日刊サイゾー トップ > 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの記事一覧 (202件)

発売数日で重版の注目度!新型コロナ医療ドキュメント小説『臨床の砦』

『神カル』夏川草介氏が医療の最前線から掲げる、新型コロナに打ち勝つ“唯一の道”

「新型コロナウィルスを前代未聞の脅威たらしめている理由のひとつは、その『秘匿性』にあります」 『神様のカルテ』など医療小説のベストセラー作家であり、コロナ感染症指定病院に勤務...

Travis Japan、メンバー7人中6人が新型コロナ陽性 「なぜこの時期に全国ツアー?」疑問視する声も

 デビュー目前とも噂されるジャニーズJr.の人気ユニット・Travis Japanのメンバーが新型コロナウイルスに感染していることがわかった。  公式サイトによると、メンバー...

豊洲市場の酒類提供はヤケクソではない! 公設市場だからこそ給付金対象外なわけ

 東京都、京都府、大阪府、兵庫県の1都2府1県で4月25日から新型コロナウイルス感染症対策として「緊急事態宣言」が発出されている中、東京都の豊洲市場の飲食店が「酒を提供する飲...

IOC委員「五輪決定可否は医療関係者がすべき」の波紋と東京五輪中止シナリオ

 23日に東京都、大阪府、兵庫県に26日から3度目の緊急事態宣言発出を表明した菅義偉首相。期限を設定した5月11日までの3週間で人流を抑えてどうにか感染状況を改善したい考えだ...

「死ぬまで食べても2500円」サイゼリヤの“多幸感”を歌う韓国のアーティスト、イ・ラン インタビュー

「死ぬまで食べても2500円」「ワインください/デキャンタください/いやマグナムで」――韓国に暮らし、日本のカルチャーシーンでも活躍するシンガー・ソングライターでアーティスト...

東京五輪中止へのカウントダウンか… 非常事態宣言発令で最終予選国内開催断念

 政府が東京都、大阪府、兵庫県に新型コロナウイルス感染拡大を受けて緊急事態宣言を発令することが20日夜、急浮上した。いずれの地域も変異株の影響で新規感染者数が急激に増えており...

自民党が推進する「選択的週休3日制」、悪用に注意! 新型コロナでの減収で反発の声も?

「選択的週休3日制」の導入が急浮上している。自民党がその導入を政府に提言しており、政府も今夏にまとめる骨太方針に盛り込む方向で検討している。では、この選択的週休3日制とは、ど...

吉村知事、非常事態宣言で「プロ野球とJリーグも中止か延期」要請で球団経営崩壊か?

 新型コロナウイルス感染拡大が止まらない大阪府の吉村洋文知事は20日の会見で、政府に緊急事態宣言を要請。夜には大阪府と兵庫県、さらには東京都に政府が3度目の発出方針を固めた。人...

小池都知事、緊急事態宣言再々発出要請検討 「五輪中止」の現実度

五輪推進派からまたしても衝撃の発言だ。  東京都の小池百合子知事は18日、急増傾向が見られている新型コロナウイルス感染拡大を受けて政府に対し、緊急事態宣言要請を視野に入れているこ...

「PPAP」は百害あって一利なし!? 日本社会に意味不明な「メールしぐさ」が蔓延したワケ【クロサカタツヤ×大泰司章】

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!(サイゾー21年3月号より一部転載) ──昨年末に平井大...

新型コロナにiPS細胞が効果―京大と理研の研究グループが発表 政府はさらなる支援を

 京都大学iPS細胞研究所と理化学研究所を中心とした研究グループが4月7日、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いることで、既存薬剤のウイルス抑制効果を実験。結果、新型コロ...

新型コロナ、ワクチン接種は「五輪開催か中止か」の試金石 菅政権が窮地の可能性も

 東京五輪とパラリンピックに出場する日本代表の選手について、一部で新型コロナウイルス対策のワクチン優先接種が報じられた。だが9日、丸川珠代五輪担当大臣は「全く検討していない。...

新型コロナウイルスのワクチン接種で気になる副反応の数と症例―日本の実情まとめ

 新型コロナウイルスのワクチン接種が4月12日から65歳以上の高齢者を対象に開始された。ついにワクチン接種が医療従事者から一般の人々に拡大されるが、ワクチン接種による副反応に...

プロ野球のチケットが販売できない――「まん防倒産」の危機が到来か?

 プロ野球の阪神タイガースは2日、甲子園球場で4月6日から5月2日まで行われる主催15試合のチケットをすでに購入済の年間指定席以外の発売を行わないと発表した。4月5日より新型...

巨人、主力選手が続々コロナ感染… それでも響かない“感染対策”

 プロ野球読売ジャイアンツは4日、中島宏之、丸佳浩、若林晃弘の3選手が新型コロナウイルスに感染したことを発表。また、ゼラス・ウィーラー選手も5日に陽性が確定したこともわかった...

