日刊サイゾー トップ > マヂカルラブリー

マヂカルラブリーの記事一覧 (26件)

マヂカルラブリーが「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」と考えるワケ

「R-1ぐらんぷり2020」優勝、「M-1グランプリ2021」優勝、そして三冠をかけて「キングオブコント2021」へーーマヂカルラブリーは、そんな破竹の勢いの真っ只中にいる。...

野田クリスタルの“超人芸”に東京03角田が放った痛烈な一言!「野田をただのいいやつにしちゃダメ!」

 コラムの執筆やステイホームの影響で、バラエティ番組を観る機会が増えている。これまでは番組を観るたびにぼくなりに思う事や世間へ向けて発信したい事はあるのだが、コラムにする程で...

ゲーム制作、筋肉ジム…才能あふれまくる野田クリスタル、松本人志クラスの“カリスマ”になるか?

 昨年のM-1グランプリで優勝して以来、一気にスターダムを駆け上がったマヂカルラブリー。ボケ担当の野田クリスタルは、実はゲームクリエイターとしても大人気だ。 『R-1ぐらんぷ...

吉本興行、ここにきて再び第7世代を猛プッシュ? 粗品の“3冠”は至上命題か

 今年もTBSで放送予定の『キングオブコント2021』。これが吉本興行にとって大きな転換期になる大会になるかもしれないという。 「今年のキングオブコントは霜降り明星が優勝すれ...
お笑いバックスちゃんねる

マヂラブほか「大宮セブン」による楽屋ネタ満載の「お笑いバックスちゃんねる」がおもしろすぎ!「テレビでする話」ではない「その芸人固有の話法」

「お笑いバックスちゃんねる」とは、カー用品店「スーパーオートバックス大宮バイパス店」が運営する劇場から配信される、異色のお笑いYouTubeちゃんねるである。  主な出演芸人...

『アメトーーク!』4週連続出演のマヂカルラブリー 村上は加地Pの完全お気に入り状態!?

 マンネリ化を囁かれることも増えたテレビ朝日系『アメトーーク!』だが、いまでもハイレベルなバラエティー番組として業界内視聴率は高く、芸人にとって大きな舞台であることは間違いな...

本田翼が製作総指揮のゲーム「にょろっこ」発表! マヂラブ野田はじめタレントプロデュースのゲームはトレンドとなるか?

 度重なる緊急事態宣言などの影響で巣篭もり需要が伸び続けている現在、ゲームは1つの娯楽として定着し、YouTubeなどではゲーマーやYouTuberのみならず、タレントがゲーム...

マヂカルラブリー、オールナイトニッポンで本来の姿を解放! オードリー路線に乗れるか?

 昨年の『M-1グランプリ2020』で優勝し、その後多くのバラエティ番組に出演しているマヂカルラブリー。決してオーソドックスではない奇想天外なネタを繰り出す、個性的なコンビと...

すゑひろがりず、マヂラブも ブレイクの前に喰らったイレギュラーな介入

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(2月14~20日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。 すゑひろがりず・南條「アレが1個のターニングポイント」  新...

見取り図&ニューヨーク、配信ライブで売り上げ2000万円! 同業者のファンも急増の理由

 現在、東西の吉本若手のリーダー的存在として、大人気となっているのが見取り図とニューヨークの2組だ。2月12日には、この2組がなんばグランド花月で『ピアス』というライブを開催...

「コロナ禍になって芸人の”席”はむしろ減ってる」令和ロマンが語る“令和の芸人の歩き方”

 いく度目かのお笑いブームが極まっている昨今、第7世代の次の世代に期待を寄せる視聴者や業界人も多い。芸歴3年目の令和ロマン(髙比良くるま・松井ケムリ)も、お笑い界にふくそんな...

さんま「単なるテレビ番組やないかい」 M-1とネタとガチの境界線

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(1月24~30日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。 野田クリスタル「あ、優勝だ」  テレビの中のガチとネタの峻別...

お笑い賞レースの盛り上がりが最高潮に!『キングオブコント』はベタの5GAP、肉体派のインポッシブルに注目か

 第7世代の台頭により、盛り上がりを見せるお笑い界。さらに、第7世代よりも少し上の、“6.5世代”と呼ばれるかまいたち、チョコレートプラネット、ジャングルポケット、三四郎、さ...

