大麻の記事一覧 (84件)

【再掲】舐達麻がブチかますコンプラ無視の“超”大麻論──なぜ「たかだか大麻 ガタガタぬかすな」とラップするのか

ホットなヒップホップ・グループ「舐達麻」の3人が大麻について大いに語ってくれた昨年のインタビュー記事を再掲載する。(「月刊サイゾー」2020年12月号より一部転載) 「たか...

警察の違法な職務質問と尿検査が横行する? 「大麻使用罪」導入で危惧される日本社会の逆行と人権侵害

 2021年1月13日、大麻取締法に「使用罪」の導入が検討されることが報じられた。現行法では、大麻は所持や栽培、売買、密輸などは禁じられているが、使用に関する罰則はない。しか...

ドラッグ疲れでメディテーション──大麻・瞑想・オーバードーズ! 米ドラッグビジネス最新事情

──アングラだろうがメインストリームだろうが、ヒップホップとドラッグの関係は今も昔も揺るぎない。「売人」であった彼らが、いつしか「ユーザー」となり、果ては正規の「ビジネス」までに...

ドラッグで宗教的体験は得られるか──参加できるのは選ばれた者だけ? サイケデリックスの神秘性を問う

──特殊なお茶”を販売した男性が、麻薬及び向精神薬取締法違反の罪に問われている裁判が、一部で注目を集めている。お茶に幻覚物質が含まれていたというが、植物性の幻覚剤は、しばしば宗教...

ドラッグを取り締まるための法律──「薬物四法」の中身と成立秘話

──日本で薬物を取り締まる法律には「薬物四法」があり、薬物ごとに適用される法律が異なる。しかし、覚醒剤の「使用」は罪に問われるものの、大麻の「使用」については罰則がないなど、その...

「大麻の茎や種から抽出」と謳うが…美容&健康業界で盛り上がる大麻成分CBDのグレーゾーン

──最近、CBDという単語を目にした読者がいるかもしれない。大麻に含まれる成分であるが、ハイになるものではなく、それを配合したオイルやクリームが街中のコスメショップで売られ、オー...

舐達麻がブチかますコンプラ無視の“超”大麻論──なぜ「たかだか大麻 ガタガタぬかすな」とラップするのか

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。注目を集めるのは第一に、自身と大麻をめぐる現実について前例がないほど“直接的”にラップする...

なぜ合法化が進むアメリカで“密造大麻”が流通?──THCリキッド市場が拡大! 日米マリファナ最新裏事情

大麻は着火して煙を吸うイメージがあるだろうが、電子たばこで気化して摂取するものが日本の一部で浸透しつつある。一方、合法化が進むアメリカでは、密造大麻、擬似大麻が闇市場で出回ってい...

大麻乱用者増加の背景にコロナ禍? データが示す大麻と巣ごもり生活の親和性

 新型コロナウィルスの感染拡大を受け、2021年1月7日に首都圏4都県を対象に発令された緊急事態宣言は13日、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡、栃木の7府県を新たなに対象と...

「大麻使用罪」の導入の是非は? 賛成派が見落としている論点

 2021年1月18日、ツイッターのトレンド欄に突如現れた「大麻使用罪」という言葉。この見慣れない文字列を巡って論争が起きている。ことの発端は13日、厚生労働省が大麻に関する...

嵐、活動休止後の解散は不可避なのか…鍵を握るのは“業界不信”に陥った大野智

 今年いっぱいで活動を休止するアイドルグループ「嵐」。いよいよカウントダウンとあって、ジャニーズ事務所がテレビ番組やスポーツ紙を通じて“国民的アイドル”というイメージを改めて...

ネットフリックス番組も…アメリカで大麻系エンタメが一般化!一般人はどう捉えていのか

 ドラッグの合法化・非犯罪化の潮流はもはや留まる気配がない。とくに2020年11月は世界的にドラッグ産業のターニングポイントとも呼べる月だった。  メキシコでは11月19日、...

伊勢谷友介「誰かを傷つける犯罪ではない」に唖然…麻薬取締官による“ドラッグマーク”芸能人

 ピエール瀧や沢尻エリカが逮捕された2019年に続き、20年も2月に歌手の槙原敬之が、9月に俳優・伊勢谷友介が逮捕されるなど大物芸能人の違法薬物による逮捕が大きな話題となった...

伊勢谷友介被告の初公判で明らかに! 傍聴記者が語る大麻にどっぷりハマった理由

 大麻取締法違反(所持)罪に問われた俳優の伊勢谷友介被告の初公判が1日、東京地裁で行われ、伊勢谷被告は起訴内容を認めた。検察側は懲役1年を求刑し結審。判決は22日に言い渡され...

元中日監督・谷繁氏息子の「薬物疑惑」に 球界大物OBが大激怒!

 10月22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)「週刊新潮」(新潮社)の2誌に同時掲載されたプロ野球・中日ドラゴンズ元監督の谷繁元信氏の息子の“大麻疑惑”。この報道にさる大物球界...

