檜山豊の記事一覧 (25件)

“クズ芸人”はなぜ増殖しているのか? コンプラ芸人時代の徒花か
 お笑い第七世代という一大ブームもとっくの昔に落ち着いてしまい、今のお笑い界はどこか静かで、盛り上がりに欠ける状態になっている。もちろんその原因としては暗いニュースや、コンプ...
BPO「痛みを伴う笑い」制限で中堅芸人が追い詰められる現状
 少し前にダウンタウンの松本人志さんが『ワイドナショー』(フジテレビ)でこう発言した。 「ダチョウ倶楽部の芸とかお笑いがテレビではやりづらくなってて。そういう思いとかジレンマ...
元芸人が全出場者をレビュー
神田アナ「IPPON女子グランプリ」お笑いのルールに乗らないおもしろさ
 25日21時より、土曜プレミアム「まっちゃんねる」(フジテレビ)の第3弾が放送された。  2020年の10月に放送された第1弾では松本人志発案による「密室笑わせ合いサバイバ...
ジャンポケ斎藤の“いじめについて語る”活動と芸人
 みなさんはお笑い芸人のプライベートの姿にどんな印象を持っているだろうか。テレビ通り普段から明るく面白いイメージ?  それとも普段はテレビとは真逆の物静かなイメージ?もちろん...
元芸人が語るあばれヌンチャク
あばれヌンチャクを同僚芸人たちがあらてめて絶賛「わかりやすさと毒」
 つい先日、ダチョウ倶楽部の上島さんがお亡くなりになったというニュースが流れたが、また知人の訃報が届いてしまった。  今月の8日に元あばれヌンチャクで現声優の竹内幸輔さんが病...
元芸人が「ツギクル芸人グランプリ」全ネタレビュー!
「ツギクル芸人グランプリ」実は漫才師圧倒的不利な中で優勝したストレッチーズ
 過去、グランプリと名の付くもののほとんどを全ネタレビューしてきた僕だが、今回また新たに全ネタレビューをすべきグランプリが現れた。それは次世代芸人No1を決める「ツギクル芸人...
『真空ジェシカ』が削られず「初志貫徹」できるテレビ
「初志貫徹」  初めに決めた志を最後まで貫き通したり、持ち続けるといった意味で使われる四字熟語だ。  この言葉は「どんな困難も初志貫徹で乗り越える」や「初志貫徹の精神で粘り強...
『ドリフ』はそれでも続いていく―お笑いと喜劇の質の違い
 ここのところSNSのそこかしこで「解散」という文字を見かける。それこそ知名度のある芸能人から無名の若手まで、ちょっとしたブームのようになってしまっている。  そんな中、解散...
上島竜兵さん、テレビに出たての若手を裏で助けていたーカッコいい先輩の思い出
 書きたいコラムが溜まってきていて、どれから書こうか考えていた矢先にどうしても書きたいと思う出来事があった。  それは5月11日に流れたダチョウ倶楽部、上島竜兵さんの訃報だ。...
「ダウンタウン結成40周年SP」で掘り起こされた爆笑・激コンプラアウト話
 先日5月5日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ)は、「ダウンタウン結成40周年SP」として今田耕司さん、東野幸治さん、130Rの板尾創路さんとほんこんさん、そして...
「うしろシティ」解散後それぞれの活動が示唆する進化した芸人のあり方
 つい先日、お笑いコンビ「ピスタチオ」が5月末で解散するというコラムを書いたばかりなのだが、その翌日にこれまたお笑いコンビ「うしろシティ」が4月末をもって解散するというニュー...
K-PRO児島気奈さん、ホームチーム解散に号泣!あふれる芸人愛の思い出
 4月21日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日)を見ただろうか? 毎回「〇〇芸人」という括りで芸人が集まり、その〇〇に対してマニアックなトークを展開していくという番組だが、...
一発でも売れたピスタチオの解散は本当に残念…解散を経験した元芸人の後悔
 お笑いコンビ「ピスタチオ」が2022年5月末で解散することが発表された。ピスタチオと言えば独特な立ち振る舞い、「な~んのっ」などの真似したくなるポップなフレーズ、そして白目...
素人が決して手を出してはいけない「イジリ」芸の本質「信頼関係」では許されない
