日刊サイゾー トップ > インターネット

インターネットの記事一覧 (22件)

新型コロナ禍で荒れるインターネット…法務省、人権侵犯が増加と発表
 法務省は3月22日、「令和3年(21年)における人権侵犯事件の状況」を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、新規救済手続きを開始した件数、処理件数は減少したものの...
角栓にゅるっ、トイレに浮く脂…うさん臭すぎるネット広告の舞台裏 代理店関係者「人を騙して…」
 ニュースサイトを読んでいると、よく見かける「PR広告」。これは企業から依頼を受けて書く広告記事のことで、興味本位でクリックしてみると、怪しげな商品が割と高値で売られているサ...
BTS超える次世代K-POPアイドルは初音ミク的!? 韓国エンタメでメタバースがトレンドに
 インターネット上につくられた仮想空間「メタバース」に新たなビジネスチャンスを見出し、世界のIT大手各社が一斉に参入を発表している。象徴的なのはfacebook(旧名称)の動き...
総務省、スマホ料金値下げに続き今度はネット回線違約金の値下げに着手か
【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】私たち消費者のデジタルライフが、さらに便利で豊かなものになるかもしれない。というのも、国がインターネット通信の契約について「高す...
「ご不快な思いをさせて申し訳ありません」…炎上企業はなぜ「ご不快構文」で火に油を注ぐのか? ジャーナリストに聞いてみた
 近年、ジェンダー表現を中心に企業の広告やSNS発信が炎上を繰り返している。そして、炎上後、多くの企業は表現の取り下げを行ってきた。  取り下げと共に公開される謝罪文には「不...
「PPAP」は百害あって一利なし!? 日本社会に意味不明な「メールしぐさ」が蔓延したワケ【クロサカタツヤ×大泰司章】
通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!(サイゾー21年3月号より一部転載) ──昨年末に平井大...
コロナと不況が吹きすさぶ21年に生き残る術──希望なき未来には自ら希望を選び取るべし【クロサカタツヤ】
通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!(サイゾー21年1月号より一部転載)  2020年...
クロサカタツヤ×落合孝文──日本の未来はこの会議次第!? 規制改革議論の最前線
通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案! ──9月に発足した菅政権で、ツイッターでおなじみ...
クロサカタツヤ×荒井秀和──日本人はバーチャルが苦手!? 世界中でデジタル化が進むなか「展示会」はどう進化するか
通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案! ──新型コロナの影響で東京五輪を始めとしてさまざ...
Google大規模障害発生!今年2度目…露呈したポケGOからエアコンまで及んだ影響の大きさ
 去る12月14日の21:00ぐらいから約45分間に渡って、Googleの大規模性が発生した。GmailがGoogleカレンダーのほか、影響はマップやYouTubeにも及び、人...
ゴミみたいな情報ばかりに規制の嵐……Facebookは既にオワコンか
 Facebookの凋落が止まらない。TikTokなど新たなサービスが話題を集める一方でFacebookはオジサンオバサン向けのかび臭いものになりかけているのだ。  近年の調...
終了から1カ月……改めて感じる「Yahoo!ジオシティーズ」消滅の亡失感
 膨大なコンテンツの消滅がジワジワと効いてきている。3月31日にサービスを終了したYahoo!ジオシティーズによってである。  Yahoo!ジオシティーズは、インターネット黎...
ダウンロード違法化だけじゃない! 今度は「リンク税」なんてのもやってくる!?
 ダウンロード違法化問題など著作権法改正の流れで、どんどん不自由になる感じのするインターネットの世界。今度は「リンク税」なるものが導入されるのではないかという、新たな脅威が囁...
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構の事業終了で、ネットの世界は不自由になる?
 2008年の設立以来、携帯サイトへの過度な規制を防ぐ役割を果たしてきたモバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)が、来年の4月で事業を終了する。  ネット環境の変化によ...
なぜか胡散臭い、楽天・三木谷氏のインターネット国有化論 結局、自社に利益を誘導か?
政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)の雰囲気が4月以降、とげとげしくなっているようだ。どうもそれは、楽天の三木谷浩史会長兼社長が突如、インターネットの国有化をぶち上げたから...
優勝者は世界大会へ
日本最大級のネットゲーム「スペシャルフォース」の日本一が決定!
優勝チームの『Racpy』のメンバー 日本では「ラグナロクオンライン」や「ファイナルファンタジーXI」などが有名なオンラインゲーム界で、ユーザー数が300万人を超え、国内でも最大...
2ちゃんで処女を告白した、あのIカップアイドル有川知里がアキバ降臨!
昨年10月に2ちゃんねるで「現役グラビアアイドルだけど何か質問ある?」なるスレッドを立ちあげ、オナニー経験や枕営業についてなどグラビアファンのねっとりとした質問に答え、さらには「...
百花繚乱の時期を経て、覇権争いに終止符が――。
動画サイト戦争は淘汰の時代へ 勝者はYouTubeかニコ動か?
ニワンゴ取締役のひろゆき。最近は、夏野氏との対談講演などで、一時よりも表に姿を表すようになっている。 YouTubeの台頭以降、新たなネットビジネスの金脈と見て多数の企業が参入し...
月額840円! 新垣結衣のブログ有料化に見る「芸能人ブログの経済学」
新垣結衣オフィシャルブログより 女優の新垣結衣が6月11日の誕生日をキッカケにブログを再開している。もともと芸能人にとってのブログは広報活動の一環だ。本音を載せる芸能人などいるは...
ジャニーズ”肖像権タブー”の正体 ネットNGの理由を代理人に直撃(後編)
草なぎ剛の謝罪会見では、事前にネットや携帯、衛星放送などでは画像や映像を流さないようジャニーズ事務所が取材陣に要請。強制力があるものではなかったが、ほとんどのメディアがそれに従っ...
ジャニーズ”肖像権タブー”の正体 ネットNGの理由を代理人に直撃(前編)
ジャニーズのタレントを起用した雑誌の表紙と、それを紹介する出版社のウェブサイト。本文にある通り、未掲載であったり、人物を塗りつぶしたり、イラストにしたりと、タレントが露出しないよ...
自分をレンタルする女! その気になるサービス内容とは?
「自分屋24」のウェブサイトには、「暇な時間売ります!」と堂々宣言。 トミモトリエ、32歳。彼女が昨年末から始めた仕事は「自分屋24」。ウェブ上に自分のスケジュールを公開し、暇な...
ページ上部へ戻る

配給映画

インターネット記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

矢沢永吉、台風下ライブファン無問題?

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真