伊勢谷友介“交際相手にエアガン”報道が物議! イケメン俳優、K-POPアイドル…etc.DV疑惑が浮上した有名人たち

 大麻所持で逮捕された俳優の伊勢谷友介だが、ここにきて過去のDV疑惑が取り沙汰されている。 「スポーツニッポン」では、「DV被害を受けていた女性は少なくとも2人」と報じ、その...

窪塚洋介「ガサ入れきた」「俺はパクられない」正真正銘の“ナチュラルハイ”を体現するスゴさ

 俳優・伊勢谷友介の大麻所持による逮捕報道が、連日ワイドショーを賑わせている。中には、伊勢谷の過去の言動を掘り起こし「奇行」と報じる向きもあったが、そんななか、俳優の窪塚洋介...

大麻所持で逮捕の伊勢谷友介、最後の作品が「ジャニーズのクソドラマ」の無念

 俳優の伊勢谷友介(44)が、8日午後に自宅で大麻を所持していたとして、警視庁に逮捕された。伊勢谷は湾岸署に身柄を移送され、所属事務所は「関係各所の皆様、ファンの皆様へ多大な...

伊勢谷友介、大麻取締法違反の疑いで逮捕! YouTubeで見せた異常なまでの植物愛

 俳優で映画監督の伊勢谷友介が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。報道によれば、大麻が見つかったのは自宅で、警視庁が詳しいいきさつや入手ルートなどを調べているという。 「もし大...

エイベックス松浦勝人会長をめぐる怪文書に、当局も関心を寄せていた!? 

 音楽業界の大物を、薬物スキャンダルが直撃した。先週、「週刊文春」(文藝春秋)が報じた大手レコード会社「エイベックス」の松浦勝人会長の大麻使用疑惑。同誌は、「元社員」を名乗る...

大麻逮捕の元HKT48・谷口愛理、16歳時の「疑似フェラ」「騎乗位」映像がプレミア化

 思わぬプレミアがついているようだ。  福岡を拠点に活動するHKT48元メンバーの谷口愛理容疑者が4月16日に、大麻取締法違反(所持)の疑いで福岡県警西署に逮捕された。福岡市...

同じ境遇だったのに…元HKT48・谷口愛理の大麻逮捕で際立つ菅本裕子との“明暗”

 アイドルファンの間では注目メンバーだっただけに、ショックを受けている者も多いようだ。  4月16日、元HKT48・谷口愛理が、大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことがわかった...

一発でノックアウト!? マイク・タイソンが”世界最凶”のマリファナを発売

 ボクシング界のレジェンド、元世界ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソン氏が、マリファナ販売が合法化されたアメリカ・カリフォルニア州で大麻ビジネスに進出している件は、以前にお...

反省してませーん!? スノボ国母和宏被告の初公判は、前代未聞の“大麻礼賛”裁判に

 米国から国際郵便で大麻ワックス約57グラムを密輸した大麻取締法違反罪などに問われた元五輪代表のプロスノーボーダー・国母和宏被告の初公判が8日、東京地裁で開かれた。  国母被...
売り上げは月5,000万円以上!

マイク・タイソンが大麻の売人に転身していた!! 「タイソン農園」建設計画も……

 近年、北米ではカナダやカリフォルニア州など、各地でマリファナの合法化が進んでいる。世界各地からマリファナを吸うためにこれらの地に多くの人が集まり、マリファナ・ツアーも行われ...
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.539

マリファナ解禁しました!! 世界で初めて大麻を合法化したウルグアイ産映画『ハッパGoGo』

 人気アイドルグループ「KAN-TUN」の元メンバー・田口淳之介、元女優の小嶺麗奈が逮捕されたことで、注目度が急上昇した大麻(マリファナ)。タバコや酒より中毒性は低いんだから...

小嶺麗奈ルートで”麻取”があの人気タレントを徹底マーク? 衝撃報道でテレビ関係者が青ざめたワケ

本当に逮捕されれば、芸能界に激震が走るのは間違いない。  KAT-TUNの元メンバー・田口淳之介と“内縁の妻”で元女優の小嶺麗奈が大麻所持で逮捕されて、1カ月が経過しようと...

大麻擁護派バッサリ、松本人志のドラッグ、嗜好品事情

 5月26日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)において、大麻所持容疑で逮捕された元KA-TUNの田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者のニュースを受けてダウンタウンの松...

元KAT-TUN・田口淳之介と安倍昭恵総理夫人の「大麻つながり」が参院選に影響?

 通常なら接点がなさそうな2人だけに、余計に「共通点」がクローズアップされてしまった。  5月30日発売の「女性セブン」(小学館)にて、大麻取締法違反(所持)の疑いで内縁の妻...

小嶺麗奈に教わった? 元KAT-TUN・田口淳之介を薬物依存にした“あの錠剤”の激ヤバ効能

 悪いウワサは以前から聞かれていたようだ。  大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された元KAT-TUNの田口淳之介容疑者と、女優の小嶺麗奈容疑者に関して、新たな情報が飛び交...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

大麻記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

令和喜多みな実・河野、関西若手漫才師の至宝

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

ふみくんが説く、令和の「シン・ヒモ」論

  ふみくんは、これまで13年間で10人以上の女性宅に転がり込み、都合1000万円も...
写真