日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 早くも2012年ベスト1映画が登場!”代理殺人”を巡る恐怖『哀しき獣』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.152

早くも2012年ベスト1映画が登場!”代理殺人”を巡る恐怖『哀しき獣』

kanashiki01.jpg中国から黄海を渡って韓国に密入国した中国系朝鮮族のグナム(ハ・ジョンウ)。
代理殺人を請け負うと同時に、ソウルで消息を絶った妻を追う。
(c) 2010 WELLMADE STARM AND POPCORN FILM
ALL RIGHTS RESERVED.

 年明け第1弾から、2012年ベスト1映画と目される作品が公開される。実在した快楽連続殺人鬼ユ・ヨンチョル事件を題材にした犯罪サスペンス『チェイサー』(08)で衝撃的デビューを果たしたナ・ホンジン監督の第2作『哀しき獣』だ。新人監督はデビュー作に自分の持てる情熱のすべてをブツけるため、デビュー作には尋常ならざる力作が多い。ゴダールの『勝手にしやがれ』(60)しかり、トビー・フーパーの『悪魔のいけにえ』(74)しかり、阪本順治の『どついたるねん』(89)しかり、ヤン・イクチュンの『息もできない』(10)しかり。逆に第2作以降は、デビューを果たした安堵感からボチボチな作品にまとまってしまいがち。しかし、『哀しき獣』はそんな”デビュー2作目のジンクス”を大きく覆す。前作『チェイサー』以上に超ハード、人間社会の暗部をえぐる社会派サスペンスに仕上がっている。

 韓国だけで500万人を動員した『チェイサー』は快楽殺人鬼とデリヘル経営者が息詰まる大追跡劇を繰り広げた。殺人鬼を追い掛けるデリヘル経営者は正義感からではなく、商品であるデリヘル嬢にちょっかいを出すヤツが許せずに犯人探しを始めるという動機が斬新だった。規則に縛られて、犯人を取り逃がす警察組織を嘲笑した。きれいごとでは済まない人間の本音にガンガン迫る演出が冴え渡った。殺人鬼を演じたハ・ジョンウとデリヘル経営者を演じたキム・ユンソクの大熱演ぶりが絶賛された。『哀しき獣』も『チェイサー』に引き続き、ハ・ジョンウとキム・ユンソクが競演。ロシアと北朝鮮との国境に近い中国の延辺朝鮮族自治州を振り出しに、韓国のソウル、そしてプサンへと大追跡、そしてトンカチとナタを手にした大流血バトルが繰り広げられる。

kanashiki02.jpg中国の延辺朝鮮族自治州で借金生活を
送っていたグナムは、麻雀仲間のミョン(キム・
ユンソク)から儲け話を持ち掛けられる。

 前作では快楽のために美女を次々と拉致殺害するサイコパスだったハ・ジョンウは、今回は朝鮮族自治州で暮らすしがないタクシードライバーのグナム役。借金まみれのグナムはお金のために殺人依頼を請け負う。その依頼をまっとうすれば借金がチャラになるからだ。平凡なタクシードライバーである自分に、見ず知らずの人間を殺すことができるのか。しかも、まったく土地勘のない韓国に密入国して。結局、グナムは殺人依頼を引き受ける。韓国に出稼ぎに行ったまま消息不明になっている愛妻を見つけ、連れ戻したいという個人的な目的があったからだ。妻と娘と再び一緒に暮らすことがグナムの夢だ。グナムは10日間という期間限定でソウルにいる大学教授を殺害し、その親指を切り取って持ち帰ることを命じられる。グナムは大連経由で黄海を渡航して、韓国に不法入国する。代理殺人と妻探しでいっぱいいっぱいなのに、グナムが想像もしなかった事態がソウルで巻き起こる。グナムに殺人依頼の仲介、及び韓国への密入国の手引きをする犬商人ミョン役がキム・ユンソク。一見、『冷たい熱帯魚』(10)のでんでんさながら動物好きで温厚な人物に見せながら、お金になるならどんな仕事でも仲介する闇ブローカー役だ。ハ・ジョンウもキム・ユンソクも前作とまるで異なるキャラクターを演じきり、韓国映画俳優の懐の深さを感じさせる。

