2021年5月アーカイブ

日刊サイゾーのバックナンバー一覧です。

西内まりや『全裸監督2』の見せ場は「暗闇濡れ場」? 前作の勢いを超えられるか?
 かつてモデル、歌手、女優としてスポットライトを浴びたプライドが決意を鈍らせてしまった?  6月24日に配信スタートとなる山田孝之主演のNetflixオリジナルドラマ『全裸監...
朝日新聞社説の「五輪中止」にチラ見する菅政権の“さらなる”開催強行と“朝日の懐”事情
「社説で正義感ぶったのだろうが、自己満足だろ。むしろ政権側は『意地でもやってやろう』という気になったよ」と、菅政権幹部が指摘するのは、朝日新聞が5月26日付けで掲載した社説だ。...
野村彩也子、斎藤ちはる、井上清華… 各局若手エースアナ候補に吹き荒れた「強い逆風」
 飛躍が期待された各局のエースアナ候補たちが、強い逆風にさらされている。  入社2年目で大きく飛びしたと思われたのが、狂言師・野村萬斎を父親に持つTBSの野村彩也子アナ。レギ...
東出昌大、“絶縁”された親友はあの大河俳優? 業界内に“東出NG”広がるか
 株は下がる一方?  自身の不倫報道をきっかけに、昨年7月に女優の杏と離婚した東出昌大。主要キャストを務めるヒット映画『コンフィデンスマンJP』シリーズ最新作の撮影にも参加し...
宮下かな子と観るキネマのスタアたち第13話
宮下かな子、旅一座の浮草稼業を描いた小津安二郎「浮草物語」で、俳優として迫られたある選択に思いを馳せる
 こんばんは、宮下かな子です。  5月は、勝手に小津安二郎監督祭開催中!今回ご紹介する映画は『浮草物語』(1934年 松竹)です。『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』『出来...
熊田曜子、「DV夫逮捕」だけど離婚はしないしたたかな事情
 タレントの熊田曜子がトラブルに巻き込まれている。熊田本人の通報により、会社経営者の夫がDV疑惑で逮捕されたからだ。 「現役のタレントが自分で通報して家族が逮捕されるというこ...
新垣結衣、星野源の「職場結婚」を読み解くと? フィクションの『逃げ恥』がリアルな夫婦になる瞬間
「逃げ恥婚」というワードで世間を騒がせた新垣結衣と星野源の結婚。大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役にたつ』(TBS系)でみくりと平匡という夫婦役を演じた2人だが、俳優同士が撮影...
爆笑・大田が東京五輪開催を猛烈擁護! 雑な発言相次ぐIOCに疑問だらけの出演陣にくってかかる一幕も
 30日放送のTBS『サンデージャポン』では、オリンピック開催問題について特集。爆笑問題の太田光が国際オリンピック委員会(IOC)への批判に猛反論。「IOCは政府をフォローし...
ワンオク・Taka、テレビに出演しないのは「根本的に信用してない」から…『ボクらの時代』で語った“呪縛”
 30日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に佐藤健、ONE OK ROCKのTaka(森内貴寛)、大友啓史の3人が出演。大ヒット映画『るろうに剣心』シリーズの主演俳優、主...
舞台『蟻地獄』特別インタビュー
インパルス板倉俊之「答えを出してから死にたい」──小説とお笑いの間で続ける人体実験のゆくえ
「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、舞台『蟻地獄』がインパルスの板倉俊之脚本・演出で上演される。原作は板倉が役10年前に書き上...
インスタの「地図検索機能」が話題、「食べログ」や「Google マップ」に大きな影響を与える可能性も
【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】フェイスブックジャパン株式会社は、2021年3月から写真共有SNSのインスタグラムで「地図検索機能」のテスト運用を開始した。これ...
脱“平たい顔”! 男の顔を端正に仕上げる「シェーディング」の極意とは?
 顔に陰影、つまり凹凸をつける。  メンズメイクに慣れ親しんでいない男性にとっては「?」という感じだろう。顔に凹凸があると顔が小顔に見える効果がある。また目鼻立ちがはっきりと...
「富士そば」伝説のボツメニュー「まるごとトマトそば」のその後… 幻のトマト系「珍そば」「奇そば」を振り返る! 
 螺旋をなしたそばを土台にして、積み重ねられた大根おろし、茄子の煮浸し、ピーマンの盛りつけは、さながら“三重塔”のよう。その頂点には、トマトの煮びたしがちょこんと添えられる。...
実はあなたも? 80%のサラリーマンが“間違いだけどやってしまう”習慣とは
【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】新社会人がそろそろ落ち着き始める時期、これまで間違いだと習ってきた敬語を先輩方が使っていて戸惑った、などということはないだろうか...
スマホ出荷台数、Appleがぶっちぎりの1位と判明! iPhone人気はまだまだ続く?
【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】日本のスマートフォン市場における、「iPhone VS Androidスマホ各社の連合軍」という世界的に珍しい対立はまだまだ終わ...
