日刊サイゾー トップ > 萩原雄太(演出家・劇作家・ライター)

萩原雄太(演出家・劇作家・ライター)の記事一覧 (15件)

萩原雄太(演出家・劇作家・ライター)
演出家・劇作家・フリーライター。演劇カンパニー「かもめマシーン」主宰。舞台芸術を中心に、アート、カルチャー系の記事を執筆。

Twitter:@hgwryt

ライター実績ページ

はぎわらゆうた

世界に衝撃を与えた劇団チェルフィッチュに密着したドキュメンタリー 私達が失った「想像」を取り戻す演劇の裏側
「遊べる」がコンセプトで大躍進中!──「軽はダサい」はもう古い考え? オトコたちが乗る軽自動車の事情
新型コロナで陰謀論が急拡大!「バカが騙される」は間違っている…誰もが感染する陰謀論への対処法
野党の停滞と、言葉が死んでる総理大臣 中島岳志が見る2021年衆院選の行方
「選挙に行こう」だけでは意味がない 中島岳志が考える政治の本質
月9『朝顔』で存在感見せる望月歩 大河・朝ドラまでこなす若手俳優、21年の展望は?
都知事選・小池当選の裏で“勝った”のは結局自民党、解散総選挙は秋? 立民凋落で維新が野党第一党に!?
小池百合子はテレビ討論から逃亡で戦わずして勝利、左翼共闘失敗よりも不気味な桜井誠の17万票
「ちょっと落ち着きませんか?」なぜ積極的に語りかける? 平田オリザが語るコロナ禍と誤解
安倍首相、どさくさまぎれの「改憲に意欲」緊急事態宣言延長で振り返る日本の新型コロナ
トランプ大統領も踊らされる新型コロナのデマ…「中国の生物兵器」と陰謀論を唱える人々の思惑
「いつかはハロプロを撮りたい!」女優、そして映画監督。小川紗良、初の長編映画
「緊急事態宣言」がゆるいのは憲法せいじゃない! 安倍政権の改憲案の問題点とは?
手塚治虫は『陽だまりの樹』で感染症をどう描いたのか? マンガがつきつける「蔓延後の世界と生命への問い」
【障害者殺傷事件初公判】被害者の”匿名報道”の裏に、マスコミが助長した障害者差別の歴史
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed