小説の記事一覧 (13件)

新堂冬樹 連載BL小説『ボクはキミと結婚するためならアイドルをやめてもいい』1-1
1  一番のサビの前の間奏――リズムがアップテンポになり、振りも激しくなる。  弓を引くポーズをしながら、両足で激しくステップを踏む。  蒼(あおい)は息を切らしながら、スタジ...
新堂冬樹が新連載でBLを!? 人気作家の作品に対する姿勢と近年の出版業界について【インタビュー】
 インターネットの発展に伴い、人々の娯楽が多様化していったこともあり、出版業界は90年代後半から出版不況と叫ばれるようになっていった。日本出版学会の発表によると1996年に2...
舞台『蟻地獄』特別インタビュー
インパルス板倉俊之「答えを出してから死にたい」──小説とお笑いの間で続ける人体実験のゆくえ
「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、舞台『蟻地獄』がインパルスの板倉俊之脚本・演出で上演される。原作は板倉が役10年前に書き上...
EXIT 兼近大樹が執筆中の自伝的小説、吉本が万全サポート? 不安材料は有り余る“反骨精神”か
 お笑いコンビ・EXITの兼近大樹が現在、自伝的小説を執筆中だ。昨年2月くらいから書き始め、今年1月には5日間ほどホテルに缶詰になり集中的に執筆。その様子をEXITの公式Yo...
NEWS・加藤シゲアキの新作小説が直木賞候補作品に選出!「誹謗中傷苦しい」
 ジャニーズ所属のアイドルグループ「NEWS」のメンバーとして活動しながら、2012年に『ピンクとグレー』(kadokawa)で作家デビューした加藤シゲアキ。その3年ぶりの新...
案の定駄作…でも大塚愛節も? ホラーの処女作「小説なめんじゃねぇよ、大塚」の結末
 去る8月21日に発売された「小説現代」(講談社)9月号に、作家としての処女作「開けちゃいけないんだよ」が掲載され、各メディアをにぎわせている大塚愛。発売日から10日後の3...
今、SFは中国を中心に動いている!
小説から始まり、映画、ゲームまで…世界的人気を誇る新金脈! 急速に広がる“中国SF”の世界
――翻訳物として初めて世界的なSFの賞であるヒューゴー賞を受賞した「三体」をはじめ、もはや世界的に評価されるようになった中国SF。さらには映画やゲームのジャンルに至るまで活発化し...
講談社も小説投稿サイトに参入……これは、戦国時代の始まりか?
 小説投稿サイトの新たな時代が始まるのか。  講談社が、未来創造の「トークメーカー」を引き継ぎ、小説投稿サイト「NOVEL DAYS」を公開した。 「トークメーカー」は、通常...
正論すぎてツライ、押切もえの「ポジティブ自分磨き」志向
女性向けWebサイト【messy】オープン記念とって出し!全部読む押切さんプロデュースの投資型マンションは即完売!「なれるものなら押切もえ!」 蛯原友里(33)、山田優(29)と...
ラブストーリーってホント? 緘口令で情報管理!? 村上春樹新刊の”中身”
2月16日、あの村上春樹氏の新刊が発売されることが、文藝春秋より発表された。小説なのか? 初版はいきなり数十万部なのか? ノーベル賞級大作家の新刊とあって、色めき立つ出版業界...
続々映画化の伊坂幸太郎作品 まずは『フィッシュストーリー』
(C)2009「フィッシュストーリー」製作委員会 今年は太宰治の生誕100周年で、『斜陽』『ヴィヨンの妻』『パンドラの匣』と代表作の映画化が続々と公開を控えており、『人間失格』映...
【みひろ×新堂冬樹】「AV女優という職業を誤解しないで」
セクシーアイドル・みひろが処女小説に込めた思い
 キュートな笑顔、子猫のようなしぐさ、小柄だけどスタイルの良い体躯――現在、大人気のセクシー女優・みひろ。そんな彼女が、今年2月より講談社webサイト「MouRa」内で小説『n...
お年寄りの間で大ブレイク! ”鈍器”のような古典短編集
本書は昨年2月に同社から出版された『諸国物語』(世界の文豪21人の中・短編集)の姉妹編として生まれた。「今は情報がありすぎて、かえって素晴らしいものが埋もれている時代かもしれませ...
ページ上部へ戻る

配給映画

小説記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真