メディアの記事一覧 (176件)

「メディア」のニュース記事一覧。メディアに関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

NHK受信料「全世帯対象」報道でネット上が騒然! 日経が報じた記事の“読み方”

 昨年5月のNHKの発表によれば、受信料の推計世帯支払率は81.2%(全国値)。これは公表が始まって以来最高の数字だが、これを“100%”にする案が登場し、物議を醸している。...

中国物流ストップで女性誌が大ピンチ! 付録付き雑誌の付録が届かず対応に大わらわ

 中国を発端とする新型コロナウィルスは感染者の拡大のみならず、各業界に深刻な被害をもたらしている。  エンタメ業界ではライブやイベントが中止となりアーティストやイベンターに莫...
【シリーズ】「読解力低下」騒動のウソとホント(5)

「読解力低下」騒動のウソとホント(5)「教科書が読めない子どもはAIに負ける」理論の罠

 昨年末あたりから、日本の子どもの読解力が低下していると話題になっている。その原因について「最近の子どもは本を読まないからだ」などとメディアや見識者は騒ぎ立ているが、実はどれ...
【シリーズ】「読解力低下」騒動のウソとホント(4)

「読解力低下」騒動のウソとホント(4)教育改革から取り残される時代錯誤な“朝の読書”

 昨年末あたりから、日本の子どもの読解力が低下していると話題になっている。その原因について「最近の子どもは本を読まないからだ」などとメディアや見識者は騒ぎ立ているが、実はどれ...

「北海道コロナ検査拒否」報道に国立感染症研究所が異例の反論をした真意とは?

 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、感染検査が機能的に実施されていないことに対して批判が相次いでいる。  こうした風評に国立感染症研究所が3月1日、「新型コロナウイルス感染...
【シリーズ】「読解力低下」騒動のウソとホント(3)

「読解力低下」騒動のウソとホント(3)学校にタブレット配布を構想する文科省の思惑

 昨年末あたりから、日本の子どもの読解力が低下していると話題になっている。その原因について「最近の子どもは本を読まないからだ」などとメディアや見識者は騒ぎ立ているが、実はどれ...

官邸記者クラブは終わった!? 安倍首相“コロナウイルス会見”の肩透かし

「まだ質問があります!」「まだ質問があります!」  普段聞かれない”不規則発言”に一瞬たじろぐ安倍晋三首相。長谷川栄一内閣広報官が「予定の時間が過ぎています」とさえぎり、気を...

やっぱりOK!? 五輪聖火リレーのSNS動画投稿問題で“旧メディア”が大騒ぎした情けない理由

 3月26日に福島県内からスタートする、東京オリンピックの聖火リレーに関するSNSでの扱いについて現場が混乱している。  もともとは先月28日に五輪・パラ大会組織委員会がIO...
【シリーズ】「読解力低下」騒動のウソとホント(2)

「読解力低下」騒動のウソとホント(2)大学入試改革とマスコミ批判の歪んだ構図

 昨年末あたりから、日本の子どもの読解力が低下していると話題になっている。その原因について「最近の子どもは本を読まないからだ」などとメディアや見識者は騒ぎ立ているが、実はどれ...

「AERA」の朝日新聞出版、上層部による私的なつながりで“創価学会礼賛”の是非

 「連載が始まって以降、同業他社から『いよいよ朝日さんも学会に魂売りましたか』などと皮肉を言われるようになりました。社内からも『なんでこんなちょうちん連載を始めたのか』と批判...
【シリーズ】「読解力低下」騒動のウソとホント(1)

「読解力低下」騒動のウソとホント(1)解消されている“子どもの本離れ”

  昨年末あたりから、日本の子どもの読解力が低下していると話題になっている。その原因について「最近の子どもは本を読まないからだ」などとメディアや見識者は騒ぎ立ているが、実はど...

日本テレビ局内で3人が感染!? 新型コロナウイルスで芸能界も厳戒ムードに

 日本中を震撼させている新型コロナウイルスは、日がたつにつれてますます感染拡大を続けている。  今月26日には安倍首相が政府の新型コロナウイルス感染症対策本部で、今後2週間は...

電通本社勤務の男性が新型コロナウイルス感染で大パニック! テレビ局は「深刻な事態」に

 大手広告代理店の電通本社に務める50代の男性が、新型コロナウイルスに感染していたと25日に公表、26日より全社員を原則的に在宅勤務(リモートワーク)させると発表した。  同...

地上波テレビに見切り!? 民放の若手社員が退社ラッシュ、外資系の転職先で年収が倍額以上に

 民放の若手社員に退社ラッシュが続いている。“厚待遇”といわれるテレビマンたちだが、ここ1年ほどでその状況は激変しているようだ。 「40代以上はさすがに難しいですが、20代、...

