安倍政権の記事一覧 (32件)

フジ・産経の世論調査不正は、財務ひっ迫が原因? 他社批判のフジ上席解説委員に特大ブーメラン!

 マスコミ不信がますます高まりそうな不祥事が明らかになった。  先日、フジテレビと産経新聞が発表した世論調査の、データ不正入力問題。フジテレビの報道部門、FNN(フジニュース...

満洲の邦人を置き去りにした日本軍と安倍政権は酷似! “鉄道”から迫った「シベリア抑留」の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査せよ』(文春文庫)などで高い評価を得てきたノンフィクション作家・清水潔氏が先頃、最新作『鉄...

中国・アメリカの足元にも及ばない日本のコロナ予算、第2次補正予算で見えた安倍政権の本気度

 政府は5月25日に緊急事態宣言を全面的に解除、経済活動は徐々に再開されている。しかしながら、福岡県北九州市では新型コロナウイルスの第2波と見られる感染拡大が起こり、東京都で...

メディアが報じない安倍政権と電通の癒着! 不透明すぎる「持続化給付金」受託団体の実態

 持続化給付金をめぐり、事業を受託した一般社団法人の不透明な実態が大きな問題となっている。  新型コロナウイルスの影響により、ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少した事業...

きっかけは星野源!? 志らくも気づいた、安倍政権の“ヤバすぎる”内情

 落語家の立川志らくが12日、MCを務める『グッとラック!』(TBS系)で安倍晋三首相率いる内閣を「壊してやろうと思う人が周りにいる」と指摘した。  コロナ禍の横で国会では検...

安倍首相はなぜ「五輪延期」踏み切れずコロナ対策が遅れたのか? 在任9年で“ほぼ実績なし”の現実

 新型コロナウイルスの感染拡大により、政治は混迷期に突入している。安倍晋三首相は自らの政治信念による方向性を見失い、政権は“レームダック”状態に陥っており、ひたすらに対処療法...

安倍政権の“守護神”が牛耳る検察、ウグイス嬢買収疑惑の河井夫妻の逮捕はできるか?

河井克行前法相と妻である河井案里氏に、公職選挙法違反疑惑がかかっている。広島地検は3月3日、案里氏が初当選した2019年7月の参議院選挙広島地区にて、ウグイス嬢に法定上限金額の2...

森久美子のアベノマスクおふざけ動画で、ガン闘病中の笠井信輔が謝罪するハメに

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、政府から1世帯につき2枚配布された、通称「アベノマスク」。 「1世帯2枚じゃ足りない」「とりあえずマスクをあげますって、エイプリルフ...

ホリプロ会長が共産党機関誌「赤旗」に出演! 安倍政権に音事協が怒りの声明

 星野源の弾き語り動画にあわせて、自宅で優雅に茶を飲み犬をなでリモコンをいじる安倍晋三首相の動画が批判を浴びている。菅義偉官房長官は「35万を超える『いいね』をいただいた」と...

「緊急事態宣言」がゆるいのは憲法せいじゃない! 安倍政権の改憲案の問題点とは?

 新型コロナウィルスの感染拡大によって、「緊急事態」が東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡に対して宣言された。しかし、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて行われ...

安倍政権のわかりづらい「緊急経済対策」を解説! 安倍首相は“憲法”を順守せよ

 安倍晋三首相は4月7日、7都府県に「緊急事態宣言」を発出し、それにともなって「緊急経済対策」を閣議決定したことを発表した。テレビを中心としたマスメディアでは、休業要請とその...

再燃したモリカケ問題も、うやむやに⁉ 新型コロナをめぐる政権の「言行不一致」の裏側

 新型コロナウイルスが世界で猛威を振るっている。日本では東京・大阪を軸に、近く緊急事態宣言が出される見込みだが、不要不急の外出が制限され、鬱積をため込んだ国民の感情を逆なでして...

安倍政権の“ゆるふわコロナ対応”に、中国人から羨望のまなざし!?

 現在も世界で猛威を振るう新型コロナウイルスだが、最初に感染が拡大した中国では、3月に入り感染が鈍化、日ごとの新たな感染者数は2桁台に抑えられているという。中国メディアは都市...

新型コロナで右往左往!? フリーランスを促進する安倍政権が付け焼き刃の“休業補償”で大混乱

 新型コロナウイルスが猛威を振るい感染拡大に歯止めがかからない中、“休業補償”が混乱の坩堝と化している。特に、2月27日に安倍首相が3月2日から全国すべての小中高校と特別支援...

政府の発表はまだか!? 総理番記者の新型肺炎“感染疑惑”と官邸の欺瞞

 大手紙政治部記者は2月19日、神妙な顔付きで周囲を伺いながら「安倍晋三首相も、新型肺炎(コロナウイルス)に濃厚接触した可能性がある」と小声で呟いた。 「一部既報の通り、事の...

