安倍晋三の記事一覧 (30件)

新型コロナウイルス危機で「戦時下の首相」に…自民党は“安倍4選”一色

「日本が戦後、経験したことのない国難」  4月1日の参院決算委員会で安倍晋三首相は新型コロナウイルスの感染拡大による現状をこう表現した。  この「国難」を前に、国内の政治情勢...
続きを読む
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

ビートたけし&立川志らく、「女性パートナー」で周囲が大迷惑の裏事情

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各地方自治体で相次ぎ出される外出自粛要請。桜の季節到来にもかかわらず、東京都では飲食を伴う花見の自粛も呼びかけられたが、そのさなかに...
続きを読む
エッジ・オブ・小市民【10】

安倍総理の思いつき休校要請から見える“国難”と決定的に損なわれてしまったもの

 2月28日の夜、小学6年生の子供を持つ友人の女性から、大まかに要約すると、次のような話を聞いた。 「急に小学校最後の日を宣告されて、子供が泣いている。楽しみにしていた6年生...
続きを読む

官邸記者クラブは終わった!? 安倍首相“コロナウイルス会見”の肩透かし

「まだ質問があります!」「まだ質問があります!」  普段聞かれない”不規則発言”に一瞬たじろぐ安倍晋三首相。長谷川栄一内閣広報官が「予定の時間が過ぎています」とさえぎり、気を...
続きを読む

政府の発表はまだか!? 総理番記者の新型肺炎“感染疑惑”と官邸の欺瞞

 大手紙政治部記者は2月19日、神妙な顔付きで周囲を伺いながら「安倍晋三首相も、新型肺炎(コロナウイルス)に濃厚接触した可能性がある」と小声で呟いた。 「一部既報の通り、事の...
続きを読む

新型肺炎が縁の切れ目!? 安倍政権の過剰すぎる中国への忖度で“アベ友”たちが手のひら返し

「今回、中国肺炎の対応で危機管理能力と決断力が欠如した政治家とわかってしまった…。」  猛威を振るう新型肺炎。感染源の中国だけでなく、日本国内でも雪だるま式に感染者が増え、つ...
続きを読む

【新型肺炎】あわや安倍首相も感染の危機! 共同「総理番記者」がハイヤー運転手と濃厚接触か?

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、“ウイルス禍”はついにニュースを伝える報道の現場にも波及した。17日、全国の地方紙や民放各局などにニュースを配信している「共同通信」...
続きを読む

大企業からの内通者に対する報復を容認!? 安倍政権の“国際的時代遅れ”がまたまた露呈

 自民党が公益通報者保護法の改正にあたって、企業側の罰則規定を設けない方針で検討を進めていることが明らかになった。内閣府消費者委員会の専門調査会がまとめた改正に向けての報告書...
続きを読む

自公連立にヒビ!? 自民党が公明党批判の過激新聞を全国の党支部で配布の謎

「桜を見る会」やIRなどさまざまな疑惑が直撃しながらも、逃げ切りモードを貫いている安倍政権。施政方針演説では、今夏に控えた東京オリンピック・パラリンピックの話題を繰り返し持ち...
続きを読む

安倍政権が考える“日本人の幸福”は金次第!? 経済統計ではみえない、本当の満足度とは?

 日本人が感じる「満足感」とは、どのようなものなのか?  内閣府は政策運営に活かすために、満足度という質的・主観的観点から、経済・社会の構造をより多面的に「見える化」する検討...
続きを読む

安倍首相、側近の不祥事が相次ぎレームダック化…岸田氏への禅譲で“キングメーカー狙い”

 昨年夏の参院選の公職選挙法違反をめぐり、広島地検から取り調べを受けている河井案里陣営に、1億5,000万円ものカネが自民党本部から振り込まれていたことが1月22日、「週刊文...
続きを読む

中国共産党内部にも大激震!? “IR汚職”事件の裏で蠢く中国、官邸、検察それぞれの思惑

 1月14日、秋元司前IR担当副大臣が東京地検により再逮捕された。大手メディアが捜査の進展を報じる一方で、ある中国経済専門家は、「IR汚職が中国共産党内部にも大激震をもたらす...
続きを読む

安倍晋三×岡田准一対談の不自然さ…ジャニーズ事務所が現政権にすり寄り始めたワケ

 ジャニーズ事務所所属のV6・岡田准一が、新年1月1日にニッポン放送で放送される「安倍晋三×岡田准一×村上茉愛 新春対談~2020かがやくニッポン~」で、安倍晋三首相と対談し...
続きを読む

安倍首相が乗り切った「桜を見る会」疑惑で2つの重要資料が出てこない理由

 街がクリスマスムードに包まれているというのに、永田町だけは桜、桜とかまびすしかったわけだが、臨時国会が閉幕に近づき、安倍官邸はこの疑惑を乗り越えたように見える。  安倍首相...
続きを読む
劣勢の安倍政権を後方支援!?

「桜を見る会」問題、野党批判のデマ記事を量産する正体不明のニュースサイトが乱立中!