 日本人には馴染みが薄いが、主人公のグナムもミョンも中国の延辺朝鮮族自治州で暮らす朝鮮族(中国系朝鮮人)という設定。ナ・ホンジン監督に聞いたところ、もともとは『チェイサー』の最初の構想では快楽殺人鬼とは別に中国系朝鮮族がらみの殺人事件をサブプロットとして考えていたそうだ。『チェイサー』の脚本を書き上げるためにソウル警察に密着取材していたところ、朝鮮族の女性がソウルで失踪し、中国にいる姉が届け出たことでソウル警察が動き始めた事件があったという。その失踪した女性はソウル市内で男性と同棲していたが、「中国に帰る」と女性が言い出したために、同棲中の男性に殺されて貯水池に棄てられた。捜査に密着していたナ・ホンジン監督は、殺人を犯した男性が逮捕され、嗚咽する姿を見ている。ソウルには朝鮮族が固まって暮らすコミュニティーがあるが、朝鮮族の人々の閉鎖的な暮らしぶりも強烈な印象を残したようだ。警察取材を終えたナ・ホンジン監督は、快楽殺人鬼とは対照的に愛憎のもつれから殺人を犯す男のエピソードをサブプロットとして交え、『チェイサー』の初期ストーリーを構成した。だが、『チェイサー』の内容があまりにも過激で濃厚すぎることから、製作会社や出資者たちの要請により、ストーリーを簡略化することになり、泣く泣く朝鮮族のサブプロットを外したそうだ。

kanashiki03.jpgお金になることなら何でもやるミョン。
後半からはミョンも韓国に乗り込んで大流
血戦を繰り広げる。キム・ユンソク大々熱演。

 サイコパスが主人公の『チェイサー』に対し、『哀しき獣』は金銭欲や人間の愛憎のしがらみから起きる犯罪なだけに、より身近な怖さがある。ナ・ホンジン監督がさらに取材を進めたところ、身元が分かりにくい不法入国者に代理殺人を安い金額で請け負わせる事件が増加しているという。また、中国の延辺にもシナリオハンティングのために長期滞在し、中国系朝鮮族の人々のお金への異常なまでの執着心に驚いたそうだ。「お金のために、人間として大事なものを彼らは失っているように感じた」とナ・ホンジン監督は語っている。

 前作『チェイサー』同様に、本作も全力疾走で標的を追い掛ける物語だ。しかも、今回の主人公グナムは2つのものを同時に追い掛けなくてはならない。借金を帳消しにするための代理殺人のターゲットを探し出し、さらに連絡の取れなくなった妻を見つけるというダブルミッションだ。それも、まったくの土地勘のない異国で。物語後半はひとり娘が待つ故郷・延辺へ帰るための脱出方法を考えながら、同時に代理殺人を依頼した黒幕の正体を暴こうとする。さらにクライアントの都合によって、状況は刻一刻と変わっていく。警察の捜査網も迫ってくる。誰が味方で、誰が敵なのか分からない。本作を観るこちら側も頭をフル回転しないと、闇社会の中に置いてけぼりをくらいそうなほど怒濤のストーリーが展開される。

 2つのものを同時に追い掛けることは、現代人に課せられたテーマだろう。一兎を追うもの二兎を得ず、と言われた牧歌的な時代はとうに終わってしまった。現代社会では地道に一兎を追うだけでは家族を養っていけない。グナムが手を染める汚れ仕事は”現実”であり、愛する妻を連れ戻そうとする行為は”理想”という言葉に置き換えることができる。主人公のグナムは、常に”現実”と”理想”を同時に追い掛け続けなくてはならない。人並み外れた体力を誇る犬商人のミョンならいざしらず、平凡で痩身の男・グナムにとって2つのものを同時に追い続けることは過酷な任務だ。しかし、次第に追い詰められていったグナムは悟る。追い掛けるものがちゃんとあるうちは、まだ自分は幸せだったんだと。代理殺人を依頼した黒幕の正体を知り、それまで懸命にサバイバルしてきたグナムは、もう何も追い掛ける気力を失ってしまう。