「イジリ」とは”他人をもてあそんだり、困らせたりすること”と辞書的にある。  この意味を考えるとと決して良い行いではないことはすぐわかる。だが、芸人はこの「イジリ」を活かして笑...
『キングオブコントの会』、最大限に豪華キャストを揃えた“合同コント”
 4月9日にTBSで『キングオブコントの会2022』が放送された。この番組はキングオブコントのスピンオフ番組として2021年に1度放送され今回で2度目である。  前回のキング...
元芸人によるダウンタウン考察
“ダウンタウン病”の元芸人が語る久しぶりの漫才を見てダウンタウンのお笑いがすごいワケ
 皆さんはお笑い芸人が所属する事務所がどのくらいあるかご存知だろうか?  近頃は昔のように大手芸能事務所だけではなく、芸人がひと組しかいないような小さな事務所も多かった。地方...
「水ダウ」若手解散ドッキリへの世間の批判と芸人の思いの違い 鬼越坂井、涙のワケ
 先週1月26日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)のある企画がSNS上で大きな反響を呼んでいる。それは元お笑いコンビ巨匠の岡野陽一さんが持ち込んだ「不仲芸人対抗...
「科捜研の女」で吉住が見せた片鱗を元芸人が解説 役者でブレイクする芸人とは
※本記事はドラマのネタバレを含みます。  皆さんご存じ「科捜研の女」(テレビ朝日)。説明するまでもなく、沢口靖子さんが主演で、1999年から放送されており、現在放送中の連続シ...
映画『浅草キッド』たけしが魂を込め劇団ひとりがリスペクトを注いだ芸人の在り方
「浅草キッド」と聞いて何を思い浮かべるだろう?  ビートたけしさんが作詞、作曲、歌唱をし、福山雅治や竹原ピストルがカバーした「浅草キッド」という歌。  1988年『ビートたけ...
2021のお笑い王はドキュメンタリが似合う?『家つい』に錦鯉渡辺と鈴木もぐら再登場
 僕には毎週欠かさず観ているテレビ番組がいくつかある。  以前にコラムでも紹介させていただいた『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系)や『ジョブチューン ア...
現代のお笑い番組への批評を含んだ『志村けんとドリフの大爆笑物語』
 “日本の喜劇王”と検索すると2名の人物が引っ掛かる。  ひとりは1922年から1970年まで活躍し、エノケンの愛称で親しまれた榎本健一。  そしてもうひとりは、記憶に新しい...
ヨネダ2000は天才の領域!? 「THE W 2021」遅ればせながら元芸人が全ネタレビュー
 12月13日に今年で5年目を迎える女芸人No.1決定戦「THE W 2021」が開催された。  今回の出場者はあまり馴染みのないメンバーが多く、こういった場合、常連組が苦戦...
オズワルド伊藤のツッコミ技術の真髄を見た!元芸人が「M-1 2021」全ネタレビュー
 12月も半ばを過ぎると世間はクリスマス一色となり、街は大忙しとなる。しかしそんなムードとは一線を画す、肌寒い季節に熱い戦いが繰り広げられる場所がある。それはM-1グランプリ...
M-1決勝前におさらい!
No.1は令和ロマン! 元芸人が準々決勝で敗退した全ネタにひとことレビュー
 12月2日無料動画GYAO!で「M-1グランプリ2021」ファイナリスト発表記者会見が行われ、出場者過去最多6017組の中から勝ち上がった9組が発表された。今回は初出場の芸...
『ドラフトコント2021』はドラフト部分のワクワク感が秀逸!元芸人が全ネタ分析
 11月27日に実に興味深い番組が放送された。それはユニットコントナンバーワンを決定する『ドラフトコント2021』(フジテレビ)という番組だ。  漫才、コント、ピン、歌ネタ、...
ページ上部へ戻る

檜山豊記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『水ダウ』“陰口ドッキリ”のずるさ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

森達也監督が初の劇映画に挑む理由

 ゴーストライター事件で騒がれた佐村河内守氏...…
写真