日刊サイゾー トップ > さよならシネマ

さよならシネマの記事一覧 (9件)

稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい〜」
映画『わたしは最悪。』“奔放”と“正直”を言い訳にする“最悪”な人間性が痛快
吉田戦車の『火星田マチ子』  映画の話の前に、やや長めの前置きを。  『伝染るんです。』『ぷりぷり県』『殴るぞ』などで知られる不条理漫画の第一人者・吉田戦車が1993年に刊...
稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい〜」
知性があってもたいした仕事に就けない『パリ13区』の若者と、近くて遠い日本の若者
『ディーパンの戦い』(15)でカンヌ国際映画祭・パルムドールを受賞した御年69歳のジャック・オディアールが、パリに住むミレニアル世代(2022年時点でおおむね20代中盤~30...
稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい〜」
『THE BATMAN-ザ・バットマン-』――リドラーはジョーカーを超えられない
これはカレーじゃない  『バットマン』という映画は、撮る監督によって大きくテイストが変わる。それがまた、毎度の楽しみでもある。  過去の『バットマン』を振り返れば、ティム・バ...
稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい〜」
映画『牛久』は外国人「収容」の実態を暴き、ダブルスタンダードな日本を追い込む
 2021年3月、スリランカ人女性のウィシュマ・サンダマリさんが名古屋入国管理局の施設で「病死」した。ウィシュマさんは日本の子どもたちに英語を教える目的で来日したが、在留資格...
稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい」
佐藤二朗主演『さがす』―「ながら観」と「倍速視聴」ができない映画
 『岬の兄妹』(19)で国内映画界に衝撃をもたらした片山慎三監督が、『さがす』で商業映画デビューを飾った。「連続殺人犯を捕まえたら300万もらえる」と言い残して姿を消した父親...
稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい」
『ただ悪より救いたまえ』――「007より面白い」という贅沢
 奮発して泊まった高級ホテルの創作ビストロより、翌日に通りすがりで入った町中華のチンジャオロース丼のほうが、ぶっちゃけ胃が満足した――ということが(筆者は)ままあるが、つい最...
稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい〜」
『ドーナツキング』――「国策」が育てたドーナツとカニとカクテルとポテチ
 アメリカ人のドーナツ消費量は年間100億個。すなわちアメリカにおける「コーヒーとドーナツ」は日本における「ご飯と味噌汁」に近い朝食の定番だが、ドーナツの本場・カリフォルニア...
稲田豊史の「さよならシネマ〜この映画のココだけ言いたい」
グレタ・トゥーンベリは折り合いがつけられない―世間からアンチを受けてもむき出しなワケ
 グレタ・トゥーンベリ。弱冠18歳、スウェーデンの環境活動家。彼女の言動に苛立つ、あるいは彼女の名前が話題に出た途端、無言で冷笑する中年男性は少なくない。世界にも、筆者の周り...
稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい」
『由宇子の天秤』に想う「ドキュメンタリーは嘘をつく」
 社会正義を訴えるタイプのドキュメンタリーは、同情と正義の傍観者による「鉄槌下し欲」の発生システムを巧みに“利用”して作られている。  虐げられた社会的弱者の言葉は、映像にド...
ページ上部へ戻る

さよならシネマ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真