日刊サイゾー トップ > ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカの記事一覧 (63件)

ディーン・フジオカ「仕込みまくってました」来年には日本脱出を激白!新天地は?
 1月19日放送の『突然ですが占ってもいいですか?2時間SP』(フジテレビ系)のゲストにディーン・フジオカが登場。手相や姓名判断、顔相などさまざまな要素を組み合わせたオリジナ...
『推しの王子様』SNS大反響で今期ダークホースに浮上? 人気の原動力は「美しい男対決」と「推しの尊さ」語り
 比嘉愛未が主演する連続ドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)が15日にスタートした。比嘉は、適応障害の治療で降板した深田恭子の後を受けての緊急登板で、事前の前評判も高くなか...
『青天を衝け』ついに土方歳三が登場!「両足の裏に五寸釘」残虐すぎて映像化不可能な“鬼の副長”の所業
──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...
“爆死俳優”の汚名返上できず!? フジテレビ「月9枠」にディーン・フジオカ起用で大惨敗
「だから、言わんこっちゃない!」といったところか……。  フジテレビは今クール、看板ドラマ枠“月9”で放送した連続ドラマ『シャーロック』の主演に、業界内では“爆死俳優”とも称...
フジテレビの大失策!? “月9”ディーン・フジオカと“火9”阿部寛の「枠」が逆なのでは?
 今クールのフジテレビ系の連ドラの枠を見て、疑問をもった視聴者も多いことだろう。  一時の低迷から復活を遂げたといってもいい、看板ドラマ枠“月9”『シャーロック』の主演が、“...
ディーン・フジオカ、月9ドラマが好発進で”爆死俳優”の汚名返上か? それでも残る不安要素
 フジテレビの看板ドラマ枠“月9”は真に復活を遂げたのか?  ディーン・フジオカが主演を務める同枠ドラマ『シャーロック』の初回が7日に30分拡大で放送され、視聴率は12.6%...
フジ月9ドラマ、せっかく復調したのに! 10月期ディーン・フジオカ主演作に不安の声ばかり
 フジテレビの看板ドラマ枠“月9”の10月期の作品が、ディーン・フジオカが主演する『シャーロック』だとわかり、業界内外では早くも不安視されている。  かつて、我が世の春を謳...
主演ドラマで高橋一生が歌手デビュー! ディーン・フジオカの二の舞を心配する声
 4月13日スタートのドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系)で、俳優の高橋一生が主題歌を担当。「きみに会いたい -Dance with you-」という楽曲を歌うのだが、彼の...
ディーン・フジオカ主演のSPドラマ、予想通りの“大爆死”に見る「フジテレビの八方塞がり」
 1月6日に放送されたディーン・フジオカ主演のスペシャルドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』(フジテレビ系)の視聴率が7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だっ...
ローラ、胸が“いつの間にか”巨大化し、ネットは騒然!「浜崎あゆみみたいに落ちぶれたら」と心配の声も……
 俳優のディーン・フジオカが11月28日、自身のInstagramにてモデルのローラとの2ショットを公開したのだが、そこに写るローラの容姿が現在ネットで話題となっている。  ...
有働由美子アナウンサーの人気がNHK時代から急落!? 世間の評価が一変した芸能人3人
 今年3月いっぱいでNHKを退職した、有働由美子アナウンサーの評価が一変している。NHK時代は、V6・井ノ原快彦と司会を務めた『あさイチ』が好評だった有働アナ。フリー転身後の...
ディーン・フジオカ、広瀬すず、菜々緒に続き、新垣結衣も日テレ絶縁か!?
 少し前までは、フジテレビのドラマが爆死連発で、出演すると「俳優の商品価値が暴落する」と敬遠されたものだが、今や日本テレビのほうがフジ以上の“危険な局”になったのかもしれない...
新しいドラマの扉開けた翻訳ドラマ『モンテ・クリスト伯』次回はシェークスピアかドストエフスキーで?
 いよいよ最終回を迎えた『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。2時間スペシャルで描かれたその結末は、原作を踏まえながらもオリジナルな展開も多かった。  視...
『モンテ・クリスト伯』9週目で打ち切り? 口から液体を吐きながら白目で倒れる様子は「まるでエクソシスト」
 海外の古典の名作を現代の日本を舞台に焼き直した『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)も次週が最終回。9話での最終回に「打ち切りか?」と思われたが、次回は2...
ディーン・フジオカ、イベント現場でも“凋落”顕著!? わずか1年でマスコミ集客が激減……
 現在放送中の主演ドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)が平均視聴率5%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に低迷し、“爆死”状態のディーン・フジオカ。そ...