 2つのものを同時に追い掛けるという行為は、ナ・ホンジン監督にも課せられている。デビュー作をさらに上回るクオリティーと、そして興行的な成功。本作が韓国ではR19指定となったことについて尋ねると、ナ・ホンジン監督は「自分が映画館で観たいと思う作品を撮った。大人が本当に面白いと思える映画を作ろう、と出資者や製作会社にも了解してもらった」と説明した。『チェイサー』以上に振り切った演出と三転四転する予測不能なストーリー展開もあり、韓国内での観客動員は残念ながら前作『チェイサー』には及ばない。韓国の俊英監督をもってしても、2つのターゲットを同時にものにするのは至難のワザなのだ。だが、明確にいえることは、理想も現実もどちらも懸命に追い掛けなくては手に入らないということ。ナ・ホンジン監督自身も、まだ2つのターゲットを追い掛けている途中なのだ。観る側も、その姿を見失わないよう懸命に追わなくてはならない。
(文=長野辰次)

kanashiki04.jpg『哀しき獣』
監督/ナ・ホンジン 出演/ハ・ジョンウ、キム・ユンソク、チョ・ソンハ、イ・チョルミン、カク・ピョンギュ、イム・イェウォン、タク・ソンウン、イーエル、チョン・マンシクほか 配給/クロックワークス 1月7日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー

