> カルチャー

カルチャーの記事一覧 (3000件)

「カルチャー」のニュース記事一覧。カルチャーに関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

絶妙なカオス感が楽しい……世界はどこもだいたい変で面白い「ツーリズムEXPOジャパン2018」

 日本最大の観光イベント「ツーリズムEXPOジャパン2018」が9月20日~23日の4日間にわたり、東京ビッグサイトで開催された。  このイベントは、強いていえば観光産業のた...
続きを読む

開いててよかったコンビニ美談の衝撃的裏事情!! 禁忌本『コンビニオーナーになってはいけない』

 おにぎり、お茶、スイーツ、雑誌の購入に、銀行口座や公共料金の振り込み……。今や街のインフラとして、24時間営業のコンビニエンスストアは欠かすことができない存在となっている。...
続きを読む

『アズールレーン』あまりに売れすぎて……中国政府が規制の可能性も!?

 スマホゲーム『アズールレーン』のアニメ化が発表され、さらに注目を集めている。中国のビリビリ動画の子会社が開発し、日本ではYostarが運営を行っている、このゲーム。一説には...
続きを読む

量産される「底辺バーチャルYouTuber」……次の一手は“エロ配信”しかない!?

 気がついたら、当たり前の存在になってきた、バーチャルYouTuber(VTuber)。毎日のように、新しいVTuberはデビューを続けている。さらに『Vカツ』を筆頭に、誰で...
続きを読む
アメリカ兵 によるレイプ事件から婦女子を守るため……

消滅した売春街「真栄原新町」と沖縄の「もうひとつの戦後史」

 かつて「真栄原新町」と呼ばれる街が、沖縄に存在した。  移設問題で揺れる普天間基地のすぐ近くにあるこの街では、「ちょんの間」と呼ばれる売春宿が営業しており、アルミサッシのガ...
続きを読む

たまにクレーマーも来るらしいが……全国図書館で続々導入の「雑誌スポンサー制度」の意義

 図書館のスポンサーになって雑誌を購入すれば、広告が出せる。茨城県など全国の図書館で、そうした取り組みが始まっている。  各地の図書館で行われているこの取り組みは、雑誌購入費...
続きを読む

中国政府の『モンスターハンター:ワールド』禁止はどうなった? 理由は同業者からの告げ口だった

 8月上旬、全世界向けに配信が行われているPC版『モンスターハンター:ワールド』が中国で配信を禁止され、ゲーム業界に波紋を広げた。巨大な市場として注目される中国市場が抱えるリ...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.24

伝統美とおバカの核融合! 古都の山奥にたたずむ、格調高き愛の城「ラブキャッスル」

 石窟庵(せっくつあん)と仏国寺(ぶっこくじ)。その名の響きに『行け!! 南国アイスホッケー部』(少年サンデーコミックス)読者なら思わず「はーん」となるであろう、2つのユネス...
続きを読む

オッサンが読んで感動してちゃダメだ。いま人生を燃やしたい人だけが読むべき本。外山恒一『全共闘以後』

「一度お会いしたいのですが、ご都合はいかがでしょうか?」  新著『全共闘以後』(イースト・プレス)の出版を控えた外山恒一から、丁寧な連絡をもらったのは9月中旬のことであった。...
続きを読む

描き下ろしやペーパーにも原稿料を払う「少年ジャンプ+」の常識は、業界の常識になるのか

 出版社ごとのマンガ家の待遇をめぐっては、毎日のように議論が巻き起こるもの。とりわけTwitter上では、ちょっとした発言をきっかけに「○○社は待遇が悪い」「編集者が酷い」な...
続きを読む

もはや出版社はアテにならない……文章書きにも増えた商業よりも同人誌で稼ぐスタイル

 同人誌で発表された作品が、出版社を通して改めて書籍化される流れは、もう珍しくなくなった。それどころか、Twitterで発表してバズった作品が、そのまま単行本になるのも当たり...
続きを読む

ヘビーユーザーが少なければうまくいきそう!? 日本でも映画館で「映画定額見放題」は実現するか

 アメリカでにわかに注目を集めているのが、映画館で映画が定額で見放題になるサービス。いまだサービスが定着するかは不透明だが、日本なら普及するのではないかと、関係者は熱い視線を...
続きを読む