『モンテ・クリスト伯』大倉忠義の純愛すぎる想いが人を殺す……ついに山本美月が“おディーン様”にあの告白
『岩窟王』の名で知られる名作を現代の日本を舞台に焼き直したドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。無実の罪で収監されたのち脱獄、巨額の富と知性を手に舞...
『モンテ・クリスト伯』稲森いずみが実の子の前で犯されかけるAV展開……米朝首脳会談中止の速報がかぶる奇跡も
『岩窟王』の名で知られる名作を現代の日本を舞台に焼き直したドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。無実の罪で投獄させられ、復讐の鬼と化したモンテ・ク...
山口紗弥加の悪魔ぶりが最高『モンテ・クリスト伯』果たして葉山奨之の芝居は下手なのか? 狙いなのか?
 日本でも『巌窟王』として知られる170年前の原作を下地とし、現代の日本版に「脚色」したドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。  無実の罪で投獄され...
『モンテ・クリスト伯』森友問題に仮想通貨暴落、視線入力まで登場! それでいて中身のドロドロは“現代の大映ドラマ”か
 日本でも『巌窟王』として有名な約170年前の名作を下地とし、現代の日本的に「翻訳」したドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。  無実の罪で投獄され...
フジテレビ『モンテ・クリスト伯』原作に忠実かつエグい展開……“どろどろの復讐劇”が本格化
 日本でも『巌窟王』として有名な170年前の名作を下地とし、無実の罪で投獄された男の壮大な復讐を描く『モンテクリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。脱獄し、莫大な財産...
数カ国語を操るおディーン様を堪能できる『モンテ・クリスト伯』見た目がまんまなのは大丈夫か?
 日本でも『巌窟王』として有名なアレクサンドル・デュマの名作『モンテクリスト伯』(1841年)を現代の日本を舞台に「翻訳」ドラマ化した『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』...
『モンテ・クリスト伯』打ち切りか? ディーン・フジオカ“大爆死”で『セシル』『HEAT』超えの危機
「低視聴率キング」の不名誉な称号は、この男に引き継がれるのだろうか?  4月19日に始まったディーン・フジオカ主演のドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ系...
ディーン・フジオカ完全終了!? 単独初主演『モンテ・クリスト伯』が壮絶爆死で、汚名返上どころか恥の上塗りに
“逆輸入俳優”ディーン・フジオカにとって、初の単独主演ドラマとなった『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系/木曜午後10時~)が19日に放送開始したが、初回視聴率...
ディーン・フジオカ『モンテ・クリスト伯』初回から低視聴率5.1%……この先“復讐”できるのか?
 日本でも『巌窟王』として有名なアレクサンドル・デュマの名作『モンテ・クリスト伯』(1841年)を現代の日本を舞台にドラマ化した『モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─』(フジテ...
ディーン・フジオカの人気に陰り!? 謎の「単独初主演ドラマ」と、主演映画の思わぬ苦戦
 人気俳優ディーン・フジオカに、ちょっとした“異変”が起きている。甘いルックスで年配女性のハートをガッチリつかんでいるかにみえたが「緩やかではありますが、人気に陰りが見え始めて...
高橋一生、綾野剛、ディーン・フジオカ……スタイリストも苦笑する“私服がダサい”男性芸能人たち
 俳優・高橋一生が女優の森川葵との熱愛に加え、“私服がダサい”ということで、ネットを大いに賑わせている。高橋が「FLASH」(光文社)に撮影された私服は、変装を意識したためな...
ディーン・フジオカの連ドラ“単独初主演”作『モンテ・クリスト伯』、どう考えても「爆死濃厚」な数々のワケとは?
“逆輸入俳優”ディーン・フジオカが4月期にフジテレビ系「木10」枠でオンエアされる『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』で、単独では初の連ドラ主演を務める。  ディーンは、昨...
ディーン・フジオカ“単独主演”に漂う「日テレ&武井咲」への恨み節
 ディーン・フジオカが4月スタートのドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系)で、連ドラに“単独”初主演することが決まった。  今作で“復讐の鬼”という役ど...
ディーン・フジオカは「歌声もCD売上も微妙」!? “アイドル並みの特典商法”もオリコン12位で……
 俳優のディーン・フジオカの2nd EP「Let it snow!」(A-Sketch)が初週売上8,156枚を記録し、オリコン週間CDシングルランキングで初登場12位だった...
菅田将暉、ディーン・フジオカ……低評価でもマイクを離さない「歌うな俳優」たちのナゼ
 かつては反町隆史や玉木宏あたりがそのポジションだったように思う……。俳優の菅田将暉が、またしても“歌う”のだという。  現在、人気若手俳優として映画やドラマに引っ張りだこの...
ページ上部へ戻る

ディーン・フジオカ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真