 総理大臣主催の「桜を見る会」問題の余波が収まらない。  安倍晋三首相の講演会関係者が多数招待されていたことが明らかになったほか、昭恵夫人の「枠」があることまでもが発覚。野党...
続きを読む

欠席したのは毎日新聞だけ! 安倍総理が「キャップ懇」で官邸記者の取り込み成功

「そりゃあボクらも懇意にしている閣僚はいます。でも、編集部がその閣僚をターゲットにしている場合、食事会をセットするなんてありえない。現場の記者が戦っている時に、ノコノコ行ける...
続きを読む

「桜を見る会」はギャラ飲みだった⁉ 招待著名人への出演料支払い疑惑が浮上

 在職日数が歴代トップとなった安倍晋三首相が窮地に立たされている。首相が主催する「桜を見る会」について、安倍首相の後援会関係者が多数招待され、与党自民党の「枠」が大量に設けら...
続きを読む

三原じゅん子、総理主催「桜を見る会」逆ギレツイートでまさかの”次期入閣確定”か

 ”文春砲”などの報道におんぶに抱っこだった野党が、痛快なスクープを飛ばした。  共産党・田村智子参院議員が11月8日の参院予算委員会で、毎年4月に新宿御苑で開かれる内閣総理...
続きを読む

タッパー持参で料理のお持ち帰りも!? 渦中の首相主催「桜を見る会」、金がかかるのも納得の“食べ物争奪戦”

 季節外れの「花見」の話題が世間を賑わせている。毎春開催される首相主催の「桜を見る会」について、「税金の私物化ではないか」との指摘が登場。野党が攻勢を強めている。  桜を見る...
続きを読む
エッジ・オブ・小市民【4】

“美しい国”における責任、それは風船のように宙を漂う

せき‐にん【責任】 ①責めを負ってなさなければならない任務。引き受けてしなければならない義務。 ②(━する)事を担任してその結果の責めを負うこと。特に、悪い結果をまねいたとき...
続きを読む

菅原経産相の電撃辞任の裏でうごめく「ポスト安倍」をめぐる”権力者たちの暗闘”

 有権者への「寄付行為」などを追及されていた菅原一秀経済産業相が、就任からわずか一カ月余りで辞任した。  10月上旬より「週刊文春」(文藝春秋)が、選挙区の有権者らにカニやメ...
続きを読む

池上彰の「35%必要論」でさらなる増税後押しも? 安倍政権が捻じ曲げた消費税悪用のゆくえ

 10月1日から消費税率が、ついに10%に引き上げられた。  メディアは連日、消費税率10%の影響や軽減税率対象商品、ポイント還元といった話題を取り上げている。だが、消費税問...
続きを読む

安倍政権、読売新聞グループのトップを駐スイス大使に起用でメディア業界に波紋広がる

 メディア業界を騒がせている政府人事をご存じだろうか。  安倍政権は8月30日、読売新聞グループ本社会長の白石興二郎氏を駐スイス大使に起用すると閣議決定した。白石氏は速やかに...
続きを読む
小泉進次郎、今井絵理子のほかにも……

スキャンダル議員だらけの内閣改造、11月解散までの消化試合だった⁉

 第4次安倍晋三再改造内閣が11日、発足した。  フリーアナウンサー・滝川クリステル(41)との電撃婚で世間を騒がせた小泉進次郎氏(38)の環境大臣での初入閣が話題となったも...
続きを読む

安倍新内閣、予告された閣僚の不祥事スクープ不発は週刊誌ジャーナリズム終焉の前兆か

「来週あたり週刊誌で何か出ると思いますよ」。9月11日の安倍新内閣発足を受け、テレビ番組でそう口にしたのは政治ジャーナリスト・田崎史郎氏だ。 「3T」と名付けられた武田良太国...
続きを読む

第4次安倍再改造内閣で小泉進次郎が入閣した本当の意味と、見えてきた「4選」の現実味

 小泉進次郎氏入閣で沸き立った第4次安倍再改造内閣。 「安倍晋三首相は進次郎氏を評価していない」という政治記者たちの一致した見方は「実は『ポスト安倍』にしたいのか」に変わった...
続きを読む

安倍政権の内閣改造で注目される二階俊博&小泉進次郎の処遇と「3つの裏テーマ」とは?

 9月2日、安倍晋三首相は政府与党連絡会議で「来週、内閣改造を行いたい」と明言した。「安定と挑戦の強力な布陣を整えたい」と首相が意気込む内閣改造と党役員人事の行方に、永田町は...
続きを読む

安倍首相、三谷幸喜との懇談で「あの俳優の名前」が出ても大人の対応で乗り切る深慮遠謀

 安倍晋三首相が11日、都内で映画『記憶にございません!』(9月13日公開)の試写を鑑賞した。同作品を鑑賞後は、メガホンを執った三谷幸喜監督と懇談したことを、各スポーツ紙が報...
続きを読む

吉本が芸人側と分裂してでも守りたかった政府との「蜜月」……クールジャパン機構の100億円融資もパァに⁉ 

 吉本芸人による闇営業問題が、泥沼化の様相を呈している。  20日午後に行われた雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮による爆弾会見によって、「芸人側」と「...
続きを読む
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.537

安倍政権の長期化は「内閣情報調査室」のおかげ!? 官僚制の闇に迫る危険なサスペンス『新聞記者』

 菅義偉官房長官との定例会見での攻防で、すっかり有名になった東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者。望月記者の著書を原案にしたのが、社会派サスペンス映画『新聞記者』だ。韓国映画『...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

安倍晋三記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真