文学の記事一覧 (10件)

月刊サイゾー4月号発売!

文学タブー事情/シャブ報道の功罪/おっぱい学

小説がまったく売れない──。今に始まったことではないが、文芸作品が本当に売れないようだ。大ベストセラー『火花』の影響で純文学が脚光を浴びたが、それはごくごく一部の話。ある作家はS...
続きを読む
女性の喜ぶツボがわかる!?

男性声優が昔話を官能的に朗読するCDが話題に

『官能昔話2』 誰もが知っている『一寸法師』や『かぐや姫』などの昔話。それに官能的なアレンジを加え、さらに男性声優がエロティックに朗読してくれる『官能昔話』なるCDが、腐女子を中...
続きを読む

SFにも女流作家の波! 小松左京賞に作歴わずか1年の森深紅

受賞した森さんは終始緊張した面持ち。 1日、都内のホテルで第9回小松左京賞(主催・角川春樹事務所)の授賞式が行われ、『エスバレー・ポワンソン・プティタ』の森深紅(もり・みくれ=応...
続きを読む

『文学賞メッタ斬り!』が文壇に取り込まれる!?

それでも、直木賞作家・石田衣良が天然発言を繰り広げる章「受賞作家の逆襲・下」は必見&必笑! 出版業界にあって批判がタブーな作家たちを小気味よく斬り倒して熱烈な支持を集めてきた『文...
続きを読む

世界は「モテない男」が救う! 本田透の痛快すぎる文学論

『世界の電波男』/本田透 自由恋愛市場”の敗者として蔑まれるオタクの救世主『電波男』(三才ブックス)が帰ってきた! 著者・本田透氏が、「萌え」の力によって、オタクは(脳内)恋愛の...
続きを読む

「浮気はしません!」佐藤江梨子の恋のお相手は、あの大作家!

サトエリ、ついに恋人出現か!? 本日6月18日、東京都渋谷区の会場にて、太宰治生誕100年記念映画『斜陽』の制作発表が行われた。会場には、ヒロインのかず子を演じる佐藤江梨子をはじ...
続きを読む

芥川賞作家・金原ひとみが極秘出産!?

04年に綿矢りさとともに芥川賞を受賞した金原ひとみが、なんと、昨年出産していたという――。「一部の週刊誌などで結婚は報じられましたが、お相手は集英社の“イケメン”担当編集者。夫が...
続きを読む

絶好調の川上未映子 文芸編集者が語る氏の“実力”とは?

『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞した作家の川上未映子。これまでにミュージシャンとして3枚のアルバムをリリースした才色兼備の持ち主で、マスコミでもその美貌は大きくもてはやされてい...
続きを読む

パンチラ狙う不届き者も? 文学賞贈呈式での報道陣の過熱ぶり

芥川賞を受賞した川上未映子氏 2月22日、東京都千代田区の東京會舘にて「第138回芥川賞・直木賞贈呈式」が行われた。今回の受賞作は、芥川賞が川上未映子氏の『乳と卵』、直木賞が桜庭...
続きを読む

サルでも書ける方法教えます! 激ウマ(!?)ケータイ小説のレシピ

映画化までされたヒット作『恋空』/美嘉・スターツ出版 出版不況が長引く中、ベストセラー連発でひとり気を吐くケータイ小説。若年女子層向けに特化したコンテンツは、マンガはもちろん、ド...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

文学記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...…
写真