檜山豊の記事一覧 (73件)

かまいたちも被害に…マネージャーが芸人のギャラ着服、数百万円全額横取りで退社
 20日にお笑いコンビ「かまいたち」の山内さんがYouTubeチャンネル「かまいたちチャンネル」において、若手時代に営業のギャラを当時のマネージャーさんにくすねられたという話...
『所JAPAN』終了でも所ジョージが芸能界で重宝されるワケ…その凄さを元芸人が分析
 所ジョージさんがメインMCを務める教養バラエティー番組の「所JAPAN」(フジテレビ系)が今年の3月いっぱいで終了すると昨年発表され、一部報道によると放送枠の移動で、思った...
コウテイ解散で考える「コンビ芸人の不仲」のリアルな事情…意外な原因とは?
 喜ばしいことでは無いが、最近ではあまり珍しくない「知名度のある芸人の解散」がまた発表された。今回解散発表したのはオリジナリティ溢れるハイテンションネタで人気を博していた「コ...
芸能人を悩ませるファンのつきまとい行為…元芸人の背筋が凍った駅での出来事
 皆さんは「有名税」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 有名税とは「有名であるが故に、知名度と引き換えに生じる問題や代償を税金に例えた単語。主に有名になることでマスコミや...
鬼越トマホークのケンカ芸と極楽とんぼ&ガレッジセールの決定的な違いとは
 皆さんはコレコレチャンネルというYoutubeチャンネルをご存知だろうか?  「コレコレ」というYoutuberさんが動画配信をしているチャンネルで、Youtuberの暴露...
M-1やキングオブコントからは出てこない、すぐバラエティで輝ける即戦力芸人たち
 お笑い芸人が売れる為のわかりやすい道筋としてぱっと思いつくのは「M-1グランプリ」や「キングオブコント」のような賞レースだ。今やこういったコンテストで何かしらの爪痕を残せな...
ドリフのコントは後継者がいない?志村けん「ひとみばあさん」に見る“狭間の演技”
 1956年(昭和31年)に結成されたバンドグループで、1969年以降、主にコントグループとして活躍した「ザ・ドリフターズ」。1960年代後期から「8時だョ!全員集合」(TB...
「THE SECOND」は本当に地獄を味わってきたベテラン芸人にチャンスはあるのか?
 現在、日本にはお笑い芸人が競い合う大きな賞レースがいくつかある。  日本一の若手漫才師を決める「M-1グランプリ」。コント日本一を決める大会「キングオブコント」。女性芸人の...
若手が出られる「ベタなお正月番組」が減ってる? 消えた『新春かくし芸大会』
 皆さんは季節の移り変わりを何で感じるだろうか?  例えば紅葉などの自然の景観から。例えば雑誌などのファッション特集から。単純に日々の気温から感じる人もいるだろう。様々な観点...
ウエストランドの漫才は結局「誰を傷つけた」のか?
 12月18日に行われた「M-1グランプリ2022」。エントリー総数7261組の中で見事大会を制し、頂点に立ったのは「ウエストランド」だった。  大会を見る限り、お二人の実力...
ウエストランドもネタでバカにした「お笑い批評」は不必要なのか
 先日とあるツイートを見つけた。 「お笑いを分析するのはもういい。ただ楽しむだけでいいじゃん」  このツイートが示す通り、昨今「M-1グランプリ」や「キングオブコント」など、...
有吉がまさか!? 元芸人が感じる「紅白出場記事」への違和感
 僕がコラムを書くときに一番苦労するのは何を書くか考える「題材探し」だ。題材さえ決まってしまえばあっという間に書き終えるのだが、その題材を見つけるまでに結構時間がかかってしま...
元ホームチーム・与座よしあきのマセキ退所に相方が送るエールと思い出
 今回のコラムはお笑い界のビックニュースでも、芸能界への問題提起でもなく、僕の個人的な想いを書くコラムとなるのは間違いない。興味のない人もいると思うが、最後までお付き合いお願...
元芸人が今年もM-1グランプリ全ネタ解説!
山田邦子の批判受ける「おもしろいです」批評の理由とM-1全ネタレビュー
 お笑い界の一大イベント!日本で最も有名な賞レース!それこそがその年の日本一の若手漫才師を決める大会「M-1グランプリ」だ。  今大会には大きく取り上げられたニュースがあった...
『THE W』自由度の高さの割にファイナリストが似通ってる問題
 今年も女性芸人のナンバーワンを決める大会『女芸人№1決定戦 THE W』(日本テレビ系)の決勝戦が12月10日に日本テレビ系で放送された。ここ数年、この大会を機にメジャー芸...
今年もM-1決勝前におさらい
ツートライブがめちゃくちゃ惜しい! 元芸人が準々決勝敗退の全ネタ一言レビュー
