2020年12月アーカイブ

日刊サイゾーのバックナンバー一覧です。

ゲッターズ飯田、「来年アンタ柴田に女性スキャンダル」衝撃占い!関係者がおわず押し黙るわけ

 今年のアンジャッシュ・渡部建に続いて、来年も人力舎芸人が騒ぎを起こすのか⁉  12月25日放送の『中居正広の金スマ』(TBS系)に、占い師のゲッターズ飯田が出演。各タレント...

ソニー勢 “一強体制”が続きそうなレコ大…芸能界のドンの威光でバッチリ基盤づくり

『第62回日本レコード大賞』(主催日本作曲家協会)の最終審査会が30日、都内で行われ、歌手のLiSAが歌う映画『劇場版鬼滅の刃』無限列車編』の主題歌「炎(ほむら)」が大賞に選...

上沼恵美子、M-1審査員ギリギリまで拒否していた!『えみちゃんねる』打ち切りもやっぱりショック…

 タレントの上沼恵美子が27日に放送された『クギズケ!』(読売テレビ)に出演。今夏、突然終了した『快傑えみちゃんねる』(カンテレ)に「やっぱりショック」と振り返った。  番組...

今年の紅白、三密回避で取材方式変更も…出場歌手側からは好評だった

 史上初の無観客で開催された今年の紅白歌合戦だが、29日にと30日のリハーサル、そして本番当日の取材方式も大きく変更された. 「昔は紙媒体しかなったが、年々、どんどん新しいウ...

元・横綱稀勢の里が親指立てて「ナイスパです!」若手親方たちがYouTubeチャンネルで大ブレークの兆し!

 コロナ禍でスポーツ界は大揺れに揺れた1年だったが、大相撲も3月場所は無観客での開催、5月場所は中止に。その間、力士ひとり(勝武士さん)がコロナ感染で亡くなり、相撲部屋でのク...
年末特別コラム【六代目山口組vs神戸山口組 2020】

2020年、山口組分裂抗争重要ニューストップ3とは? 識者に聞いた

2015年に勃発した山口組分裂抗争だが、昨年、六代目山口組の髙山清司若頭が社会復帰すると、その流れは一気に六代目サイドに傾いた。さらに年が明けると、その勢いは増し、神戸山口組...

ジャニーズ、新型コロナで異例のお願い! 感染”理由”は事務所内の上下関係か

 日本各地を新型コロナウイルスの”第3波”が襲い、感染者数も過去最高を更新し続ける中、ジャニーズ事務所がオフィシャルサイトで公開した「お願い」が波紋を呼んでいる。  12月2...

『水曜日のダウンタウン』が“視聴率そこそこ”でも強いワケ──個人視聴率重視に切り替えたテレビ業界の今

──これまで視聴率といえば世帯視聴率のことを指していた。ところが今年に入ってから調査対象を家庭内の個人にまで踏み込んで、一部地域で取得開始。この“個人視聴率”は今夏には全国へ...

聖飢魔II vs ヘビーメタル雑誌『BURRN!』ついに決着!“35年戦争”の一部始終

 デーモン閣下率いる聖飢魔IIのライブに、ヘビーメタル雑誌『BURRN!』の編集長が“乱入”。35年越しにいがみ合っていた両者が和解した。  デビュー35周年を迎え、10月か...

宮迫がフジ深夜でテレビ電話出演! 加地Pは「いい復帰」とコメントも、このまま本格復帰は難しい?

 12月28日深夜に放送された東野幸治がMCを務めるフジテレビ系深夜番組『クイズピンチヒッター』に、雨上がり決死隊の宮迫博之がテレビ電話で生出演し、約1年半ぶりの地上波復帰を果...

『さんま御殿』めるる、叱られたときの対処法に視聴者から賛否の声が続出

 12月29日放送の『超特大!さんま御殿!!豪華芸能人&今年の顔が大忘年会SP』にモデルでタレントの生見愛瑠が出演し、叱られたときのある対応を語ったものの、視聴者から賛否両論...

歴代iPhoneランキングでトップ5すべてが小型機種。近年進む大型化って正直どうなの?

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】2020年10月、Appleが新型iPhoneの12シリーズである「iPhone12」と「iPhone12 Pro」を発売したこ...

オリラジ藤森の“ドライブトーク”がスマッシュヒット! 2020年コロナ禍を象徴するYouTubeチャンネル3選

 12月8日、YouTube日本版公式ブログにて、2020年の「国内トップトレンド動画ランキング」(音楽を除く)が発表された。YouTuberの代名詞的存在であるHIKAKI...

『梨泰院クラス』は本当にハッピーエンドか?──共依存関係のセロイとイソ、その未来を憂う

──サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。  韓国ドラマ『梨泰院...

浜辺美波『ただ今、コント中。』かまいたち・山内に大胆告白「ほんとに大好きになっちゃって」

 12月29日放送のバラエティ番組『ただ今、コント中。』(フジテレビ系)の第2弾に、女優の浜辺美波が登場。制服&ギャルメークをした浜辺は「新人ギャル」として、かまいたち・山内...

