2021年2月アーカイブ

日刊サイゾーのバックナンバー一覧です。

「一蘭」初のカップ麺はなんと490円! 店のラーメンにも劣らない高級カップ麺の世界
2月にも多くの名店再現系カップ麺が発売されましたが、特に本格的で高額な商品が多かったのが特徴的でした。豚骨ラーメンの名店「一蘭」の初となるカップ麺、「日清×食べログ百名店」の第4...
日テレと東スポに巻き込まれるアンジャ渡部、嵐の復帰説は事務所主導か、覆面アーティスト増えた背景…週末芸能ニュース雑話
記者I 東京スポーツが22日に報じたアンジャッシュ・渡部建の「豊洲市場アルバイト」の件が今週はけっこう読まれていましたね(参照記事)。特に23日に放送された『情報プレゼンター...
草なぎ剛がブルーリボン賞受賞で一流俳優の仲間入り! 大河でも吉沢亮が食われる?
 東京映画記者会が主催する第63回ブルーリボン賞が2月23日に決まり、『ミッドナイトスワン』のトランスジェンダー役を演じた草なぎ剛が、初の主演男優賞に輝いた。  一報を受け、...
「カールルイ子」「箱ティッシュ男」… あの芸能人が学生時代に付けられたトンデモあだ名
 加藤浩次も納得がいかない様子だったが……。  2月24日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて、教育現場で「あだ名禁止」が広がっていることを特集。ツイッターでは「あだ名禁止...
日テレ森アナフォロワー15万人の驚異的人気も…インスタ「水卜ちゃん」禁止令か
 今年4月改編で情報番組『ZIP』の総合司会を務めることが決まった日本テレビの水卜麻美アナウンサー。今や30代の女性局アナナンバーワンの称号を手に入れた彼女に、異常なまでに力...
綾瀬はるかが女優界で”無双”状態…『天国と地獄』で開放した艶やかな美しさと驚くべき身体能力
 最近では“国民的女優”“視聴率女王”“CM女王” など豪華な枕詞がつくことが多い女優・綾瀬はるか。日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)は、そんな綾瀬はるかが持...
“広告拒否能力”に長けた人にどう訴求するか「TikTokHiT考」4
マクドナルドでナゲットソースは時代遅れ!? 男は黙って塩だろ!! マックで塩をもらう裏技
 マクドナルドLOVERな皆さんへお届けするチキンマックナゲットについての有益な情報をお届けいたします。チキンマックナゲットは1984年2月からサイドメニューに加わっているロ...
『青天を衝け』視聴率低下も心配なし! 地味な主人公・渋沢栄一がもたらすであろう“幕末オールスターズ”の活躍
──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...
iPhoneの時代、終了? 続々登場のエントリーモデルが5G普及に貢献中!
【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】日本国内では2020年からサービスがスタートした5G。高速・大容量かつ遅延の少ない通信規格として、もはや現代人の生活の一部となっ...
『青天を衝け』がカオス大河に⁉ ディーンだけでなく綾瀬はるかも“同キャラ”で登場?
 NHK大河ドラマでは13年の綾瀬はるか主演『八重の桜』以来、8年ぶりの平均視聴率20.0%の大台スタートとなった『青天を衝け』。2月21日放送の第2話では16.9%と大きく...
LINE、緊急時の連絡手段で利用率1位に! しかし世代間では大きなギャップも
【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】いまや若者だけではなく、大多数の人にとっても無くてはならない連絡手段となっているコミュニケーションアプリ「LINE」。そんなLI...
スマホで他社に乗り換えるときの「MNP」って何? 実際にやってみて分かった注意を解説!
【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】ドコモの「ahamo」やauの「povo」などの登場で、スマホの月額利用料は大幅に安くなりつつある。今からどこに乗り換えようか迷...
King&Prince岩橋玄樹のルックスに変化?「男らしくなった」近況報告も、復帰は一進一退か
 King & Princeが女性ファッション誌「ViVi」(講談社)の表紙に登場し、ファンを喜ばせているが、昨年まで出版業界で囁かれていた「キンプリの表紙は売れる」...
国が押し付ける「男らしさ」の呪縛──現代にはびこる“ヘゲモニック(覇権的)な男性性”
──男というのは、いつの時代も変わらない。しかし、近年は「オトコのあり方」というものが、社会の変容によって崩壊しつつあり、男たちもそれに順応しようとしてきているが、そもそも「男ら...
『ボンビーガール』が大迷走! ヤラセ疑惑と恋愛番組転向で聞こえる“打ち切り”の足音
 大胆な路線変更に視聴者が戸惑っている。 「お金がなくても幸せに暮らそう」というキャッチフレーズのもと、慎ましく生活しながら夢に向かって奮闘する女性を紹介してきた『幸せ!ボン...
