は、トークしてないことになっている。

 つまり画面には映っているが、まったくトークしていない芸人こそが。本当に滑っているということになるのだ。さすがのトーク検定でも本当に滑っている人は放送しない。だからいるかどうかわからない芸人が、真のやばかったメンバーということになる。

 正直トークが苦手だという若手芸人は多い。しかし、僕から言わせてもらうと今は随分と楽な時代になっている

 たとえ滑って変な空気になったとしても必ずMCが助けてくれるし、ボケなかったとしても「ボケろや!」とつっこんでくれるはず。普通の話をしても「マジメか!」と言って笑いを起こしてくれる……正直この時代だったらどれだけやりやすかったか!

 僕が若手のころに大御所と一緒にトークをする機会があったが、ほとんどの大御所はボケとしてのクオリティが低かったり、ボケが浮かばずにパニックになっていると何もしゃべらずに無視をして、一呼吸おいて次の話をし始める。

 どういうことかおわかりだろうか?

 それは編集でそこをカットしてもらう間、つまり今の話はオンエアで使わないということなのだ。今のように使うか使わないかわらないが、とりあえず突っ込んでくれるなんて先輩はいなかった。本番中に無視をされ、使われないという現実を突きつけられることがどれだけきつかったか。はっきりいってトラウマになるレベルで、それで芸人を辞めていった者も少なくはない。

 今は本当に優しい時代になっている。昔のように無視をする先輩は少なくなっていて、どんな事をしてもフォローをしてくれると思えば怖いものなんてない! 何もしなければ0だが、何かすれば最低でも1になる。自信があろうが無かろうがとにかくやるべし!

 甘い時代に甘ったれない芸人になることが売れる為に必要とされる第三のスキルであり、最も意識すべき事なのかもしれない。

 

檜山 豊(ひやま・ゆたか)

檜山 豊(ひやま・ゆたか)

1996年お笑いコンビ「ホーム・チーム」を結成。NHK『爆笑オンエアバトル』には、ゴールドバトラーに認定された。 また、役者として『人にやさしく』(フジテレビ系)や映画『雨あがる』などに出演。2010年にコンビを解散しその後、 演劇集団「チームギンクラ」を結成。現在は舞台の脚本や番組の企画などのほか、お笑い芸人のネタ見せなども行っている。 また、企業向けセミナーで講師なども務めている。

Twitter:@@hiyama_yutaka

【劇団チーム・ギンクラ】

最終更新:2021/11/03 18:00
12

くりぃむ上田『トーク検定』ほか新トーク番組続々! 元芸人語るトラウマ級難しさのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

有村架純と森田剛が共演『前科者』レビュー

 寄り添うという言葉は、柔らかいイメージがあ...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真