木村拓哉と中居正広の足並みが揃った!? 草彅剛の結婚でSMAP復活へのカウントダウンか

 30日、元SMAPの草彅剛(46)が所属する事務所を通じて報道各社にファックスを送り、結婚を発表した。お相手は一般女性とのことで、すでに入籍も済んでいるという。発表の約30...
パンドラ映画館特別編

『千尋』から『鬼滅』へ…国内首位の座を禅譲! 災害とヒット作がリンクする日本映画の20年

 長年にわたってトップに君臨してきたスタジオジブリの劇場アニメ『千と千尋の神隠し』(01)が、ついにその座を明け渡した。  2020年12月28日、吾峠呼世晴原作コミックの映...

22年大河『鎌倉殿の13人』、三谷幸喜は難色もNHKは田中みな実をゴリ押し!

 あの2人はどうなる⁉  業界内で注目を浴びているのが、22年に放送予定のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の二次出演者リストだ。  11月16日から5日連続で発表された25...

元乃木坂46中田花奈が絶好調! 選抜から転落も腐らず頭いいキャラで開花か?

 10月に乃木坂46を卒業した中田花奈が、早くもタレントとして高い評価を得ている。  中田は12月5日にビジネス書「『バフェットの投資術』を学んだら、生き方まで変わった話」(...
【wezzy】

BTSジョングク炎上、TWICEジョンヨン活動休止…2020年K-POPトラブル総まくり

BTSが米ビルボード総合シングルチャート(Hot 100)で1位を獲得するなど2020年もK-POPは世界中で人気を集めた。  しかしその一方、様々なスキャンダルや事件が起きた1...

「一流芸能人」失格?GACKT、パクリ騒動を謝罪も販売会社に責任転嫁で批判殺到!

 歌手のGACKTと元ホストで実業家のローランドがプロデュースしたアパレルブランド・『G&R』が、他社と酷似したワンピースを販売していたことが露呈し、ネット上で批判の声が飛び...

鍵を握るのはカズレーザー?森田健作千葉県知事、来年は“バータータレント”に⁉

 テレビに居場所はあるのか?  来年4月の任期満了に伴い、テレビ界への復帰が囁かれているのが森田健作千葉県知事だ。 「サンミュージックの第1号タレントの森田は、現在も『相談役...

紗倉まなの登場は偶然か必然か──単なる告白本から文学へ昇華した「AV女優小説」の進化論

――これまでは自伝的作品や、ともすると告白本テイストのものが多かったAV女優の小説。だが徐々に、本格派の小説も珍しくなくなってきている。そこで今、作家としての地位を確立させつつあ...

嵐、厳戒態勢で毎日PCR検査!?風間俊介のコロナ感染で「相葉大丈夫?」の声も

 22日、俳優の風間俊介が新型コロナウイルスに感染したことがジャニーズの公式サイトから発表された。風間は22日の午前中に発熱、PCR検査を実施したところ陽性だと判明。声が出づ...
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#3

「鬼滅=歌舞伎」説! 劇場版ヒットで判明したストーリー消費のパラダイムシフト

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひと つのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を掘り尽くす本連載。  今回は、...
年末特別コラム【六代目山口組vs神戸山口組 2020】

山口組分裂騒動のキーマンとターニングポイント…誰がこの問題に終止符を打てるのか?

6年目に突入した山口組分裂騒動では、かつては同組織に属していた人物同士が時に対峙し、その後、手を握るような離合集散が起きてきた。そうした人の動きこそが、分裂騒動のターニングポ...

ゴーン逃亡から一年…拘置所で生身で責め続けられる日本の刑事司法制度の現在地

 元日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏の日本脱出から今日で丸一年……。当時、日本中で大々的に報道された逃亡劇も、いまとなっては風化してしまっている感もある。今も問われ続ける日...
『ポレポレ東中野』トークイベント取材

立民・小川淳也議員を追った映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』「こんなバカな奴がいるんだな」

 2020年コロナ禍にあって映画館もまた大きな打撃を受けた場所だが、そんな苦しい状況の中で異例のヒットをした、政治ノンフィクション映画がある。それは立憲民主党(比例四国ブロッ...

嵐、活動休止後の解散は不可避なのか…鍵を握るのは“業界不信”に陥った大野智

 今年いっぱいで活動を休止するアイドルグループ「嵐」。いよいよカウントダウンとあって、ジャニーズ事務所がテレビ番組やスポーツ紙を通じて“国民的アイドル”というイメージを改めて...

嵐が夢見た世界進出と「上を向いて歩こう」の歴史的めぐり合わせ──批評家・矢野利裕が選ぶ“今年のジャニーズソング3曲”

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗いムードの世間を盛り上げようと奮闘していた。ここではさまざまな分野の識者に、今年特に熱かった...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

芸人とテレビの“ちゃんとしたルールのある社会”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真