医療の記事一覧 (30件)

本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

感染リスクを恐れて閑散!? 地域の病院やクリニックは「患者の激減」により医療崩壊の危機

 芸能だけではなく、医療分野でも長年取材を続けてきた筆者だが、先日、日頃から親しくしている医療関係者より「患者さんが激減していて、死活問題です」と、窮状を訴える声が寄せられた...

1億6707万円の“世界一高い薬” ゾルゲンスマ、保険適応で懸念される公的医療保険の崩壊

 “公的医療保険は大丈夫なのか”  高額の治療薬が次々と保険適用になる中、健康保険(社会保険)や国民健康保険など公的医療保険の財政に対する影響を懸念し、存続を危ぶむ声が出始め...

コロナ禍で進むオンライン診療を手放しで歓迎できないワケ…利用拡大でさっそく問題点が多数浮上

 新型コロナウイルスの影響が続く中、政府はオンライン診療を推し進めている。だが、オンライン診療にはさまざまな問題がある。  新型コロナウイルスの感染拡大により病院機能が低下し...

木村拓哉「ありのままを知ってほしい」と熱弁! YouTubeで医療従事者からの手紙を朗読し大反響

 新型コロナウイルスの感染拡大により、医療崩壊の危機が叫ばれているが、そのシビアな現状を伝えるため木村拓哉が一肌脱いだ。  4月25日、ジャニーズオフィシャルYouTubeチ...
隠蔽された日本兵の精神障害【1】

なぜ“復員”できなかったのか? 戦中も戦後も精神科病院に隔離…PTSDになった日本兵の末路

――戦中、多数の日本兵が「戦争神経症」を発症し、軍の病院に“収容”されていた――。昨年、NHKのドキュメンタリー番組がその実態に迫り、大きな話題となったが、なぜこの事実は長ら...

担当医がナースコールを無視して患者死亡! 理由は病院パンフレットの集合写真撮影!?

 中国ではここ数年、日本への医療ツーリズムが非常に人気となっており、日本での健康診断や病気治療を仲介する旅行会社も急増している。背景には、中国人が自国の医療を信用していないこ...

「“心づけ”を渡さなければ発車しない!」重病患者に賄賂を要求する“悪徳救急車”が横行中

日本では救急車の利用は当然無料だが、海外では有料なことも少なくない。そして中国の場合、正規の料金以上の出費を強いられることもあるようだ。「重慶晨報」(2月20日付)などによると、...

小学生も巻き込む「包茎手術ブーム」の中国で死亡事故! 激安手術の裏で、“やっぱり”トラブル続発中

美容整形ブームが過熱する一方、医療過誤も続発している中国で、性器の整形手術を受けた男性が死亡するという事故が発生した。「中国青年網」(12月10日付)によると、死亡したのは吉林省...

モンスターペイシェントが医者や看護師を襲撃! 殺傷事件続発で、病院関係者は戦々恐々

中国で増加する患者とその家族による医師への暴行事件だが、今回もそんなモンスターペイシェントによる、看護師に対する暴行事件が起こった。「人民日報」(11月21日付)によると、四川省...

使用済み点滴容器を“新品”として転売! 中国医療業界にはびこる「医療廃棄物ビジネス」

医療不信が蔓延する中国で、またもや不祥事が明るみとなった。甘粛省蘭州市榆中県和平鎮の廃棄物処理業者が、医療廃棄物を新品と偽って販売していたことが発覚したのだ。 事の発端は、「蘭州...

執刀医はブローカーだった!? 病院で手術を受けた患者の右腎臓が行方不明に!

ニセ救急車や病院で診察予約券に群がるダフ屋など、日本では考えられないことが当たり前となっている中国の医療業界だが、またしても信じられないニュースが飛び込んできた。「新浪新聞」(5...

手術中に突然「値上げ宣告」、承服しない患者には暴行!? 中国“悪徳医師”が怖すぎる

「医は仁術」というものの、病院で診察を受けるために整理番号を受け取るのにも金がかかる中国では、まさに「医は算術」の状況にある。 そんな中、驚くべき映像がテレビ番組で流された。

「白血病の娘を助けてください」は常套手段!? ネットで治療費寄付を募った夫婦に疑惑の目

2月下旬、中国部東部の浙江省の女性が、SNS上で募金を呼びかけるこんなメッセージを発信した。「心ある方、白血病になった私の娘を助けてください」 治療費として、募金で30万元(約5...

病院内で堂々営業活動! 中国で無許可「黒救急車」急増も、中国人は抵抗なし!?

海外では、白タクと呼ばれる無許可の個人営業タクシーが観光客などをターゲットに、ぼったくり営業をしていることは珍しくない。ところが中国では、「黒救急車」と呼ばれる無許可の救急車が堂...

死亡した新生児が火葬寸前で“奇跡の蘇生”も、再び死亡! 中国「火葬場よみがえり」は日常茶飯事!?

春節(旧正月)を迎える直前の中国で、赤ちゃんにまつわるショッキングすぎる事件が起こった。「金羊網」(2月6日付)などによると、事の発端は2月5日、妊娠7カ月の早産で生まれた新生児...

今度は“爆ワクチン”!?  香港に中国人子連れママ大挙で「ワクチン不足」も、病院側はウハウハ!