マヂラブ・野田クリスタル、“ハムスター愛”で好感度が爆アゲ「愛だね」「心洗われた」

 1月18日の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)では、『M-1グランプリ2020』で優勝したマヂカルラブリー・野田クリスタルに密着。破天荒な芸風で「漫才か?漫才...

かもめんたる岩崎う大のコント批評が大好評! お笑いが進化しすぎた結果「芸人を批評する芸人」が人気に

 近年、ネット上でさまざまな議論が勃発するほどに盛り上がりを見せているお笑い賞レース。昨年末の『M-1グランプリ2020』で優勝したマヂカルラブリーが“漫才かどうか”という論...

マヂカルラブリーは戦々恐々!? ダウンタウン・浜田雅功は今年もM-1を観ていない?

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)が12月20日に放送され、平均視聴率は再開した15年以降で最高となる19.8%を記録した。  第16代王者とな...

M-1「漫才かどうか論争」の背景にある“西高東低の崩壊” 関西芸人が漫才を牽引する時代は終わるのか

 マヂカルラブリーが優勝が決定し、それで大団円とはならなかった『M-1グランプリ2020』。ネット上では、“マヂラブは漫才なのか”という議論が勃発してしまった。  ボケの野田...

たけしがめった切りにしたのはマヂラブだけじゃない!? 的確なダメ出しに賞賛の声も

『M-1』の審査員席にこの人が座っていたら、優勝者は変わっていたかもしれない?  12月23日深夜に放送された『ビートたけしの公開!お笑いオーディション』(TBS系)で、タレ...

元芸人が「M-1 2020」を徹底分析!マヂラブが見せた2つの“漫才コントの型”

 2020年12月20日、M-1グランプリの決勝戦が開催された。  様々な番組や芸人を元芸人目線で分析するこのコラムを書かせて頂いているが、今回はM-1グランプリ2020決勝...

M-1「マヂラブは漫才か」論争で見取り図がとばっちり! かつての和牛のように嫌われてしまう?

 漫才日本一を決定する『M-1グランプリ2020』はマヂカルラブリーの優勝で幕を閉じたが、ネット上では「マヂラブは漫才なのかどうか」という議論が勃発した。  ボケの野田クリス...

『M-1 2020』のコロナ対策に疑問視!? 飛沫が気になって笑えない人も…

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)が12月20日に生放送され、マヂカルラブリーが優勝し、16代目王者となった。 「最終決戦では審査員が見取り図、...

マヂカルラブリー、M-1優勝は個性を貫いたから? 一貫性のない審査基準に振り回された敗者たち

 マヂカルラブリーの優勝で幕を閉じた『M-1グランプリ2020』決勝戦(ABC・テレビ朝日系)。クレイジーに動き回るボケの野田クリスタルに村上が説明とツッコミを入れていく、フ...

M1王者マヂカルラブリー、『スッキリ』出演で「フリートークいける」と視聴者が反響

 12月20日に生放送された漫才日本一を決める『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で、16代目王者に輝いたお笑いコンビ・マヂカルラブリーが21日の『スッキリ』(日本テレビ系)...

マヂカルラブリーがM-1優勝!「漫才は止まらない」を体現する大会に…全漫才レビュー

 12月20日、年末恒例の「M-1グランプリ2020」が開催された。熱戦を制し史上最多5081組の頂点に立ったのは、今年3年ぶり2回目の決勝出場となったマヂカルラブリーだった...

M-1グランプリ準決勝でファンへの裏切り、炎上へ ファイナリストもガッカリ?

 今年はいわゆる「お笑い第7世代」にあたるミキやEXIT、四千頭身らが準々決勝で続々と敗退(参照記事)。唯一残った、昨年のファイナリストぺこぱも準決勝で敗退と大荒れ。早速、ネ...

ポスト千鳥の大本命!? 野田クリスタルの“R-1優勝”でマヂカルラブリーの躍進待ったなし

 新型コロナウイルスの影響で無観客での実施となった『R-1ぐらんぷり2020』の決勝戦(3月8日、フジテレビ系で生放送)は、お笑いコンビ・マヂカルラブリーのボケ担当・野田クリ...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

マヂカルラブリー記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

綱島「住みたい街160位」でも注目のワケ

今回は、2022年に新駅開業予定、東急東横線「綱...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真