 過去最多となる7261組がエントリーした「M-1グランプリ2022」。11月30日に決勝進出者が発表された。今回の決勝進出者は過去に、何かしらのファイナルステージへ進出した...
芸人が売れた後にブチ切れ暴露する「ネタ見せ」トラウマ級の指摘が行われる内情とは
 僕のツイッターは元芸人ということもあり、芸人や芸人関係、あとお笑いが好きな人にフォローされている。その為に僕に流れてくるツイートの大半はお笑い関係のツイートだ。とある芸人が...
くりぃむしちゅーの有田が“芸能界引退宣言”第2の人生に多数の選択肢がある現代
 今月24日午後8時、インターネットテレビ局ABEMAにて、くりぃむしちゅーの有田哲平さんが緊急記者会見を行った。有田さんは記者会見の中で「私、有田哲平は、極めて近い将来、芸...
「せのしすたぁ」まおが受けた理不尽なマネキンドッキリ、勘違いはなはだしい問題点
 今月半ばにユーチューバーがとある問題行動を起こした。福井県を拠点に活動しているアイドルユニット「せのしすたぁ」のまおさんが自身に起こったことをツイッターに投稿したことでその...
「いじわるばあさん」はもういらない? 日本から『ホームコメディ』消滅か
 つい先日、古本屋巡りをしている際にあるマンガ本が目に入ってきた。それはサザエさんでお馴染みの長谷川町子さんが書いた四コママンガ「いじわるばあさん」だ。  現在46歳の僕には...
アクセルホッパー永井佑一郎の勇気ある告白で考える 芸人にとっての「うつ病」
 先月のことだが、アクセルホッパーこと芸人の永井佑一郎さんが自身のTwitterで「うつ病」を患っていることを公表した。  Twitterでは 「楽になりたくて、今の僕の事を...
ダウンタウン松本「スベる」だけじゃない−芸人の言葉はなぜ一般に浸透したのか?
 少し前の話になってしまうが、日本テレビ系で放送された『ダウンタウンVSZ世代 ヤバイ昭和あり?なし?』という番組内で、「松本人志がルーツの言葉」というコーナーがあった。  ...
帝王コロッケが『モノマネグランプリ』卒業−元芸人が触れたエンターテイナー秘話
 モノマネ界の帝王として42年間トップに君臨し続けたモノマネタレントのレジェンド「コロッケ」さんが25日に放送された『モノマネグランプリ コロッケラストパフォーマンス!&今ど...
ウーマンラッシュアワー村本とほっしゃん。が大バトルに発展した”思想の違い”
 何気なくツイッターを見ていると、とあるツイートが目に飛び込んできた。それはほっしゃん。こと「星田英利」さんとウーマンラッシュアワーの村本大輔さんがツイッター上でバトルを繰り...
『内村さまぁ~ず』最終回は回避? 元芸人が語る突然やってくるバラエティの最終回
 現代はインターネットでの配信をメインとする番組が数多く作られており、テレビで放送されていなくても人気番組と呼べるものが増えてきている。一昔前ならインターネットで見られる番組...
仲本工事さん、お笑い猛者集団「ドリフ」の中で静かに輝いた天性の「フリ師」
 10月19日「ザ・ドリフターズ」のメンバー・仲本工事さんが急性硬膜下血腫のためお亡くなりになった。  前日の18日に交差点を横断中の仲本さんがワゴン車にはねられて重傷を負っ...
日本版『ゴット・タレント』の賞金は海外より見劣りするのはなぜか? 賞金1000万の壁
 1人の携帯電話販売店のセールスマン、ポール・ポッツを世界的なオペラ歌手にし、片田舎から出てきた48歳の女性、スーザン・ボイルを世界の歌姫と呼ばれるほどにしたオーデション番組...
円楽師匠の“腹黒”はなぜ誰もが知っている? 日曜の夕方に笑いと憂鬱を届ける「笑点」
 6代目三遊亭円楽師匠が9月30日に肺がんの為死去された。  亡くなる約1カ月前の8月20日に高座に出演されたのが生前最後の高座出演となった。遡ること4年前、2018年に初期...
恒例・元芸人が渾身の全ネタ分析!
ビスケットブラザーズ、 生理的に無理でも強制的に笑わせる暴れぶり!全ネタレビュー
 今年で15回目を迎える日本一のコント師を決める大会「キングオブコント」。10月8日にTBS系列で決勝戦が放送され、10月2日に開催されたキングオブコント2021。過去最大の...
『ガキ使』D-1グランプリが、身内ノリにならずに思いの外力作ネタだらけに!
 日本テレビ系で放送されている『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』では今、「~松本人志生誕59年&ダウンタウン40周年記念~ネタで感謝を伝えたい!おめでとうD-1グラン...
ページ上部へ戻る

配給映画

檜山豊記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田「名探偵」の正解

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真