若者が新手のパワハラに辟易!? 「ワンコール縛りが嫌で会社やめた」人も出現する“固定電話恐怖症”が蔓延

 2月5日放送の日本テレビ「スッキリ」で取り上げられた「固定電話恐怖症」がネット上で大きな話題を呼んでいる。 「固定電話恐怖症」とは、会社などの固定電話にかかってきた電話を取...
マル激 TALK ON DEMAND

沢尻エリカ被告に判決【神保哲生×宮台真司×松本俊彦】薬物事件をめぐる刑罰と報道の問題点

[今月のゲスト]松本俊彦[国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部部長] ――著名人による違法薬物事件が相次いで世間をにぎわせている。無論、違法薬物は違法である以上、取り...

ロケ番組にヤジ馬を集めるため!? テレビ東京、“誤爆LINE”での番組PRに視聴者が大混乱

 テレビ東京が1月23日、ロケ番組のスケジュールを同局の公式LINEに流して告知したが、受け取った視聴者が混乱するすなど騒動になっている。  同局では、お笑いタレント、アンタ...

五輪後にメディア再編が!? 民放局“ネット配信”の裏にあるローカル地方局「合併」の現実度

 在京民放テレビ5局が、今秋以降にも番組の同時ネット配信に踏み切る予定であることが分かった。視聴率低下のテコ入れ策としては有効だが、その裏には地方テレビ局の「合併」への動きが...

NHKのネット常時配信に猛反発! 民放各局が“インターネットファースト”に舵を切れない懐事情

 公共放送であるNHKが、今年4月から地上波のテレビ放送をスマートホンなどで閲覧できるよう、インターネットに常時配信することを発表した。これにいまだに猛烈な反発をしているのは...

英国王室問題を叩く日本のワイドショーは、なぜ皇室の“予算組み”を論じないのか?

 新年早々の1月8日、英国王室のヘンリー王子(サセックス公爵)とメーガン妃が「高位の皇族」の地位から退き、経済的に独立すると電撃発表し、大きな話題となった。  夫妻は声明文と...
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

もはや完全終了!? テレ朝『報ステ』社外スタッフの大量リストラの深層

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステーション』を支えてきたベテランの社外スタッフ約10人に対して、3月いっぱいでの契約終了を通知し、波紋を呼んでいる。  「リストラされ...

辛坊治郎のパワハラ報道に世論は真っ二つ「教師が生徒をパワハラで訴えるくらい笑える」の声も

 騒動は拡大するのか、収束に向かうのか……。  1月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、『深層NEWS』(BS日テレ)の司会進行を務めるフリーアナウンサー・辛坊治郎が、日本...

テレ朝『報道ステーション』番組スタッフ10人以上の“大量リストラ”はテレビ業界凋落の象徴か

 インターネットの普及などにより「平成」後期から浸透しつつあるテレビ普及が「令和」に入ってますます深刻化している。 「令和に入った昨年はテレビ番組の出演ギャラが下降線をたどる...
東海テレビ『さよならテレビ』映画化記念インタビュー後編

ヤクザに人の生死、そして報道の裏側……東海テレビがドキュメンタリーを作り続けるワケ

 東海テレビが制作し、東海テレビの放送エリアだけで流れたドキュメンタリー番組『さよならテレビ』では、自らを取材対象とし、テレビ報道の現場をつまびらかにした挑戦的な企画で話題を呼...
東海テレビ『さよならテレビ』映画化記念インタビュー前編

テレビは本当に「終わって」いるのか? 東海テレビ自ら現場に切り込むテレビ報道の“自画像”

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざまな場で話題に上がっていたテレビ番組がある。  東海テレビが制作し、東海テレビ放送地域で流...

テレビ朝日『報道ステーション』“大量派遣切り”は、安倍政権へのすり寄りアピールか

 12月20日、テレビ朝日系『報道ステーション』の人事が大幅に刷新されることが、社内イントラネットなどで発表された。テレ朝関係者が興奮気味に語る。 「1月1日付で、10数人い...
『灘校物語』出版記念特別コラム

なぜ同じ東大卒でも、有能な人間と無能な人間に分かれるのか

※本記事は『灘校物語』(小社刊)の出版を記念して、「まぐまぐ!」にて12月7日に配信された「和田秀樹の『テレビでもラジオでも言えないわたしの本音』」()を加筆修正し、再掲載し...
『灘校物語』出版記念特別コラム

金もうけのためにマスコミに身内を殺され、自己責任扱いされる日本人

※本記事は『灘校物語』(小社刊)の出版を記念して、「まぐまぐ!」にて11月16日に配信された「和田秀樹の『テレビでもラジオでも言えないわたしの本音』」()を加筆修正し、再掲載...

上皇后美智子さまのストレスによる“嘔吐発表”は、週刊誌合併号へのカウンター攻撃か

 12月13日、上皇后美智子さまが9月以降、血液が混じる嘔吐を複数回したり、体重減少があり、体調不良が続いていることを宮内庁が発表した。  原因はストレスとのことだが、具体的...
エッジ・オブ・小市民【6】

“恐怖”と“不安”の炎上に意味はある? 小籔千豊の「人生会議」ポスター問題

 厚生労働省が制作した『人生会議』のPRポスターがなかなかの勢いで炎上した。患者団体や遺族から大きな批判を呼び、予定されていた自治体へのポスター発送は中止。ホームページへのP...
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

メディア記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真