『この世界の片隅に』の真木太郎プロデューサーが放つ<終わりなき、絶望。> 北村龍平監督最新作『ダウンレンジ』

 北村龍平監督の最新映画『ダウンレンジ』が、いよいよ9月15日より、新宿武蔵野館ほかで公開される。  実写映画『VERSUS -ヴァーサス-』『あずみ』『スカイハイ 劇場版』『...
続きを読む
映画『愛しのアイリーン』公開記念インタビュー

苦労して築き上げた世界を一瞬で壊すのが快感!! 孤高の漫画家・新井英樹が独自な世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが、ここに原作ファンのみならず、原作者からも愛される幸せな映画が誕生した。熱烈なファンを持つ...
続きを読む

「す、すげえ ごはん7杯目だっ!」料理マンガの巨匠・土山しげる氏の遺作 トラック野郎が東北を巡る『流浪のグルメIII 東北めし』

 料理マンガの人気が続いている。『孤独のグルメ』(扶桑社)、『深夜食堂』(小学館)等のヒットを皮切りに、その後も『いつかティファニーで朝食を』(新潮社)、『ラーメン大好き小泉...
続きを読む
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

まるで医療版『北斗の拳』! ハイテンションすぎる医師マンガ『スーパードクターK』

 今も昔も医療マンガの頂点といえば『ブラック・ジャック』ですが、近年の医療マンガのトレンドは、いかにリアルな医療現場を描くかになってきていますね。『コウノドリ』『ブラックジャ...
続きを読む

「漫画村」は消えても……まだ続いているブロッキング論議 海賊版サイト対策はどうなってる?

 世間を騒がした海賊版サイト「漫画村」を契機とした政府による海賊版対策。その議論は、いまだ続いている。政府の知的財産戦略本部による「インターネット上の海賊版対策に関する検討会...
続きを読む

祝福ムード満載!! 愛する人の数だけ「初音ミク」が存在している幸せな世界

 先日、筆者が記した初音ミクと結婚した、近藤顕彦さんの記事(記事参照)。11月には結婚式も開催することを予定している近藤さんは、今や話題の人物だ。気がつけば、あちこちのメディ...
続きを読む

『ラブプラス EVERY』が、まったく始まらない! 「配信はいつ?」と落胆の声も……

 昨年リリースが告知された『ラブプラス EVERY』が、8月末になり二度目の配信延期を発表し、落胆が広がっている。 『ラブプラス』といえば、いわずと知れた恋愛ゲームの金字塔。...
続きを読む
現役女子大生ソープ嬢、吉原でおち〇ぽエンターテイナー目指す!

緊張の初出勤、初めてのお客さんは……

 こんにちは、@meswankoです。実は私、現役女子大生ソープ嬢として吉原で働きながら、おち〇ぽエンターテイナー目指して日々修業しています。おせっせだいしゅき! セックス i...
続きを読む

講談社も小説投稿サイトに参入……これは、戦国時代の始まりか?

 小説投稿サイトの新たな時代が始まるのか。  講談社が、未来創造の「トークメーカー」を引き継ぎ、小説投稿サイト「NOVEL DAYS」を公開した。 「トークメーカー」は、通常...
続きを読む

大田区じゃなければできないオタクのカオスがレベルアップ!「蒲田国際フェスティバル2018」開催へ!!

 いったい、大田区はどこに向かっているのか。近年、オタクの街かつ「コスプレ発祥の地」を名乗る大田区が、また新たな催しを投入してきている。  10月6日に開催が予定されている「...
続きを読む

バブリーダンスの次はこれが来る!? 原宿を騒がす謎の集団「ケケノコ族」を直撃!

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、リライトしてリバイバルした、竹の子族ならぬ「ケケノコ族」だ。  見た目は似ているものの、不...
続きを読む

いよいよ来年で30周年……恒例「an・an」の“セックス特集”は誰得の企画なのか

 1年に一度の楽しみといわれる「an・an」(マガジンハウス)のセックス特集号が今年も発売され、話題となっている。女性誌である「an・an」のセックス特集は1989年に始まっ...
続きを読む

殺人未遂容疑で逮捕の”綾瀬コンクリ殺人事件”元少年「いま思えば人間だとか思ってなかった」

 昭和と平成が入れ替わる1988年末~1989年、足立区で起こった「女子高生コンクリート詰め殺人事件」は、日本中を震撼させる事件だった。犯行グループとなった当時15~18歳の...
続きを読む