チェイサー

ゾクゾク……。

amazon_associate_logo.jpg

●深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】INDEX
[第151回]父殺し、自分殺し、そして再生の物語 園子温流ラブストーリー『ヒミズ』
[第150回]米国お笑い横断旅行『宇宙人ポール』人間のちっぽけな悩みはETが解決!
[第149回]70年前と変わらない日本人の精神構造『聯合艦隊司令長官 山本五十六』
[第148回]追悼……”永遠の反逆児”原田芳雄さん幻の主演作『原子力戦争』がDVD化
[第147回]“ファスト風土”を舞台にした犯罪喜劇 J・アイゼンバーグ主演『ピザボーイ』
[第146回]“正義のゾンビ”が犯罪者を貪り喰う! イラク戦争奇談『ゾンビ処刑人』
[第145回] “時代の寵児”の未ソフト化作品上映!「松江哲明グレイテスト・ヒッツ」
[第144回]原発事故を描いた『カリーナの林檎』と今関あきよし監督の背負った贖罪
[第143回]“窮屈なモラル”を脱ぎ捨てた裸の女たち 園子温監督の犯罪エロス『恋の罪』
[第142回]ノーベル賞作家・川端康成が夢想した新風俗『スリーピングビューティー』
[第141回]横暴な上司は有志社員が制裁します!『モンスター上司』のブラックな笑い
[第140回]“クソみたいな社会を変えたい!”高校生テロリストの凄春『アジアの純真』
[第139回] うつ病なんかヘーキ!? 宮崎あおい主演作『ツレがうつになりまして。』
[第138回]“神話”が生まれる瞬間を目撃せよ! 人類への黙示録『猿の惑星:創世記』
[第137回]刑務所で食する至高の味『極道めし』ヒロインの後ろ姿に、むせび泣き!
[第136回]“理想の恋人”という偶像を破壊せよ 深夜番長の劇場デビュー作『モテキ』
[第135回]“城定秀夫監督、ブレイク前夜の予感! 闘争本能を呼び覚ます『タナトス』
[第134回]“人間失格”の道を選んだ映画監督の業 林由美香の最新主演作『監督失格』
[第133回]ホラ吹きのホラを見破る特異な職能 ポランスキー監督『ゴーストライター』
[第132回]芦田愛菜、6歳にして危険な魅力!? 子連れで全力疾走『うさぎドロップ』
[第131回]元”暴走族”が書いた旧友への鎮魂歌 青春懺悔録『アメイジング グレイス』
[第130回]V・ギャロ主演のサバイバルグルメ!? 『エッセンシャル・キリング』
[第129回]『キック・アス』より悪趣味で泣ける 中年男の悪ノリ暴走劇『スーパー!』
[第128回]この夏の清涼剤、地方少女のダンス成長記『あぜみちジャンピンッ!』
[第127回]竹ヤリで世界進出”スシタイフーン”『エイリアンVSニンジャ』ほか逆上陸
[第126回]イーモウ監督、久々のアイドル映画 中華的妹萌え『サンザシの樹の下で』
[第125回]ナタリー・ポートマン vs. ヘビメタ野郎 人気女優の隠し球『メタルヘッド』
[第124回]黒澤明の名作『生きる』のラテン版! ヤモメ男が残した遺産『BIUTIFUL』
[第123回]北国で93年間営業を続ける”大黒座”と町の記録『小さな町の小さな映画館』
[第122回]新幹線がすれ違う瞬間、願いが叶う? 小学生の目線で描かれた『奇跡』
[第121回]理想と情熱がもたらした”痛い現実” 青春の蹉跌『マイ・バック・ページ』
[第120回]胸に響く金言”プロとは手を抜くこと” 職人秘話『アトムの足音が聞こえる』
[第119回]危険な出会い、井口昇ミーツ仲村みう 悪夢の遊園地『富江 アンリミテッド』
[第118回]ナタリー・ポートマン”第1章”の終幕 虚実が攻め合う『ブラック・スワン』
[第117回]“セカイ”を旅立った少女の地底探検記 新海誠監督の新作『星を追う子ども』
[第116回] 美少女たちの輝きが脳裏から離れない。青春ムービー『魔法少女を忘れない』
[第115回] 恋愛が与える”陶酔”とリアルな”痛み”サブカル活劇『スコット・ピルグリム』
[第114回]妄想、空想、そして現実からの大脱走 美少女革命『エンジェル ウォーズ』
[第113回]“3.11”後の新しい映画モデルとなるか『劇場版 神聖かまってちゃん』の挑戦
[第112回]マスコミが讃えた”楽園”のその後、ひとりの少女の成長記録『愛しきソナ』
[第111回]閉鎖的な”村社会”をブチ破ったれ! 韓流サバイバル劇『ビー・デビル』
[第110回]“粋”を愛したフランスの伯父さん J・タチ主演『イリュージョニスト』
[第109回]自分にとって家族は敵か、味方か? オスカー2冠受賞『ザ・ファイター』
[第108回]コーエン兄弟『トゥルー・グリット』40年で変化した”米国のヒーロー像”
[第107回]ジョニー・デップが愛した”極道記者” 『GONZO』奇人がスターだった時代
[第106回] 巨匠イーストウッド監督の異色作! ”あの世”はあるか?『ヒア アフター』
[第105回] キレ味、喉ごしが違うアクション! 黒帯美少女の”涙拳”が炸裂『KG』
[第104回] 高齢化するニートはどこに行くのか? ”戸塚校長”のその後『平成ジレンマ』
[第103回]堀北真希&高良健吾主演作『白夜行』闇に生きる”影男”の密やかなる喜び
[第102回]園子温の劇薬ムービー『冷たい熱帯魚』”救いのない結末”という名の救い