川栄李奈、朝ドラ出演の快挙も“夫二股交際疑惑”の現在
 今秋スタートの2021年下半期のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で深津絵里、上白石萌音とともにヒロインを務める女優・川栄李奈。  同ドラマは朝ドラ史上初となる3...
故・やしきたかじん番組3月末で「終了」コロナ禍でスタッフ雇用にも打撃
 関西テレビのバラエティー番組『胸いっぱいサミット!』が3月末で終了することを同局が発表した。後番組は未定だという。  番組は1994年1月、歌手でタレントの故・やしきたかじ...
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【16】
森喜朗氏の女性蔑視発言がアメリカ人気コメディ番組で早速ネタに…性差別への痛烈な皮肉
「東京オリンピック・パラリンピックの組織員会会長の森喜朗が女性蔑視発言」  このニュースがアメリカで大々的に報じられることこそなかったが、それでもオリンピック運営のトップのこ...
芸能人の自体相次ぎ…五輪聖火リレーはそれでも「実現」できるのか?
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が24日、IOC(国際オリンピック委員会)の理事会に初めてオンラインで出席、3月25日スタート予定の聖火リレーについて「安全...
ザブングル松尾の“芸人引退”で改めて考える“ツッコミ”が生き残る厳しさ、難しさ
 ひと月前の2021年2月1日。ワタナベエンターテインメントの公式サイトで、3月31日をもってザブングルが解散することが発表された。  このニュースを聞いた時、同じ時代を生き...
そこにはネット黎明期の熱気があった! VRイベント「クロスマーケット 2」が示すVRコミュニティの可能性と課題
お  2021年2月20日(土)にスタートしたVR展示会イベント「クロスマーケット2」が好評だ。  主催者発表によると開催から3日間で累計来場者数が3万人を突破。終了予定の2月2...
霜降り明星も悲鳴! かまいたち、チョコプラの「6.5世代」が「第7世代」を駆逐中
 自分で作って自分から逃げ出した⁉  お笑いコンビ・霜降り明星が2月18日放送の『やすとものいたって真剣です』(朝日放送)にて、「第7世代」に対する本音をぶちまけた。  番組...
プロ野球阪神、おちゃらけキャンプの代償…西&高橋離脱で開幕に不安
 3年契約ラストイヤーのプロ野球、阪神タイガースの矢野燿大監督にとっては何とも痛々しい出来事が起こっている。3月26日の東京ヤクルトスワローズとの開幕カードに先発予定の勝ち頭...
香里奈を週刊誌が唐突にヨイショ! 「庶民派キャラ」アピールの裏に「主演女優」復活計画⁉
 女優でモデルの香里奈の「復活計画」が静かに進行しているという。  香里奈といえば、カリスマモデルの肩書をひっさげ、ドラマではヒロインや主演を務めていたものの、14年に“ベッ...
広瀬すずの「おばさんパーマ」に疑問も…「既視感設定」櫻井翔の新ドラマに爆死フラグが立ちまくり⁉
 広瀬すずと嵐・櫻井翔が4月スタートのドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)にW主演することがわかった。  同ドラマは、広瀬演じる天才助手と櫻井演じるポンコツ探偵による凸凹バディ...
日本国内で2万以上のパソコンが「Emotet(エモテット)」ウイルスに感染か
【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】国内の多数のPCが、コンピュータウイルスに感染している可能性があるようだ。海外捜査当局から情報提供があったといい、感染が疑われる...
土田晃之「7万円会食接待うらやましい」コメントに一般人は興ざめ!?
 お笑いタレントの土田晃之が26日、フジテレビ『バイキングMORE』に生出演。山田真貴子内閣広報官が利害関係のある会社から7万円超の接待を受けていたことについてのコメントに視...
商品名が「殺人事件」などコミックや小説は、クレカ決済できなくなる可能性も
【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】「〇〇殺人事件」のようなワードの入った漫画や小説等の作品が、クレジットカードで買えなくなるかもしれない、と不穏な噂がTwitte...
NiziUの海外戦略はどうなる?「韓国をスルーしてアジア、アメリカを攻めるべき」との声
 ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントの合同オーディションで誕生したNiziU。すでに日本国内では大ブレイクしているが、韓国ではまだデビューできない状況だ。 ...
「ヘゲモニックな男性性」とは? 呪縛にとりつかれた「男らしさ」イメージの変遷
──男というのは、いつの時代も変わらない。しかし、近年は「オトコのあり方」というものが、社会の変容によって崩壊しつつあり、男たちもそれに順応しようとしてきているが、そもそも「男ら...
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真