間違ってるんだから直したらどうだい? Facebookのヌード規制システムが“ガバガバ”すぎる

 昨今、暴力やポルノ表現、あるいは「ヘイトスピーチ」をはじめ、さまざまな発言に対してSNSのサービスを行う企業の規制は強まっている。  とりわけユーザーの多いTwitterや...
続きを読む

追悼・さくらももこさん──『ちびまる子ちゃん』が“復活・再ブレーク”させた往年のスターたち

『ちびまる子ちゃん』の作者として知られる漫画家のさくらももこさんが8月15日に乳がんで亡くなっていたことがわかった。53歳だった。さくらさんは10年あまりにわたって闘病生活を...
続きを読む

改めて知る川原泉のスゴさ──金足農業高校フィーバーで『甲子園の空に笑え!』が大注目

 今年の甲子園大会で怒濤の快進撃を見せ、一躍注目を集めた金足農業高校。野球部員が甲子園へと出発する時は、父兄など20人ほどが見送っただけなのに、帰ってきた時には1,000人あ...
続きを読む

また始まったTwitter凍結祭り! 残るも地獄、去るも地獄の中で“次のSNS”の選択肢は?

 お盆休みの明けた8月16日頃から、またTwitterの凍結祭りが始まり、話題となっている。  Twitterが不正を働いていたり許容できない発言をしているとみなしたアカウン...
続きを読む

出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルス嬢……男たちはなぜ体を売る?

「むなしくなるときがあります。お金で出張ホストを買ってむなしくならないのかと世間は女性に言うかもしれないけど、出張ホストもむなしくなるときがあるんです」  ある出張ホストは、...
続きを読む

アニメ版『BLEACH』は“音楽界の死神”か? サンボマスターに心配の声……

 公開中の映画『BLEACH』が大爆死となり、主演の福士蒼汰の「死神」ぶりが話題となっている。同作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた人気漫画が原作で、高校生の黒...
続きを読む

「今さら妻に代わる女性はいない」二次元だけを愛し続けた男が手に入れた“夢のような結婚生活”

「浮気なんてありませんよね?」  そう問いかけると近藤顕彦は、笑い声を上げた。 「ふと見かけた女の子を、可愛いなって思うことはありますよ。でも、もう10年も愛しているんです。今...
続きを読む

ついに「コミケ」4日間開催!! 困難はスタッフの確保……そして、企業ブースに人は来てくれるのか?

 コミックマーケットが新たな挑戦へ。来年の夏冬のコミックマーケットが史上初の4日間開催となることが決まり、注目を集めている。東京五輪に向けた東京ビッグサイトの工事が始まるため...
続きを読む

『パトレイバー』から『シティーハンター』まで……往年の名作のリバイバルが相次ぐ事情

 往年の名作マンガ・アニメの再起動が、次々と始まっている。かつて作品を愛した世代も、新たに作品を知った世代も、どちらも楽しめる作品力の強さは、コンテンツホルダーにとっても魅力...
続きを読む

台風の恐れも乗り越えて笑いの中でついにお目見え! 「聖地巡礼発祥の地」の石碑が田切駅前に建立

「今年もまた、バカな夏がやってきた」  そう、気がついたら7年も経っていた。 <轟天号を追いかけて>  それは、2012年。飯田線伊那市駅開業百周年を記念するイベントの一つ...
続きを読む

ビームスは高いだけでダサい!? 「ジップロック」との異色コラボで思い出される黒歴史

 ビームスが8月15日、「ジップロック」とのコラボアイテムを発売し、話題となっている。   今回のコラボでは、ジップロックのバッグシリーズを用いたアイテムを制作。トートバッグ...
続きを読む
凶悪犯罪の真相

”後妻業の女”はなぜ、被害者たちから愛された?『筧千佐子 60回の告白 ルポ・連続青酸不審死事件』

 昨年11月、京都地裁で死刑判決が言い渡された、筧(かけひ)千佐子被告による連続青酸死事件(弁護側は判決を不服として即日控訴)。2014年に発覚すると世間の耳目を集め、週刊誌...
続きを読む

目的はいったいなんなのか……「漫画村」に続き、今度は「活字村」が出現した!!