[第101回] NHKが放映しない”裏プロジェクトX” AV界のカリスマ監督『YOYOCHU』
[第100回]エロスとタブーを交配した”至高の美女” 禁断のサイエンスホラー『スプライス』
[第99回]2010年に活躍した女優を勝手に表彰! 満島ひかりに”面倒くさい女”大賞を
[第98回]大人だって”ドラえもん”にいて欲しい 残念男の逆転劇『エリックを探して』
[第97回]平凡な高校生デイヴは2度変身する!原点回帰のヒーロー『キック・アス』
[第96回]村上春樹の超絶ベストセラーの映画化『ノルウェイの森』はどこにある?
[第95回]実在した”奇妙な高額バイト”の顛末 心理サスペンス『エクスペリメント』
[第94回]“アル中”カメラマンの泣き笑い人生『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
[第93回]朝ドラと異なる映画『ゲゲゲの女房』ゴールなき”貧乏耐久”2人3脚走
[第92回]バラエティーでの実績は通用するか? テリー伊藤の初監督作『10億円稼ぐ』
[第91回] 不謹慎なる社会派エンタテイメント『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』
[第90回]“世界のナベアツ”大阪府知事に就任! 政治コメディ『さらば愛しの大統領』
[第89回]自分の恋愛もプロデュースする女優、ドリュー・バリモア主演『遠距離恋愛』
[第88回]スタローンが立ち上げた”筋肉共和国”男たちの祭典『エクスペンダブルズ』
[第87回]元”おはガール”安藤聖の再起動ドラマ 就職氷河期を生きる『バカがウラヤマシイ』
[第86回]マイノリティーは”理想郷”を目指す。筒井文学の金字塔『七瀬ふたたび』
[第85回]清純派・佐藤寛子が美しく”変態”! 官能サスペンス『ヌードの夜──』
[第84回]死を意識して、ギラギラ輝く男たち! 三池節、大バクハツ『十三人の刺客』
[第83回] 女を食い物にする男どもは全員処刑! モダン社会の闇を暴く『ミレニアム』
[第82回] “企画AV女優”たちの青春残酷物語 性なる鎮魂劇『名前のない女たち』
[第81回]猫を見れば、人間社会が見えてくる! 世界の人気猫大集合『ネコを探して』
[第80回]原恵一監督の新作は辛口ファンタジー 退屈な”日常生活”を彩る『カラフル』
[第79回]米軍に実在した”超能力部隊”の真実!? ムー民、必見『ヤギと男と男と壁と』
[第78回]戦場から帰還した夫は”芋虫男”だった! ヤクザ監督の反戦映画『キャタピラー』
[第77回] 白ユリの花開くガールズの妖しい世界 H系ホラー『ジェニファーズ・ボディ』
[第76回] 爽やか系青春ゾンビ映画にホロリ……夏休みは『ゾンビランド』に集結せよ
[第75回] “生きる”とは”見苦しい”ということ 藤沢周平の時代活劇『必死剣 鳥刺し』
[第74回]初恋の美少女は200歳の吸血鬼だった! 北欧産のホラー映画『ぼくのエリ』
[第73回] “三億円事件”の真相を解き明かす! 桜タブーに挑んだ『ロストクライム』
[第72回/特別編] 上映反対で揺れる問題作『ザ・コーヴ』”渦中の人”リック・オバリー氏の主張
[第71回] 女子にモテモテになる方法、教えます。軟派少年の実話物語『ソフトボーイ』
[第70回] 下町育ちの”北野少年”が見た現代社会 人間同士の食物連鎖『アウトレイジ』
[第69回] “リアルと虚構の狭間”を生きる男、アントニオ猪木初主演作『アカシア』
[第68回] ヒーローも神もいない現代社会の惨劇 井筒監督の問題作『ヒーローショー』
[第67回] アイドルが地獄で微笑む『戦闘少女』ギャグ×血しぶき×殺陣の特盛り丼!
[第66回]アナーキーな”社歌”で生産性アップ! 満島ひかり大進撃『川の底からこんにちは』
[第65回]超ヘビー級なシリアス劇『プレシャス』”家族”という名の地獄から脱出せよ
[第64回]乱れ咲く”悪の華”ゼブラクイーン! 仲里依紗が過激変身『ゼブラーマン2』
[第63回] オタク王が見出した”夢と現実”の接点 ティム・バートン監督作『アリス──』
[第62回] バッドテイストな感動作『第9地区』 アナタはエビ人間とお友達になれるか?
[第61回]スコセッシ監督の犯罪アトラクション『シャッターアイランド』へようこそ!
[第60回]宮崎あおいの”映画代表作”が誕生! 毒を呑んでも生き続けよ『ソラニン』
[第59回]“おっぱいアート”は世界を救えるか? 母乳戦士の記録『桃色のジャンヌ・ダルク』
[第58回]現代に甦った”梶原一騎ワールド”韓流ステゴロ映画『息もできない』
[第57回]命知らずの変態レポーター、中東へ! 史上最大のどっきり?『ブルーノ』
[第56回]仲里依紗がアニメから実写へと跳躍! 母娘2代の時空旅行『時をかける少女』
[第55回]ビグロー監督はキャメロンより硬派! 人間爆弾の恐怖『ハート・ロッカー』
[第54回] “空気を読む”若者の悲劇『パレード』楽しいルームシェア生活の行き先は?
[第53回]社会の”生け贄”に選ばれた男の逃亡劇 堺雅人主演『ゴールデンスランバー』
[第52回]『男はつらいよ』の別エンディング? ”寅さん”の最期を描く『おとうと』