中国人の爆買いにより、粉ミルクや紙おむつといった乳幼児用製品の品不足に悩まされた香港で、今度は子ども用のワクチンが不足危機に陥っている。2015年中頃から、香港では子どもに接種す...

手術費捻出のため、重い心臓病を患う2歳児が自ら空き缶拾い……中国医療保健制度の闇

中国福建省から、また残酷なニュースが入ってきた。「網易新聞」(1月7日付)によると、福建省福州市ビン侯県に両親と3人で暮らす笑笑ちゃん(2歳)は先天性の心臓病を患っており、医師か...

重病の新生児にバイアグラを投与して無事完治!? 勃起不全治療薬の意外な効能とは

先日熊本県で、生後3カ月の赤ちゃんに覚せい剤を投与して死亡させるという信じがたい事件があったが、中国では新生児にバイアグラを投与したという恐ろしい一報が飛び込んできた。しかも、投...

体中を這い、鼻からは白い卵が……! 謎の寄生虫が原因で、家族も仕事も失った中国人の悲劇

湿気が多くなる6~8月はダニにとって過ごしやすい環境が整うため、日本ではダニ被害が多く報告される。マダニなどダニの種類によっては感染症を引き起こし、命を落とすこともあるため、ダニ...

増え続ける整形手術の人手が足りない!! 韓国で無免許医による“幽霊手術”が横行中

医師免許を持たない人物による不法手術。韓国では最近、一体誰が執刀医なのかもわからない“幽霊手術”が横行している。 韓国で幽霊手術の担い手は、「オーダリー(orderee)」と呼ば...

マスクバカ売れ、繁華街はガラガラ、海外避難組まで……韓国「MERSショック」現地レポ

感染が拡大しているMERS(中東呼吸器症候群)によって、さまざまな分野でダメージを受けている韓国。感染者は122人を超え、隔離者は3,400人を超えている(11日時点)。筆者はソ...
致死率4割の死のウイルス

「2年前から対策を練っていたのに、なぜ?」MERS感染拡散で判明した、韓国政府の無能ぶり

韓国で「MERS(マーズ=中東呼吸器症候群)」感染防止のために隔離されている人数が3,000人に肉薄している。保健福祉部によると、6月9日午前までで隔離者は2,892人に達し、今...

「俺だって、閉じ込めたくはない……」中国農村部で、ADHDの息子を檻に幽閉する父親の苦悩

人権問題や道徳崩壊がたびたび取り沙汰される中国で、12歳の少年の境遇に注目が集まっている。江西省九江市の農村部に住むADHD(注意欠如多動性障害)の小旺(シャオワン)は、勝手に他...

大切な患者様は死なせない! 世界の医療業界が安楽死に大反対するワケ

11月1日、ひとりの女性が29年の命に終止符を打つ予定だ。末期の脳腫瘍と診断された米オレゴン州のブリタニー・メイナードさんが、州法で認められている安楽死を選択したのだ。当日、彼女...
『ケルベロスの肖像』刊行記念!!

ベストセラー作家・海堂尊に聞く「“チーム・バチスタ”シリーズ、そして日本エンタメ界の未来」

2006年に刊行された、海堂尊さんのメディカル・ミステリー『チーム・バチスタの栄光』(宝島社)。「東城大学医学部付属病院で相次いで発生している術中死を、心療内科医・田口公平と厚生...
『東日本大震災 石巻災害医療の全記録』著者インタビュー

「係になっただけです」石巻の英雄が語る“ドラマがない”災害現場の実像

東日本大震災の中心被災地であり、3,000人以上が犠牲となった宮城県石巻市。この石巻の災害医療をリーダーとして支えた医師・石井正の活躍は広く報道された。一刻の猶予も許されないが、...

「小児を向精神薬漬けに……」業界中が結託し肥大し続ける医療ビジネスの闇

「とりあえず様子を見てみましょう。お薬を出しておきます」 医師からこんな診断をされた経験は誰にでもあるだろう。ハッキリと治療の方向性を見いだせていないのに、薬だけはしっかり買わさ...

小説『神様のカルテ』作者 現役医師・夏川草介が語る地方医療の現在

古くは『白い巨塔』(新潮社)、近年では『チーム・バチスタの栄光』(宝島社)など、医療現場を描いた傑作小説は数多い。今回紹介する『神様のカルテ』(小学館)もそのような医療小説の系譜...
佐々木俊尚のインサイド・レポート

進まぬ日本の医療IT化 阻むは医療関係者のウェブ嫌い

「PHR? EMR? EHR? それって何!?」なんて、言ってる場合じゃないんですよ、センセイ!(イラスト=黒田知希) 現在、アメリカで導入が進んでいる医療のソーシャルメディア化...

勉強会に出席は”7分の1″!? 「脳死法案」賛成のダメ議員たち

麻生太郎「×」、小泉純一郎「○」、鳩山由紀夫「×」、菅直人「○」......。これは6月18日、脳死を人の死と認めるかどうかなどを定めた「臓器移植法」の改正案について行われた衆議...
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

医療記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

自民党で国民生活は苦しく!?

今週の注目記事・第1位「綾瀬はるか、韓流タレ...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

最近お笑いの賞レースで、ロングコートダディの名前を見る機会が増えた。「脱力系」「とらえど...
写真