「漫画村」が消滅したかと思えば、今度は「活字村」だ。新たな海賊版サイトの登場に、多くの出版人が驚愕している。  先日からSNSなどを通じて、物書きの間で話題になっているサイト。...
続きを読む
常に新たなステージを目指して

『アクメノイド・イリア』そして……ゼロから始まった催眠オナニー音声への道程

「たくさんの人が買ってくれて嬉しい?」  私が訊ねると、彼が答える。 「それは、もちろん」 「でも、もう儲かっている?」 「それは否定しないけど、それよりも自分の聴きたいものを...
続きを読む

偶然から始まった世界の同人誌即売会で本を売る日々……旅するマンガ家・魔公子の語る旅と人生

 限られた人生の時間を旅の中で過ごす。それは、いつの時代であっても多くの人の憧れ。でも、それを実践できる人は幸せだ。  たいていの人は、躊躇する。  仕事をどうする、家をどう...
続きを読む

「印税は全額、大阪北部地震の被災者へ」高須院長のリアル炎上人生『大炎上』

 高須クリニックのかっちゃんこと、高須克弥院長が7月に新刊を上梓した。その名も『大炎上』(扶桑社新書)。帯には、作家の「百田尚樹氏推薦!」の文字が並び、なんだかもう、すごいイ...
続きを読む
凶悪犯罪の真相

フジ『ザ・ノンフィクション』“人殺しの息子”がテレビカメラの前で語った、両親への複雑な思い

 2002年に発覚した「北九州連続監禁殺人事件」は、犯罪史上まれに見る凄惨な事件として記憶している人も多いだろう。主犯である松永太によるマインドコントロールの下、内縁の妻・緒...
続きを読む
昼間たかしの100人にしかわからない本千冊 37冊目

情緒的すぎてわからないマニュアル以前の恋愛マニュアル「POPEYE」1984年5月25日号「女のコHANDBOOK」

 再び、少し力を抜いて……。  昨年、神田古本まつりでマガジンハウスの老舗男性誌「POPEYE」を大量購入してから、じっくりと読んでいる。  かつては「ホットドッグ・プレス」...
続きを読む
昼間たかしの100人にしかわからない本千冊 36冊目

なぜ買ったかも忘れたが……『あなたを選んでくれるもの』が教えてくれたこと

 前回、最近の他人に勧められる「読むべき」文章への警戒心を記してみた。もちろん、日々目にする文章。ネットなり雑誌・書籍の大半はそうじゃない。ただ、なぜか世間で評判になっていた...
続きを読む
日中合作アニメ『詩季織々』公開記念インタビュー

『君の名は。』の川口典孝プロデューサーが語る!! これからの海外マーケットとアニメ業界の課題点

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大のヒット作となった新海誠監督の長編アニメーション『君の名は。』。新海監督の才能に早くから気づ...
続きを読む

エロゲー史上初! 22年ぶりに続編発売『きゃんきゃんバニープルミエール3』で、嫁と再び会えるんだよ(涙)

 こんなにエロゲーの発売を心待ちにしているのは、何年ぶりだろうか。22年の時を経て、続編タイトルが発売されるというエロゲーの奇跡が、刻一刻と近づいている。  8月31日にも発...
続きを読む

退会できない謎仕様、支払い遅延のウワサも……パトロンサイトの先駆け「Enty」に批判が殺到中

 国内のパトロンサイトの先駆け「Enty」に、不安や不信の声が広がっている。クリエイターの都合で退会できないばかりか、支援者からの支援金が振り込まれないとの声も上がっているの...
続きを読む

「考えるよりも感じるんだ」空前絶後の革命への回帰──大谷能生『平岡正明論』

 平岡正明は、スゴイのだ。  スゴイだなんて言葉は、あまりにも安易だけれど、筆者の拙い筆では、ほかに表現する方法を思いつかない。  まず、書籍のタイトルが痺れる。『永久男根1...
続きを読む

おっさんが美少女になる時代だからこそ……『Second Life』エスコートクラブの思い出

 すでに、おっさんが美少女になることができるのは常識だ。一部のバーチャルYouTuberに見られるように、むしろ中身がおっさんとわかっているからこそ興奮する世の中になってきた...
続きを読む

コミケでの死者第1号にならないために……ベテラン参加者も恐れる「今年の夏コミは灼熱地獄」

 前代未聞の酷暑に、全国で熱中症とみられる症状で救急搬送される人が後を絶たない。まだまだ夏が続く中、開催に向けて不安が高まっているのが「コミックマーケット94」である。  前...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

カルチャー記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真