Sexy Zone「みんなインスタ“裏アカ”もってる」告白! ジャニーズはもはや隠さないスタイルに?
 ジャニーズ公然の秘密?  Sexy Zoneが、プライベートでInstagramの個人アカウントを持っていると告白し、ファンの間で話題となっている。  これは、現在ツアー中...
声優・駒田航、“渡部建”風な不倫疑惑 ファンの擁護は逆効果? 第2、第3の矢の可能性も
 『ヒプノシスマイク』などでおなじみの人気声優・駒田航の不倫疑惑を女性週刊誌『週刊女性』2021年6月8日号(主婦と生活社)が報じた。  記事によると、駒田は独身の頃から知り...
“古畑 VS SMAP”にモザイクか、『ネメシス』爆死の戦犯は、サウナで薬物疑惑の真相…週末芸能ニュース雑話
記者I 田村正和さんが4月3日に亡くなっていたことが5月18日になってから公表されていましたが、フジテレビは追悼特番を放送。22日に放送した「古畑任三郎ファイナル ラスト・ダン...
『関ジャム』寺岡呼人のレコード愛は変態の域! アナログレコードの“違い”をテレビで聴く
 5月23日放送『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)は「アーティストのスゴ技実演特集」と題した総集編。今まで話題になったオンエアから選りすぐりの実演シーンを振り返る内...
鷲見玲奈が写真集発売も田中みな実と比較する声「最大露出はワキ」で秘蔵カットに期待
 フリーアナウンサー・鷲見玲奈が8月4日にファースト写真集を発売することが決定した。  女子アナ写真集といえば、田中みな実が19年に発売した写真集『Sincerely you...
【短期集中連載】音楽ライターが検証する『大豆田とわ子と三人の元夫』のED評
「大豆田」ED曲、BIM再登場で判明した「Veranda」とドラマの関係性ー物語が進むごとに歌詞の意味が判明
「ドラマ満足度ランキング」(オリコン)において2週にわたり首位を獲得した『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)。回を追うごとに予想し難い苦難が起きては過ぎていき、もはや...
打倒、鷲見玲奈!宇垣美里、女優転身に続いて『あさチャン!』サブMCで古巣に凱旋!?
 ようやく追い風が吹き始めたようだ。  5月21日発売の「フライデー」(講談社)にて、フリーアナたちによる女優業進出の舞台裏が報じられた。その中で、宇垣美里についての情報が一部...
キンプリ高橋海人、『ドラゴン桜』のドラマ満足度「1位」に貢献! 一方『ネメシス』は圏外常連
 春ドラマの明暗がはっきりと分かれてきたようだ。  オリコンによる「ドラマ満足度ランキング」の最新の調査結果が28日に発表された。  これは、オリコングループの調査システム「...
東出昌大「養育1万円」報道でクズイメージが加速 悪役俳優としての需要が高まるか?
 自身の不倫報道をきっかけに、昨年7月に女優の杏と離婚した東出昌大が、3人の子供に対して1人あたり月1万円の養育費を提示していたと、5月27日発売の『女性セブン』(小学館)が...
チョコプラが語るYouTubeという“実験場” 製作費は破格の平均2万円! お笑いと動画配信の親和性
──今やテレビで見ない日はないんじゃないか級の人気を誇るお笑いコンビ・チョコレートプラネット。これだけのテレビ露出があるのに、彼らのYouTubeチャンネル「チョコレートプラ...
櫻井翔、広瀬すず主演『ネメシス』起死回生作の“嵐のメンバー出演”に暗雲が…
 4月にスタートした日本テレビ系連続ドラマ『ネメシス』が思わぬ苦戦を強いられている。  嵐の櫻井翔と女優・広瀬すずがW主演を務める同ドラマは、櫻井演じるポンコツ探偵・風真尚希...
「楽天モバイル」利用動向調査で分かった、半年間でシェアを3倍に拡大していることが判明!
【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】楽天モバイルの成長が著しい。今回発表された個人向け携帯電話利用者の利用動向調査で、キャリア参入からわずか1年で無視できないレベル...
「町中華」でも、どこか新しい…ノスタルジックな味わいの名店再現系カップ麺3選!
「激辛」や「二郎系」など、カップ麺では派手な味の商品が注目されがち。ですが、老舗の味、昔ながらの味を再現した商品も根強い人気を得ています。カップ麺は、味の極端さだけが魅力ではあり...
『青天を衝け』徳川慶喜と平岡円四郎の“主従愛”に渋沢栄一は嫉妬した? 史実から読みとく男たちの熱い物語
──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...
「延暦寺焼き討ちの織田信長は無心論者」はウソ! 中世の僧侶が導いた“神仏冒涜”正当化の驚愕ロジック
 日本の中世において、織田信長の延暦寺の焼き討ちをはじめ、寺社に対する焼き討ちが行われていたことはよく知られている。しかし、それは神仏への信仰心がなかったから「ではない」...
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

猪木さん「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

 今週のホットなニュース・トピックをピックア...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真