ソフトバンクは「申請漏れ」… コロナ対応でてんやわんやのプロ野球裏事情

 新型コロナウイルス感染拡大の中、政府が特段の事情として外国人選手の入国を認めたプロ野球界に激震が走った。福岡ソフトバンクホークスが4月2日、助っ人の防疫措置で不手際があった...

『鬼滅の刃』成功は必然だった―先行投資と芸能界重鎮へのパイプがつくり上げた“ソニー帝国”の軌跡

 近年はインターネットの普及やSNSの発展、新型コロナウイルスの感染拡大などの影響により不況が続いてる芸能界だが、業界の不振をよそにますます存在感を増しているのが、株式会社ソ...

大阪、五輪聖火リレー「中止」の深刻さ 「五輪中止」にも飛び火か

 感染再拡大の様相の新型コロナウイルスが、またも東京五輪関連行事を振り回している。  政府は1日、改正新型コロナ特措法に基づく「まん延防止等重点措置」(通称「まん防」)を4月...

プロ野球新外国人来日報道は「自制」の流れに

プロ野球千葉ロッテマリーンズの新外国人のデイニー・エチェバリア選手が26日、アメリカから来日したことが発表された。先日、政府がプロ野球とサッカーJリーグの要請を再三受けていた新外...

志村けんさん急逝から1年…最期の1カ月から見えた「酒と女」への愛

 昭和、平成、令和のテレビ界をコント魂で席巻した人気コメディアンの志村けん(本名・志村康徳)さん。昨年3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で急死してから1年が経過しようと...

「評論家全員が…」「番記者も…」順位予想で酷評されたセ・パ最下位候補の戦力事情

 プロ野球ファン待望のシーズン開幕の日がやって来た。今季もコロナの影響で、観客制限や9回打ち切りなど特別ルールでの開催となるが、その程度のことで戦力差は埋まらない。両リーグと...

巨人人気OBの中畑&槇原氏がコロナ感染…「ミスターパーフェクト」でも罹患の衝撃度

 プロ野球界が再びコロナショックに見舞われている。  読売ジャイアンツのエース投手時代に完全試合を達成し「ミスターパーフェクト」で知られる槙原寛己が22日夜、新型コロナウイル...

“阪神有利、ベイスターズ不利”はいつまで? プロ野球、新助っ人入国へ 戦力不均衡がついに解消

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、政府の緊急事態宣言が1月から続いたことにより来日ができていないプロ野球、サッカーJリーグの外国人選手や指導者について、政府が「特段の事情...

就職内定率が急激に悪化、特に女性の雇用環境に打撃―厚労省「大学と連携して支援」

新型コロナウイルスの感染拡大は雇用に深刻な影響を与えている。非正規雇用者を中心に大量の失業者が発生していることに加え、企業の新卒採用にも大きな影響が出始めている。文部科学省と厚生...

コロナ禍1年、まだ根付かない国会内のトホホな「三密対策」

タレントのヒロミが9日、レギュラー出演する情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)で政府が緊急事態宣言を発出中の関東1都3県に対し、推奨しているテレワークの現状について嘆い...

取材する側とされる側のニーズが見事に合致? コロナ禍で誕生した思わぬ“人気スポット”

 コロナ禍で苦況に立たされているのは、華やかに見えるテレビ界も同じ。番組制作に制約が生まれるなか、思わぬ“人気スポット”が誕生している。  マスク姿が当たり前になり、人との距...

『俺の家の話』ドラマのリアリティとマスクの“距離感”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(2月28~3月6日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。 日高陽斗(高橋一生)「十分に距離もありますし、マスク、外し...

電通に政府の仕事を丸投げできなくなったら、どこが引き受けるの? 「悪の政商」呼ばわりへの反論を聞く

「日本政府の弱さ」をさまざまな形で露呈した新型コロナ禍。感染者や犠牲者が世界的に見て非常に少なかったのに、政府に対する国民の評価が低く、ネットには多くの不満が上がっている。...

格闘家・青木真也が語るオリンピックと森喜朗騒動──「すべてが、もう前のようには戻らない」

 今年1月、シンガポールで行われた「ONE: UNBREAKABLE」で、元ONEウェルター級世界王座挑戦者のジェームズ・ナカシマを相手に快勝を見せた青木真也。その変わらぬ強...

格闘家・青木真也「みんな再生数とかPV数に疲れている」コロナ禍で挑んだ海外遠征と格闘技界の今

 格闘技界において、変わらぬスタンスを貫き通している青木真也。  もはや説明不要のキャリアを持つ青木だが、彼が主戦場としているONE Championshipは、海外を拠点と...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

新型コロナウイルス記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

前代未聞の対決を描いたU-NEXT配信作品3本

 コロナ過の中、今年のGWは3度目の緊急事態...…
写真
インタビュー

深田えいみのセクシーだけじゃないSNSテク

 ”大喜利お姉さん”として新たなファン層を獲得しているセクシー女優の深田えいみ。発売...
写真