日刊サイゾー トップ > ヒップホップ

ヒップホップの記事一覧 (18件)

舐達麻(なめだるま)は2019年ベストアルバム獲得でメジャー化なるか? 分断される日本のヒップホップ

 世界的に若者たちにもっとも支持される音楽となっているヒップホップ。日本国内でも、『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)の放送開始をきっかけに、アンダーグラウンドなシー...
続きを読む

ラッパーKダブシャインがAbemaTVでセクハラ!? Zeebraを中心にヒップホップにおけるポリコレ議論に発展

 1月2日にAbemaTVで配信された『フリースタイルMonstersWar2020 令和までお待たせしすぎたかもしれませんSP』において、ラッパーのKダブシャインがセクハラ...
続きを読む
日刊サイゾースペシャル対談

青木真也×cherry chill will「格闘技とヒップホップ」の共通項と「ライブの醍醐味」

 去る10月13日(日)、両国国技館にて開催された格闘技の祭典『ONE: CENTURY 世紀』日本大会。同大会での総合格闘技ルール ライト級の試合に出場し、見事一本勝ちを手...
続きを読む

2019年のお笑い界を牽引した霜降り明星「個性で勝負しない」ことの重要性とR-指定 / Creepy Nutsとの共通点

 ミルクボーイというダークホースがM−1グランプリで優勝し、まさかの展開を迎えることとなった2019年のお笑い界。しかし、この1年を牽引したのは、霜降り明星、ミキ、四千頭身な...
続きを読む

『フリースタイルダンジョン』のR-指定、バトルせずとも“あのグループ”を倒しちゃった!?

 衝撃的な一報にネット上では音楽ファンが一瞬ざわめきたったが、すぐに鎮火したようだ。12月23日、一部サイトがこんな見出しを配信した。 「R指定、凍結(活動休止)」 「R指定...
続きを読む
ラッパーが司法制度と戦う理由

国家に狙われたストリート・ギャング! ニプシー・ハッスルの死去から見る「米ヒップホップの司法戦争」

――ストリートから誕生したヒップホップは、時代と共に成長し、エンタメに特化したパーティチューンから、真っ向から社会を批判するプロテストソングまで、形態は多種多様だ。本稿では、...
続きを読む
中国のラップはマイルド?

全米でブレイクしたラッパーも…共産党の禁止令が出ても大人気! 中国ヒップホップの潜在能力

――中国政府はヒップホップ禁止令を出した――。2018年、そんなニュースが日本でもややセンセーショナルに報じられた。しかしながら近年、同国では『The Rap of Chin...
続きを読む
収監直前ラッパーD.Oの告白

自伝出版は“不謹慎”か? 収監直前ラッパーD.Oが告白する悪党の美学

――十数年前、練マザファッカーのボスとしてダウンタウンのバラエティ番組『リンカーン』(TBS系)に出演し、“ディスる”という言葉を一般化させたラッパー、D.O。2018年初夏...
続きを読む
ムショではブチアガる本を読みたい!

刑務所で食らった本とは? A-THUGとBESが激白するラッパーの“獄中読書”

――先ごろ、再始動した伝説的ヒップホップ・グループのSCARS。リーダーのA-THUGと重要メンバーのBESは刑務所に服役したことがあるが、収監中にどのような読書をしていたのだろ...
続きを読む

【ラッパー対談】裏社会のリアルに自伝とマンガで迫った漢&TABOO1の危ない絆 グラフィティ・ライターの日常も!

 2015年に出版され、ラッパー自伝のクラシックとなった漢 a.k.a. GAMIの「ヒップホップ・ドリーム」(河出書房新社)。去る7月、同書が文庫化されたが、今回の目玉は増...
続きを読む
MC内郷丸「現代アイドルソング学概論」第6回

“レペゼン新潟”ここにあり!? NGT48「青春時計」に見る、地方と東京のヒップホップ抗争史

今回紹介するのはNGT48の「青春時計」(アリオラジャパン)である。NGT48。AKB48グループの妹分として、2015年8月に活動を開始した、新潟を拠点としたアイドルグループで...
続きを読む
MC内郷丸「現代アイドルソング学概論」第5回

モーニング娘。’17「BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー」に見る、“ヒップホップ的マッチョイズム”

今回の「現代アイドルソング学概論」は、今月発売されたアイドルソングを何曲かピックアップして紹介。楽曲を紹介するにあたり、少し遠回りになるが、別の話を挟むことにしよう。 先日、「ユ...
続きを読む
MC内郷丸「現代アイドルソング学概論」第4回

現体制活動終了! “アイドルラップの先駆者”lyrical school「韻」で辿る彼女たちの足跡

pre class="center">『date course』(T-Palette Records) 2016年12月21日。日本のアイドルラップシーンを担うグループ、lyri...
続きを読む
MC内郷丸「現代アイドルソング学概論」第3回

アイドルラップの次なる本格派!? “ガチ”で“ドープ”な『E TICKET RAP SHOW』を聞け

アイドルに勝手にヒップホップ的要素を見出し紹介してきたこの連載。第3回にしてはじめて、やっと“アイドルラップ”を扱うことにした。今回の一枚は、『E TICKET RAP SHOW...
続きを読む
MC内郷丸「現代アイドルソング学概論」第2回

ラップだけじゃない!  E-girls『Go! Go! Let’s Go!』から見る日本のヒップホップカルチャー

さて、なんとか無事に2回目を迎えることができた「現代アイドルソング学概論」。今回はE-girlsの『Go! Go! Let's Go!』(rhythm zone)である。 E-g...
続きを読む

「お兄ちゃん、好きー!」で話題沸騰中! 女子中学生アイドルラップユニット・ライムベリーって?

AKB48を筆頭とした空前のグループアイドルブームの中、突如としてシーンに現れた中学生ユニット・ライムベリーが、先物買い好きなアイドルファンの間で大きな話題を呼んでいる。アイドル...
続きを読む

「知らない人にも楽しんでもらいたい」女性ラッパーMiss Mondayのやり方

1990年代初頭、「ダヨネ~」「よくないコレ? コレよくな~い?」なんてかる~いノリで颯爽と日本のメジャー・シーンに現れたヒップホップというジャンル。その後、Dragon Ash...
続きを読む

「ねーお兄ちゃん!!」な萌え系ラップユニットに大注目!

左上から時計回りに、AOI(19)、HINA(22)、YUI(22)「ねーお兄ちゃん! ねーお兄ちゃん! 好きー!」 こんなフレーズを萌え萌えなアニメ声でラップするMOE-K-M...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

ヒップホップ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

れいわ新選組の躍進の謎に迫る

 7月に行われた参議院選では、与党側が選挙前の147から141へと議席を減らした一方、...
写真