新型肺炎が縁の切れ目!? 安倍政権の過剰すぎる中国への忖度で“アベ友”たちが手のひら返し

「今回、中国肺炎の対応で危機管理能力と決断力が欠如した政治家とわかってしまった…。」  猛威を振るう新型肺炎。感染源の中国だけでなく、日本国内でも雪だるま式に感染者が増え、つ...

大企業からの内通者に対する報復を容認!? 安倍政権の“国際的時代遅れ”がまたまた露呈

 自民党が公益通報者保護法の改正にあたって、企業側の罰則規定を設けない方針で検討を進めていることが明らかになった。内閣府消費者委員会の専門調査会がまとめた改正に向けての報告書...

国立感染症研究所の予算が大幅に削減されていた!? 予算配分でも新感染症を甘く見ていた安倍政権

 中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる新型肺炎は全世界に拡大し、連日、トップニースとなっている。  そんな中、国内で新型肺炎の拡大防止に重要な役割を担っている国立感...

新型肺炎に霞が関は大パニック!? 安倍政権は“政府職員の自殺”も完全スルーで知らんぷり

 2月1日、中国・武漢市から帰国した日本人が滞在している国立保健医療科学院(埼玉県和光市)で、受け入れ業務を担当していた内閣官房職員の男性(37)が、寄宿舎から飛び降り自殺を...

安倍政権が考える“日本人の幸福”は金次第!? 経済統計ではみえない、本当の満足度とは?

 日本人が感じる「満足感」とは、どのようなものなのか?  内閣府は政策運営に活かすために、満足度という質的・主観的観点から、経済・社会の構造をより多面的に「見える化」する検討...

安倍晋三×岡田准一対談の不自然さ…ジャニーズ事務所が現政権にすり寄り始めたワケ

 ジャニーズ事務所所属のV6・岡田准一が、新年1月1日にニッポン放送で放送される「安倍晋三×岡田准一×村上茉愛 新春対談~2020かがやくニッポン~」で、安倍晋三首相と対談し...

中国財界に独自のパイプ!? IR疑獄事件で特捜が狙う”もうひとりの大物議員”

「カジノ利権」の全貌は暴かれるのか?  東京地検特捜部は、IR(統合型リゾート)事業に関心を寄せていた中国企業の日本法人側が無届けで海外から現金数百万円を持ち込んだとする外為...

安倍首相が乗り切った「桜を見る会」疑惑で2つの重要資料が出てこない理由

 街がクリスマスムードに包まれているというのに、永田町だけは桜、桜とかまびすしかったわけだが、臨時国会が閉幕に近づき、安倍官邸はこの疑惑を乗り越えたように見える。  安倍首相...

消費税10%でも税収不足! 米メディアでもネタにされる安倍政権と『桜を見る会国会』のバカバカしさ

 この国の政治家は、国民のことを考えているのだろうか。  現在開催されている国会では、およそ経済政策についてまともな議論がなされていると言い難い状況だ。一つずつみていこう。 ...

欠席したのは毎日新聞だけ! 安倍総理が「キャップ懇」で官邸記者の取り込み成功

「そりゃあボクらも懇意にしている閣僚はいます。でも、編集部がその閣僚をターゲットにしている場合、食事会をセットするなんてありえない。現場の記者が戦っている時に、ノコノコ行ける...
エッジ・オブ・小市民【5】

その“夢”は現実に何をもたらすのか——嘘と混乱の東京オリンピック

 前代未聞の大失敗に終わった『FYRE』という音楽フェスティヴァルがある。その惨状をテーマにしたNetflix制作・配信のドキュメンタリー『FYRE: 夢に終わった史上最高の...

三原じゅん子、総理主催「桜を見る会」逆ギレツイートでまさかの”次期入閣確定”か

 ”文春砲”などの報道におんぶに抱っこだった野党が、痛快なスクープを飛ばした。  共産党・田村智子参院議員が11月8日の参院予算委員会で、毎年4月に新宿御苑で開かれる内閣総理...

タッパー持参で料理のお持ち帰りも!? 渦中の首相主催「桜を見る会」、金がかかるのも納得の“食べ物争奪戦”

 季節外れの「花見」の話題が世間を賑わせている。毎春開催される首相主催の「桜を見る会」について、「税金の私物化ではないか」との指摘が登場。野党が攻勢を強めている。  桜を見る...
エッジ・オブ・小市民【4】

“美しい国”における責任、それは風船のように宙を漂う

せき‐にん【責任】 ①責めを負ってなさなければならない任務。引き受けてしなければならない義務。 ②(━する)事を担任してその結果の責めを負うこと。特に、悪い結果をまねいたとき...

萩生田文科相「身の丈」発言による英語試験延期は安倍政権”お友達内閣”の内ゲバだった!

 2020年度から始まる大学入試共通テストで予定していた英語民間試験が、11月1日、見送られることに決まった。  引き金となったのは、所管する萩生田光一文科相の「身の丈」発言だ...
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

安倍政権記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真