[第51回]ひとり相撲なら無敵のチャンピオン! 童貞暴走劇『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
[第50回]ヒース・レジャーが最後に見た夢の世界 理想と欲望が渦巻く『Dr.パルナサスの鏡』
[第49回]トニー・ジャーは本気なんジャー! CGなしの狂乱劇再び『マッハ!弐』
[第48回]全米”オシャレ番長”ズーイー、見参! 草食系に捧ぐ『(500日)のサマー』
[第47回]市川崑監督&水谷豊”幻の名作”『幸福』28年の歳月を経て、初のパッケージ化
[第46回]押井守監督、大いなる方向転換か? 黒木メイサ主演『アサルトガールズ』
[第45回]ドラッグ漬けの芸能関係者必見!”神の子”の復活を追う『マラドーナ』
[第44回] 暴走する”システム”が止まらない! マイケル・ムーア監督『キャピタリズム』
[第43回]“人は二度死ぬ”という独自の死生観『ガマの油』役所広司の監督ぶりは?
[第42回]誰もが共感、あるあるコメディー! 2ちゃんねる発『ブラック会社』
[第41回]タラとブラピが組むと、こーなった!! 戦争奇談『イングロリアス・バスターズ』
[第40回]“涅槃の境地”のラストシーンに唖然! 引退を賭けた角川春樹監督『笑う警官』
[第39回]伝説の男・松田優作は今も生きている 20回忌ドキュメント『SOUL RED』
[第38回]海より深い”ドメスティック・ラブ”ポン・ジュノ監督『母なる証明』
[第37回]チャン・ツィイーが放つフェロモン爆撃 悪女注意報発令せり!『ホースメン』
[第36回]『ソウ』の監督が放つ激痛バイオレンス やりすぎベーコン!『狼の死刑宣告』
[第35回]“負け組人生”から抜け出したい!! 藤原竜也主演『カイジ 人生逆転ゲーム』
[第34回]2兆円ペット産業の”開かずの間”に迫る ドキュメンタリー『犬と猫と人間と』
[第33回]“女神降臨”ペ・ドゥナの裸体が神々しい 空っぽな心に響く都市の寓話『空気人形』
[第32回]電気仕掛けのパンティをはくヒロイン R15コメディ『男と女の不都合な真実』
[第31回]萩原健一、松方弘樹の助演陣が過剰すぎ! 小栗旬主演の時代活劇『TAJOMARU』
[第30回]松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇
[第29回]シビアな現実を商品化してしまう才女、西原理恵子の自叙伝『女の子ものがたり』
[第28回]“おねマス”のマッコイ斉藤プレゼンツ 不謹慎さが爆笑を呼ぶ『上島ジェーン』
[第27回]究極料理を超えた”極地料理”に舌鼓! 納涼&グルメ映画『南極料理人』
[第26回]ハチは”失われた少年時代”のアイコン  ハリウッド版『HACHI』に涙腺崩壊!
[第25回]白熱! 女同士のゴツゴツエゴバトル 金子修介監督の歌曲劇『プライド』
[第24回]悪意と善意が反転する”仮想空間”細田守監督『サマーウォーズ』
[第23回]沖縄に”精霊が暮らす楽園”があった! 中江裕司監督『真夏の夜の夢』
[第22回]“最強のライブバンド”の底力発揮! ストーンズ『シャイン・ア・ライト』
[第21回]身長15mの”巨大娘”に抱かれたい! 3Dアニメ『モンスターvsエイリアン』
[第20回]ウディ・アレンのヨハンソンいじりが冴え渡る!『それでも恋するバルセロナ』
[第19回]ケイト姐さんが”DTハンター”に! オスカー受賞の官能作『愛を読むひと』
[第18回]1万枚の段ボールで建てた”夢の砦”男のロマンここにあり『築城せよ!』
[第17回]地獄から甦った男のセミドキュメント ミッキー・ローク『レスラー』
[第16回]人生がちょっぴり楽しくなる特効薬 三木聡”脱力”劇場『インスタント沼』
[第15回]“裁判員制度”が始まる今こそ注目 死刑執行を克明に再現した『休暇』
[第14回]生傷美少女の危険な足技に痺れたい! タイ発『チョコレート・ファイター』
[第13回]風俗嬢を狙う快楽殺人鬼の恐怖! 極限の韓流映画『チェイサー』
[第12回]お姫様のハートを盗んだ男の悲哀 紀里谷監督の歴史奇談『GOEMON』
[第11回]美人女優は”下ネタ”でこそ輝く! ファレリー兄弟『ライラにお手あげ』
[第10回]ジャッキー・チェンの”暗黒面”? 中国で上映禁止『新宿インシデント』
[第9回]胸の谷間に”桃源郷”を見た! 綾瀬はるか『おっぱいバレー』
[第8回]“都市伝説”は映画と結びつく 白石晃士監督『オカルト』『テケテケ』
[第7回]少女たちの壮絶サバイバル!楳図かずおワールド『赤んぼ少女』
[第6回]派遣の”叫び”がこだまする現代版蟹工船『遭難フリーター』
[第5回]三池崇史監督『ヤッターマン』で深田恭子が”倒錯美”の世界へ
[第4回]フランス、中国、日本……世界各国のタブーを暴いた劇映画続々
[第3回]水野晴郎の遺作『ギララの逆襲』岡山弁で語った最後の台詞は……
[第2回]『チェンジリング』そしてイーストウッドは”映画の神様”となった
[第1回]堤幸彦版『20世紀少年』に漂うフェイクならではの哀愁と美学

最終更新:2012/04/08 22:35
こんな記事も読まれています

早くも2012年ベスト1映画が登場!”代理殺人”を巡る恐怖『哀しき獣』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真